日蓮宗新聞

2010年1月10日号

渡邊新内局がスタート

立正安国・お題目結縁運動 第一期締めくくりの年

 渡邊照敏宗務総長内局が昨年12月22日、発足した。『立正安国論』奏進750年の大きな節目を迎え数々の記念事業が集結した昨年に続き、本年は「立正安国・お題目結縁運動」第一期4年間の締めくくりとなる大事な1年。第一期の“播種”活動から、第二期“育成”活動に向け、渡邊内局が辣腕をふるう。
人事は左記のとおり。
▽伝道局長 関谷泰教師(愛媛県大法寺住職)
▽総務局長 駒野教源師(東京都常在寺住職)
▽伝道部長 古河良晧師(東京都常圓寺住職)
▽教務部長 塩崎望巳師(千葉県法蓮寺住職)
▽総務部長 梶山寛潮師(山梨県蓮朝寺住職)
▽財務部長 米田宣雄師(島根県連紹寺住職)
▽宗務総長室長 渡邉義生師(千葉県長胤寺住職)
▽日蓮宗現代宗教研究所所長 三原正資師(広島県妙長寺住職)
▽参与 渡邉一之師(静岡県玄妙寺住職)
▽参与 吉田海心師(宮崎県本東寺住職)
▽日蓮宗新聞社社長(取締役会を経て正式就任) 草ヶ谷秀人師(東京都正覚寺住職)

昨年12月22日、宗務役員の認証式が東京・池上の日蓮宗宗務院で行われ、渡邊宗務総長から役員一人ひとりに就任辞令が手渡された。
挨拶に立った渡邊宗務総長は、小松浄慎前宗務総長と前役員に慰労と感謝の意を表した後、「岩間内局で財務部長、小松内局では教務部長を拝命し、多くの経験と勉強をさせていただきました。その経験を宗務総長として活かしていきたいと考えております。まず、遠近よりお見えになる方々に親切で丁寧な対応をする宗務院にし、行政を行う上では、守るべきことには守る勇気を出し、変えていくべき事柄には変える勇気を出し、間違いのない判断をできる智慧を持ちたいと思っております。難問山積の宗門ですが、優先順位を決めてできるところから推し進めていきます。全国の寺院・教会・結社に目線を合わせた宗政で明るい開かれた宗門をめざし、布教伝道教団として一層精進を致します」と抱負を語った。

 

新内局が総本山身延山久遠寺(内野日総法主)祖廟で日蓮聖人に奉告する「祖廟奉告式」は翌々日の24日に行われた。

午前11時、新内局一同が常唱殿から参道を行列し祖廟へ。ご廟を仰ぎ、渡邊宗務総長を導師に読経。宗務に精励することを誓い、宗風宣揚、宗門興隆を祈願した。

 一同は久遠寺の諸堂を参拝した後、水鳴楼で内野法主猊下に就任の奉告を行った。
内野法主猊下と井上瑞雄総務をはじめ身延内局に新内局の紹介がなされると、内野法主猊下からは「難しい世相の中で大変な局面もあるかと思いますが、どうぞご健康に留意され、宗政宗務にご努力ください。活躍をご期待致します」とお祝いのお言葉が送られた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07