オピニオン

2017年9月20日

森友学園や加計学園問題で突然脚光

 森友学園や加計学園問題で突然脚光を浴びた〈忖度〉(そんたく)という言葉。辞書を引くと、人の心をおしはかること、推測、と書かれている。相手の心や思いを推し測る〈忖度〉は、「思い遣る」という日本文化の基底となる心だ▼岡倉天心著『茶の本』に次のような話が載っている。息子の紹安に露地(茶室への道路)の掃除を命じた利休。掃除が終わったのに「まだ充分でない」とやり直しを。それから1時間。庭石を3度洗い、石灯籠や庭木にも水をまき、蘇苔は緑色に輝くほど。地面には小枝1本、木の葉1枚もないように掃除をした紹安。と、利休は「ばか者、露地の清掃とはそんな風にするものではない」と言って自ら庭に降り立ち、真っ赤に紅葉した一樹を揺すって庭一面に木の葉を散らし、秋の錦を現出させたという。利休の求める掃除とは単なる清掃ではない。一期一会の客に、お茶と共に最高の秋を供する。それを〈忖度〉した掃除だったのだ▼茶道に限らず日本人は「縁」を大切にした。それゆえ縁ある人を思いやる〈忖度〉も大事にした。とはいえ総理や政府高官の胸中を〈忖度〉し、公正であるべき官僚が許認可に手心を加えるなど論外だ▼信仰とはみ仏や亡き人の心を〈忖度〉する生き方。自己チュウばかりが横行する時代。せめて家族の間だけでも互いに相手を〈忖度〉仕合う、そんな仕合せな生き方をしたい。(義)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07