オピニオン

2017年9月1日

詩集『くじけないで』で有名になった

 詩集『くじけないで』で有名になった柴田トヨさんは、90歳から詩を書きだした。96歳の私という詩の中で、「なにを考えてるの?」とヘルパーさんに聞かれて、柴田さんがちょっと困ったという一節がある。そのとき彼女は「今の世の中まちがっている、正さねば」と考えていたのだ。96歳になっても、世の中のことを考えていたかと、妙に感心した私▼98歳で、月に1度お寺参りを続けている女性がいる。私も月に3度は顔を見に行く。体調を気にして、お盆や彼岸の供養を前もって預かることが増えた。「あの世への貯金」が口ぐせだ。先日、空を見上げている彼女に「何をしているの?」と声をかけた。すぐに「どこかのミサイルが飛んでくるかもしれんとテレビで言ってた。争いが収まったらいいなぁとお願いしていたところよ」と返ってきた。「この人も世の中のことを考えていたのか。年を重ねても、前向きでいられる人を若いというのだろうなぁ」と感じた▼「日蓮さんは幾つで死んだの」と聞かれたので「60歳だよ」と答えると「もったいないねぇ。まだまだ世の中でしたいことがたくさんあったろうにねぇ」ときた。「エーッ」と思ったが、旦那さんは硫黄島で戦死している。この人の懐いは本物だ。確かに日蓮聖人が80歳まで生きていたなら、世の中はどう変わっていたか。見てみたいのは私だけではあるまい。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07