オピニオン

2013年1月1日

政治が動いた。新しい政権は

政治が動いた。新しい政権は宗教団体と、どう関わっていくのだろう▼日本国憲法は第20条・89条で、宗教団体が国から特別な利益や地位を受けることを禁じている。戦前の国家神道による思想統制の反省に立った「政教分離」の規定である▼公立の小学校の校長から「生徒に話をしてみませんか?」と誘いを受けた。「宗教者が教育現場で話をしても良いのですか?」と政教分離を心配して問い返すと「宗派の宣伝は困るが、宗教者としての立場で僧侶の姿で話をして欲しい。テーマは『いのち』です」と有り難い話である。今までに医療関係者や救命士等、いのちの現場で働く人々を講師に呼んでいるという。その中に宗教者を選んでくれた校長の見識の高さと勇気を尊敬した▼教育や福祉の現場で宗教を過剰に遠ざけることで人間の心、精神面に空白が生じているのではと島薗進東大教授は指摘する。地域で暮らす人々の支えとして宗教があるのなら、政教分離の原則をしゃくし定規に当てはめていいのかというのだ▼東日本大震災の国の復興計画の中で、寺や神社の再建支援をどうするのか、論争になっている。宗教界は、寺社が地域を支えた歴史的・文化的な基盤を担ったとして一般的な支援を要請している。ところが国はそれさえ政教分離の建前拒否している。だからこそ、地域で支持され、心の拠り所となる寺でなければ生き残れない時代がきているのだ。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07