オピニオン

2017年11月1日

昨今、運転トラブルから核開発・ミサイル問題まで

昨今、運転トラブルから核開発・ミサイル問題まで、人間の感情のキレ方が話題になっている▼怒りの感情をうまくコントロールするのが現代人は苦手だ。「人前で怒ってはいけない」と教えられても、何故いけないのか、どう対処したらいいのか、理由や具体的方法論を理解しないまま、大人になっているように思う▼「怒り」について考えた。仏の説く「三毒」の中の「瞋(瞋恚)」がこれに当たる。「怒」の奴は激しい勢いを加えてことなす事、下に心がつくので、その心の状態をさす。ではどんな時に怒るのか。仏の言葉を現代風に解釈すると、自分の信じている価値観が目の前で裏切られた時、人は怒る。「〇〇するべき」のべきが、適わなかった時と考えてもいい▼学校や社会が一定の規律や方向性を持っていた時代から、価値観の多様性を許容する時代に変わり、普通に違う価値観を持つ人が自分の回りに存在し、イラッとすることが増えた。耐え忍ぶことへの耐性(忍辱の心)が下がっている▼「褒めて育てる」が10年以上続いた結果、指導には褒めることも叱ることも必要なのに、叱ることができなくなった。叱る技術を磨くだけでなく、根本から、宗教的教育を考える時がきているという▼「うらみをうらみで返してはいけない」あの東京裁判のパール判事の言葉を思い出す。怒った人に怒り返す人は、悪をなすのである。  (雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07