オピニオン

2021年6月20日

嘘は自分を不幸にする

 「♪折れた煙草の吸いがらで、あなたの嘘がわかるのよ……」と、東海道新幹線開業10周年の昭和49年歌謡曲『うそ』(作詞山口洋子、作曲平尾昌晃)を俳優で歌手の中条きよしはリリースする。平仮名で「うそ」と綴られるとトリッキー(ずる賢い)さが漂うから面白い。この曲には「哀しい嘘」「冷い嘘」「優しい嘘」の3つの嘘が描かれ、切ない。
 「ウソ」というものは元々バレるもの、誤魔化そうとしてまた嘘をつく、とどのつまり辻褄が合わなくなりバレてしまう。なれど自己防衛のために自分自身につく嘘もあれば、他者のためを思ってつく嘘もある。これは人間関係を円滑にするために、私たちが自然と身につけてきた智慧である。TPOに合わせて嘘を正しく使えば、人間関係はもっと良くなるし、嘘がいつも悪いわけではなく、時に嘘のスパイスも必要(碓井真史『嘘の正しい使い方』大和出版)。だが、スパイスは所詮スパイス、主食とはなりえない。
 釈尊は、私たち万物の霊長たる人間に「五戒」という生活規範を説く。その第4が「不妄語戒」である。「言葉」は「言霊」のこと。「言葉」を神霊視した言い方で、言葉の持つ不思議な霊力のことを言うが、世界にはさまざまな言語がある。言葉を介して意志の交流を手段とするのは、私たち人間のみ。他者に幸せな思いを伝えるのも言葉なら、逆に傷付けるのも言葉である。悪口(汚いことば)、両舌(二枚舌)、妄語(嘘)、綺語(おべんちゃら)の4つを「妄語」として一括りする。
 昨年2月のダイヤモンドプリンセス号以来日本は、コロナ・コロナで苦しむ。その真只中にあって政府高官の、「官」の信頼失墜は止まらない――総務省幹部の接待問題――。腹立たしくもあり、情けなくもあり、不憫に思う。事実を突き付けても、あったことをなかったことのように言う。バレなければそれで済まそうとする。平然と嘘を並べたてる。揚げ句にバレたら記憶になかったと言い張る。是は是、非は非の姿勢を貫くだけの矜持を保って、堂々と胸を張って欲しい。
 さらに由由しきこと1つ。愛知県知事のリコール(解職請求)運動を巡ってのことである。県選挙管理委員会は2月15日、提出署名の80%超が無効――約8千の鬼籍の人の署名があるから驚く――と判断し、県警に地方自治法違反の疑い有りとして刑事告発したという。明らかにこれは民意の改竄・捏造、民主主義を冒涜し、破壊させる言語道断の行為である。これも1つの嘘から始まったというから恐ろしい。徹底した捜査と真相の解明を願わざるを得ない。
 コロナ禍に陥って1年半、日本国は苦しみ悶えている。当に暗雲垂れ込める中、資金繰りに難渋する個人事業主を助けるための「持続化給付金制度」を、欲に駆られ、支給対象と偽った人たちの返還の申し出が殺到したという。支給を急ぐ余り簡略化された手続きが不正を誘発したことは否めないが、毎日毎日ビクビクして、さぞや良心が苛まれたことであろう。
 30歳で夭折した詩人の中原中也(1907~37)は詩う。
〽私はもう、嘘をつく心には倦きはてた。/なんにも慈しむことがなく、うすぺらな心をもち、/そのくせビクビクしながら、面白半分ばかりして、/それにまことしやかな理窟をつけ
る。(『嘘つきに』中原中也全集角川文庫)
 胸の内に嘘を抱えつづけるのは気が重い。
(論説委員・中條暁秀)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07