オピニオン

2018年1月20日

多様性への寛容とは

 経済格差による南北問題と、イデオロギーと軍事力による東西問題が世界の重要な紛争要因であるとされていたのは、それほど遠い昔のことではない。その間、宗教間の争いはそれほど目立たなかったが、冷戦終結後の近年、一神教間の宗教対立が紛争の大きな要因としてクローズアップされてきた。
 古代ヨーロッパのギリシャやローマでは、多くの神々がいて、他の人の信じる神々を尊重していた。ところが、一神教は他の神を信じるものは敵だと教え、対立は戦争にまで発展し、聖地エルサレムをめぐる争いに留まらず、移民や難民問題と複雑に絡まりあって現在に至っている。
人種や性別、歴史や文化の多様な背景を有する人々が平和に共存できる社会を構築するために、多様性への理解と寛容の精神が必要であるとの認識は、世間に喧伝されているほどには実は奥底では受け入れられていなかったのかもしれない。様々な価値観の人が、それぞれの意見の相違を認め合いながら平和な社会を築いていくという民主社会の理想が、民主主義発祥の欧米で揺らいでいる。
 この問題は、対岸の火事と安閑としてはいられない、私たち自身の問題でもある。今や世界の総人口の四分の一を占めるイスラム教徒が日本の私たちの身近にも増えつつある。世界の総人口の三分の一を占めるキリスト教徒を含め、他の宗教の人たちと今後どのように接していくべきであろうか。また、同じ仏教徒の中でも、国内の異なる宗派だけでなく世界的に多くの宗派がある現状の中で、私たちはどのように対応していくべきであろうか。
 末法時代に突入し世情が混乱を極めていた鎌倉時代にお生まれになった日蓮聖人は、一見するといかにも仏教が栄えているかのように見えるのになぜ戦乱や自然災害で多くの人々が苦しみを味わわなければならないのかと深く洞察し、仏教そのものの中に真実ならざるものが混入してしまっているからであることを見抜いた。
 現代社会は日蓮聖人の活躍した鎌倉時代とは大きく異なる。私たちの認識できる時間と空間の広がりや、私たちが触れることができる情報量にも格段の違いがあるはずである。真実ならざるものの混入が原因で世の中の混乱が生じているのだとすると、どこにどのように混入しているのか、現代の目で見極めることが求められている。
 一方では、自らの価値観を主張するだけではなく、全く異なる考えも尊重し共存を容認することが求められている。
 現代の日本人は宗教心が薄いと言われることがあるが決してそうではない。仏教徒であれば、自分の宗教心はしっかりと持ちながら、一方では神社にお参りして日本古来の神々にも敬意を表し、クリスマスやハロウインも大らかに受け入れている。その意味では、日本人は本来広く寛容な宗教心を持っていると言うべきであろう。このような日本人の仏教精神こそが、今後の世界平和の基本的スタイルとして普遍化していくべき大切なものではないかと考える。
 世界の総人口に占める仏教徒の割合は十分の一程度であると推定されている。その中で日本仏教の、そして日蓮仏教の占める割合は限られている。日本仏教が、そして日蓮仏教が世界中の平和を希求する人々の基本スタイルとして認知されるためにも、私たち自身の信仰を磨き、世界の人々の心をひきつける努力をしなければならない。それは、芸術や文化の涵養を含めて、私たち日蓮宗徒の生活が心の平和に満ちたものであることを示すことによるものでなければならない。
(論説委員・柴田寛彦)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07