日蓮宗新聞

2022年4月20日号

日蓮聖人坐像が京都本山妙覺寺に帰山

妙覚寺日蓮聖人坐像②京都市本山妙覺寺格護の国重要文化財・日蓮聖人坐像の修復が完了し、3月30日に遷座式が宮﨑日嚴貫首を導師に営まれた。同坐像は古来、日像上人発願により制作されたと伝わってきたが、今回の修復で後頭部の内側に10㌢四方の日像上人直筆の曼荼羅が貼り付けられていることが発見されたため、確実となった。曼荼羅の花押は延慶2年(1309)~応長2年(1312)に書かれたものと酷似していることから、その頃に制作されたものではないかと推測される。後に勅願寺となる妙顯寺建立前の同年代は日像上人が布教のために上洛してから25年ほどにあたり、同坐像が当時活躍していた仏師の系統・院派の院興作であることからすでに教団としての礎をこの頃には築き上げていた可能性を示すという。
像高81㌢の同坐像の像容は僧綱領の法衣をまとい、袈裟と横被を掛け、『法華経』と檜扇を手にする日蓮聖人像典型の説法像。黒目の視線が中央に寄った「寄目」のため、前方の1点をじっと見据えた集中力のある顔貌で「生御影」に相応しい肖像彫刻と評される。令和元年の国の重要文化財への指定は、当代肖像彫刻の重要作例として、また日蓮聖人像として東京都大本山池上本門寺の日蓮聖人坐像に次ぐ作例として認められたことによる。今回修理を担当した公益財団法人・美術院国宝修理所の山修所長は「後世の修理で変更された部分があったが、今回の修理で当初の姿が戻ってきた。日蓮聖人のお姿が写実的に造られたお像」と価値を話す。
遷座式を見守った中尾堯立正大学名誉教授は、「妙顯寺の建立前にこの日蓮聖人坐像が制作されたとすれば、すでに京都での法華信仰・祖師信仰は弘まっていたと考えられる。今までの認識が覆された」と驚く。宮﨑貫首は「本当に良いお祖師さま。ぜひ団体参拝でこの日蓮聖人坐像にお会いしにきてほしい」と同坐像の帰山を喜んだ。
推測される年代が正しければ、池上本門寺の次に古い日蓮聖人像となる。
※日像(1269―1342)=日蓮聖人のご遺命を受け、帝都弘通を果たす。建立の妙顯寺は宗門初の勅願寺となった。

illust-hitokuchi

2022年4月10日号

第2回こども絵画大賞表彰式

幼児大賞1「プールで泳げたよ」出来尾万里安 小学生大賞「おおきなはなびをまたみたい」星野顕信日蓮宗主催・日蓮宗新聞社後援の第2回・日蓮宗全国こども絵画大賞の表彰式が4月1日に東京都大田区の日蓮宗宗務院で開かれた。幼児の部、小学生の部を合わせて大賞などに選ばれた14人中、10人が出席し、緊張した面持ちで宗務院の山田光映財務部長から表彰状を受け取った。
「おおきなはなびをまたみたい」のタイトルで画用紙いっぱいに大きな3つの花火を描き、家族で見る様子を表現した作品で小学生の部の大賞に選ばれた東京都の星野顕信さん(6)は「一番思い出に残るできごとを描きました。次はもっと迫力がある絵を描きたいです」とさらなる意欲を見せた。
山田財務部長は「子どもの純真なエネルギーを受けることができました。この明るいエネルギーで健やかに伸び伸びと成長していってほしい」と祝辞を述べた。最後に日蓮宗新聞社のオリジナルキャラクター「こぞうくん」も一緒の記念撮影が行われると、出席者からは誇らしい満面の笑みがこぼれた。幼児の部の大賞は出来尾万里安さん(6)の「プールで泳げたよ」。
幼稚園児・小学生を対象に募集された同絵画大賞に全国から幼児の部に251点、小学生の部に110点、計361点の応募があった。(受賞作品は本紙3月10日号で発表済み・年齢は受賞時)

illust-hitokuchi

2022年4月1日号

東日本大震災から11年。生きている限り供養

震災11年③東日本大震災から11年を迎えた3月11日、被災地各所で慰霊法要などが行われた。岩手県釜石市仙寿院の芝﨑惠應住職は釜石仏教会として同市での身元不明者の遺骨9柱を安置する大平墓地公園内の納骨堂で法華経とお題目を唱え、参列した野田武則市長らとともに供養の誠を捧げた。式後、芝﨑師は参列者に「震災行事が各市町村で減ってきているそうです。震災の教訓を伝えていかなければまた津波で多くの命を失うことになるでしょう。慰霊の行事は教訓を伝えていく1つの方法です。必ず行事を続けていかなければなりません」と教訓の伝承が薄れていることを危惧した。
続いて仙寿院で慰霊法要が遺族や檀信徒の参列のもと営まれ、犠牲檀信徒や救助活動にあたって命を落とした市の職員らへの回向が行われた。兄夫婦をなくした菊地敏雄さん(71)は「当事者にとってはまだまだ傷は癒えない。でも津波はまたくる可能性がある。備えはいつも万全にしておいた方が良い」と話した。また夫・三浦秀夫さんを亡くした妻の早月さん(58)は息子の脩汰さん(32)と参列した。墓碑を見て秀夫さんの享年に追いついたことに気づいたという早月さんは、「11年間、辛いこともいっぱいありました。だから夫に応援していてくださいと墓前でお願いしました」と話した。脩汰さんは「当時大学生でした。今は社会人になり子どももいますが、父に報告できる親になっているのかな、あのときの自分より成長できているのかなといつも考えてしまいます。でも父にできなかった恩返しを母に返していきたいと思っています」と語った。
芝﨑師は式後、参列者に向かい「皆さまの経験が教訓として伝わっていくならば、多くの命を救うでしょう」と述べ、改めて教訓を伝える大切さを訴えた。
檀信徒164人の犠牲者が出た大槌町蓮乗寺でも慰霊法要が行われた。木藤養顕住職は犠牲檀信徒の1人ひとりの名前を丁寧に読み上げて供養した。また震災発生時刻の14時46分のサイレンが被災地に鳴り響くなか、檀信徒とともに境内で冷たい風を浴びながら、海に向かいお題目を何遍も唱えた。木藤師は「あのときの光景は11年経っても消えることはありません。3月11日のこの日に限らず、亡くなった人のことを思い出して供養してあげてください。10年で震災行事をやめたという話も聞きます。でも生きてるうちは思いは消えません。だから私は生きている限りこの法要を続けていきます」と参列者に誓った。
震災11年②同日夕方。仙寿院が市仏教会を代表して釜石市での犠牲者の名前が刻まれる慰霊追悼施設「釜石祈りのパーク」に竹灯籠を並べ、火を灯した。日が暮れるにつれ、灯籠で作られた言葉「忘れない」がパーク内に浮かび上がり、犠牲者名を包んだ。芝﨑師は「犠牲者を忘れないということと同時に教訓を忘れない」と思いを込めたことを話した。


釜石市仙寿院では震災での思いを誰にも吐露できない人たちのためにせめて文章で気持ちを打ち明けてもらおうと昨年から「想いを伝える短い手紙」の募集を始め、3月11日に第1集を発行した。そのなかの1つには「家族みんなが俺をおいていった。俺も皆と一緒に死にたかったよ。津波は憎い、憎い、憎い。けど俺まで死んだら、誰が家族みんなを思い出してくれるんだろう。だから俺はまだ死なない。みんなが安らかになるまで俺が弔うよ。いつかみんなで笑いあおうな。それまで俺が頑張るから…。(76歳・男性)」と記されている。

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07