日蓮宗新聞

2010年5月10日号

大本山池上本門寺で千部会

バチと腕が垂直に天を指す独特の叩き方で太鼓が鳴らされると、七条袈裟をまとった70人の僧侶が入堂。美しい天蓋と五色の布が巡らされた本堂に厳かなお経が響く。東京都大田区大本山池上本門寺(酒井日慈貫首)で立教開宗に合わせた千部会が4月27日から29まで営まれた。
千部会の始まりは天平20年(748)に聖武天皇が先帝の崩御に際し、「法華経千部を写経して供養した」と『続日本紀』に記録されている。また「千部会」とは『法華経』一部を千部(千回分)読誦することを意味するが、現在は参拝者を含め大勢でお経を読み、お題目を唱える法要として行われている。
27日の法要は池上本門寺参与の本間日恩師(神奈川県藤沢市本山龍口寺貫首)が導師となり厳修された。本間師は立教開宗の日を迎えるにあたり「口ばかりことばばかりはよめども心はよまず。心はよめども身によまず」と日蓮聖人の『土籠御書』を引用し、祖願であるより良い社会「立正安国」に向けて行動することが必要だと述べた。
法要には一緒にお経を読んだり、静かに聞き入る参拝者の姿が見られた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07