オピニオン

2018年4月20日

中央教育審議会にもの申す

身延山大学の学長を拝命して早や7年4ヵ月の月日が経つ。学長の業務は多岐にわたる。別けても他の私立大学、山梨県内の大学、仏教系大学、私大協(私立大学協会 加盟校400余校)とお付き合いすること、会議も多い。そこで実感したのが、国の初等・中等・高等教育の全般にわたって建議する組織「中教審(中央教育審議会)」のメンバー選定に関わる疑念だ。
中教審は30人の委員で構成されている。この中教審は、昭和27年(1952)6月、「文部大臣の諮問に応じて教育に関する基本的な重要施策について調査審議し、及びこれらの事項に関して文部大臣に建議する」機関として設置された。以降、日本のあらゆる教育の基本理念・体制等を建議する組織としてその任に当ってきた。最近問題視された大学設置についても、中教審傘下の部会で議論されている。
ここで問題にしたいのは、人選についてである。なるほど30人の委員のメンバーは赫赫たる経歴の方ばかりである。しかしながら、私の知る限り仏教系大学、仏教の薫りのある人が1人も選ばれていないという事実である。一方、ミッション系大学の学長あるいは理事長は必ずといっていいほど委員となっている。数は複数が多い。現在もそうである。
数年前、中教審のメンバーとして活躍していたある著名女性作家が大手新聞のコラムに論陣を張っていた。「いじめ」についてであったが、その改善策として家庭内での宗教教育が必要であることが綴られていた。その内容は私にとっても至極当然といえる主張であったが、中教審あるいは教育刷新会議のメンバーとしてキリスト教的発想のみを持ち込まれる体制は如何なものかと思料する。
私はキリスト教を否定する論者ではない。仏教的思考も取り入れ、人選もすべきだと思うのである。明治6年(1873)2月、「禁令の高札」が撤廃され、カソリック・プロテスタントを問わずキリスト教は日本での布教戦略として、教育と医療に力を注いだ。札幌農学校の初代教頭として赴任したウィリアム・スミス・クラーク博士の膝下に侍した内村鑑三・宮部金吾などの人びとが教育に関わり、その裾野は大きく拡がり、今日の状況となっている。また、医療の分野もしかり。現在、日本の私立大学(604大学)の約22%がミッション系の大学であり、仏教系は短期大学を含めて約60余大学(日蓮宗は3大学)である。
5年ほど前、関東のある大学で仏教系大学会議が持たれた。その時の講師は、文部科学省の私立大学担当課長であった。私は、素直に、真剣に、「応えは人事のことなので言い難いでしょうが」と前置きをして、中教審の人選について尋ねた。期待通り応えはモゴモゴしたものであった。私の質問が終わった時、拍手喝采であったが、逆に寂しさを感じてしまった。仏教系大学はそう思いつつ中教審の舞台に乗れない忸怩たる思いを持っている。
日本の私立大学は、私大連(私立大学連盟約200大学 立正大学も加盟)と前記の私大協の2組織に纏められている。両組織の重役には数多くのミッション系大学の学長・理事長が就任し、霞が関でさまざまなロビー活動を展開されている。
私はいわゆる文教族といわれる国会議員に会う毎に中教審ついてもの申している。繰り返すが、私はキリスト教を排除せよといっているのではない。仏教にも均等の機会を与えていただけないかと思うだけである。中教審は日本の教育の基本理念を構築する場であるから。
(論説委員・浜島典彦)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07