日蓮宗新聞

2013年12月1日号

小松原法難

750②註画賛「今年(文永元年・1264)の11月11日、安房国東条(現千葉県鴨川市)の松原という道で、申酉の時刻(午後4時から6時頃)に、待ち伏せしていた数百人の念仏信仰者(地頭の東条景信)たちに襲撃され、日蓮の方は自分のほか10人ばかりで、そのなかでも腕の立つ者はわずかに3、4人であった。念仏信仰者たちの射る矢は雨のように降りそそぎ、打ちかかる太刀は雷のように襲いかかった。弟子の一人はその場で殺され、二人は重傷を負った。自分も切られたり打たれたりして命を落すほど危険であったが、どうしたことか、殺されることをまぬがれて今までこうして生きている。このような迫害を体験するほどにますます法華経の信心は増進するばかりである」(『南条兵衛七郎殿御書』現代語訳)
小松原法難の惨状を表し、また日蓮聖人が法華経の行者として自覚された一文で、小松原法難七五〇年奉行会のテーマにもなっている。日蓮聖人は法難に遭うのは、法華経勧持品第十三の「法華経を弘める者には難がふりかかる」と説かれる経文通りに法華経を正しく読み弘通を実践しているからだと自覚された。
この法難で、弟子鏡忍坊(日曉上人)と助けに駆けつけた檀越の工藤吉隆公(妙隆院日玉上人)が殉教した。ご法難から750年はこの二上人の法華経弘通者の750遠忌でもある。
また言い伝えによると、日蓮聖人がご法難に遭われたその時、そばに立っていた槇の木から鬼子母神が現れ、驚いた東条景信が落馬したという。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07