日蓮宗新聞

2012年2月20日号

宗務院で平和意見交換会 9団体僧侶檀信徒30人参加

法華経の教えと日蓮聖人の「立正安国」、「但行礼拝」の精神のもと、「環境・平和・いのち」をテーマに活動している人や団体をつなぎネットワークの構築を目指す「日蓮宗世界平和ネットワーク」(NIPN=河﨑俊宏事務局長)が1月20日、東京都大田区の日蓮宗宗務院で平和意見交換会を行い、9団体を含む僧侶檀信徒約30人が参加。各活動のさらなる発展を目指し、情報の集約と共有、意見交換など活発な討議が行われた。
開会の挨拶で河﨑事務局長が「立正安国実現に向けてお互い協力できることを見つけてほしい」と同ネットワークのモットー“つなぐ、架け橋”を説明。
続いて参加者の活動報告・今後の計画発表が行われ、共通の目標として2つの項目が選出された。
1つ目は立正平和の会(河﨑俊栄理事長)の“脱原発に向けた緊急提言と市民団体連携の署名活動”。仏教者の立場から日本政府と国民に訴えかけ、仏国土顕現を目指す活動で、国内全ての原発停止と廃炉作業の実施や自然エネルギー技術の開発、「少欲知足」の仏教精神の普及、脱原発を平和のシンボルとする国際社会の再構築、などの5項目を掲げている。
2つ目はシンプルライフ普及センター(柳田仁理事長)の“ライフスタイル見直しの推進”が今後の検討課題で挙げられた。「もったいない」などの伝統的価値観から簡素な生活文化を根付かせる活動で、いかに仏教の“智慧(理念)”を社会へ発信するかが話し合われた。
討議では、「キリスト教系の団体は横のつながりを広げることが得意。協力の要請を考えるべき」など意見が交わされた他に、三浦錬浄師(千葉県佛光寺内)が命の尊さと脱原発を訴えるため、国内すべての原発を行脚する“命の行進2012”などが報告された。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07