オピニオン

2017年7月20日

世界、とくに北朝鮮の動向がとても心配だ。

 世界、とくに北朝鮮の動向がとても心配だ。核戦争も辞さないと威嚇する姿に、昔の日本の姿が感じられてならない。北朝鮮に限らず中国や韓国、そしてロシアといった近隣諸国との関係に、これまでにない緊張と不安を感じる▼加えてトランプアメリカ大統領の誕生。戦後の日本は良くも悪くもアメリカの核の傘に守られ、平和を謳歌してきた。そんな日本にとってトランプ大統領の誕生は決して他人事ではない。こうした国際情勢に、日本は「国」としてどう対処するべきか。政治家だけでなく国民全員が真剣に考えなくてはいけない重要な問題だ▼こうした国際情勢を背景に「トランプ大統領といかにつきあうか」という内容の講座が企画された。ところがこのテーマに対し、トランプ大統領より法華経や日蓮聖人の教えを学ぶ方が大事、という声が挙がった。「学ぶ」ことは大事だ。しかし学ぶこと自体が目的化し、学んだ法華経や聖人の教えを「生きる」ことを忘れては本末転倒といえよう▼鎌倉時代、当時の蒙古の動向に国家の危機を感じ、迫害を覚悟で『立正安国論』を幕府に奏進した日蓮聖人。聖人は「国」を考えた唯一の宗教者だ。もし、いまこの時代に日蓮聖人がおられたら、どんな『立正安国論』をお書きになるだろう▼トランプ大統領や北朝鮮とどう向き合うかを学び、考え、語り合う。それが聖人の教えを受け継ぐ者の姿勢なのでは。「論語読みの論語知らず」にはならないようにしたい。(義)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07