オピニオン

2015年2月10日

子供のころ、親に叱られるのを承知でいたずらを

子供のころ、親に叱られるのを承知でいたずらをしたり、言うことを聞かずにいてこっぴどく怒られた記憶はどなたにもあろう。誰しも叱られるのは嫌なものだが、思い返して懐かしい思い出として残ることもある。が、逆の場合には、本人しか知りえない辛いものとなる。大人になってからも▼同僚の面前で上司から「小学生が書くような文章だ」などとた度々罵倒されたり、無視をされたりして、自ら悲しい結末を選択した事件が神奈川県で起きた。どこかに逃げ道を作ってやらないと立つ瀬がないではないか▼作家の井上ひさしさんは「ふふふ」(講談社文庫)に逆の場合の実体験を載せている。少年時代に辞書を万引きして本屋のおばさんに捕まった。万引きをする者は罪の意識が薄いという。少年もそうだったのか。おばさんは「これを売ったら百円のもうけ。坊やにもっていかれたら、5百円の損。その5百円をかせぐには同じ本を5冊売らなければならない。うちは6人家族だから、こういう本をひと月に百冊も2百冊も売らなければならない。坊やのような人が30人もいてごらん。6人は餓死してしまう。坊やのやったことは人殺しに近いんだよ」と言って少年に薪割りをさせた。それが終わるとおばさんは少年に辞書を渡して「代金は薪割りの手間賃から差っ引いておくよ」。少年は欲しいものは働いて買うことを学んだ。おばさんの粋な叱り方、説教に脱帽(汲)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07