オピニオン

2018年11月1日号

実りの秋に思う

自己の細やかな経験知であるが、少年刑務所の教誨師そして保護司活動を通して、彼らの共通する点の1つに他者への責任転嫁があるように感じる。
また何か事に対して過度の期待を抱いていることにも気づく。私自身がそうであるが、他者に何かをして差し上げた時、ある程度努力した時は顕著で、「こんなにしてあげたのにこの程度しか喜ばれない」「あれほど、努力したのにこんな結果しか出ない」など、いわば勝手に期待して喜びの前借りをしているようなものである。挙句、他人や成果に対し腹を立てる浅ましい小さな己の姿があらわになる。
今年に入り筆者は檀信徒研修道場と僧道林に出向する機会を得た。
檀信徒研修道場とは、宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」推進のための信行推進者を養成することを目的に年度中2回開設される。本年度第1回の様子は本紙6月10日号に掲載され、全国から集まった檀信徒が信仰を深め合う信行の姿が報じられた。第2回は10月16~18日の日程で身延山で実施され「報恩~身延の祖師に学ぶ」をテーマに実施された。毎回、実り多い研修が行われリピーターも多く、所管の伝道部では各教区からの新たな参加者を呼びかけている。
他方、僧道林とは信行道場35日間の修行を前に、僧道生活の経験の少ない沙弥が集中して訓育指導を受ける出家の教育機関である。信行講話をはじめ法式声明や読経練習・坐作進退・衣帯の畳み方さらには受食作法の習得を目指す。
檀信徒研修道場、僧道林いずれも「三宝給仕」を信行の基本とする。『拾遺和歌集』にある
「法華経を我が得しことは薪こり菜つみ水汲み仕えてぞ得し」とは、提婆達多品に示される「法の為の故に精勤し給仕」する弟子の師に仕える姿を詠んだものである。
仏宝【久遠実成本師釈迦牟尼佛】、法宝【妙法蓮華経】、僧宝【日蓮聖人】がそなわる大曼荼羅ご本尊に見守られ今の自己があることに感謝し営む報恩のお勤めを「お給仕」という。檀信徒であれば菩提寺に詣で、ご本尊の前にぬかずき合掌礼拝し、花を供え香を手向け、心からのお題目をお唱えする。この1つひとつの行いが、ご本尊に捧げるお給仕となる。
2016年、JTのコマーシャルに「人の想いは見えるものではなく、気づくものでした」(コピーライター米田恵子さん)とあった。私どもはお給仕を通して、み仏やお祖師さまの「生き身」を感じ気づくことができる。
今年9月2日付『朝日新聞』天声人語では、精神科医の宮地尚子さんがエッセーの中で書いている「いいこと日記」を紹介していた。
▼その日の良かったことを三つ、簡単にメモするだけという。悪かったことはあえて書かない。どれほど嫌なことがあったとしても▼そんな日記を続けて宮地さんが見えてきたのは「いいことはたくさん起きているのに、それらを当たり前のように受けとめて、じゅうぶん味わっていなかったなぁということ」。なぜうまくいかなかったのかと不満を持ち、反省することに多くの時間とエネルギーを費やしていたことも分かったという。
(天声人語より引用)
私たちは、日々、生身の仏祖に、「いいこと」を添えた報恩のお題目を唱え、お給仕を重ねる時、おのずと有ること難しの「いのち」に合掌できるのではあるまいか。そして今、生きとし生けるもの全てにも合掌を広げる季を迎えた。
(論説委員・村井惇匡)

illust-ronsetsu

昭和54年1月17日、嵐圭史という役者が

昭和54年1月17日、嵐圭史という役者が加行所に祈祷を受けに来た。宗祖七百遠忌の事業で門下連合会主催の日蓮劇の主役で、上方歌舞伎の名門の家柄であるが、故あって歌舞伎座の舞台に立てないなど、情報通が教えてくれた。「この人が日蓮聖人を演じて大丈夫かなぁ、線が細いし若すぎるぞ」と感じた▼先日、その圭史さんと会食する機会があった。率直に「日蓮聖人を演じるのに、不安はなかったのですか?」と聞いてみた。「ありましたよ。役者と演技者の柄が合った時『ニンがかなう』といいますが、聖人と私では、人としての大きさが違いますからね」と語ってくれた▼昭和54年から始まった日蓮劇の第1部は、42会場で10万人を動員する大成功を収めた。昭和57年の第2部(龍口からご入滅)も成功裡に終わった。親鸞・法然・道元といった鎌倉新仏教の祖師たちを演じた圭史さんは、最後にこう語った。「日蓮聖人の教えは、単に人を救うことだけでなく、救いとる状況や環境を造っていくというスケールの大きな教えだったのではありませんか」と▼その時、私は「それは伝統芸能の世界の枠を越えて、新しい分野に挑戦してきた圭史さんの生き方と重なるのかな」と感じた▼今、圭史さんは降誕八百年の記念事業で、全国を1人で巡演している。「日蓮さまのお心に聴こう」と題する語りに、私たちもぜひ耳を傾けたいものだ。(雅)

illust-kishin

「南無」と「妙法蓮華経」

日蓮聖人は「妙とは蘇生の義なり。蘇生と申すはよみがえる義なり」(『法華題目抄』)と教えておられます。お題目を唱えることで、昨日までの命は「南無(帰命の意)」で仏さまにお返しをして、「妙法蓮華経(久遠の命の意)」で新たな命を頂くことができます。これは、仏さまと命の遣り取りができるということです。これを「妙」といいます。すると、人生の良いことも悪いことも全てが「順調」と受け入れる「受容力」が湧いてきます。これを「蘇生」といいます。そして正しい祈りは、仏さまやご先祖さまに守られてしだいに「生き抜く力」をもたらしてくれます。これを「よみがえる」といいます。
「妙」で仏さまと繋がり、仏の子として「蘇生」し、地涌の菩薩の自覚が「よみがえる」のです。希望をもってお題目「南無妙法蓮華経」をお唱えし、お題目と苦楽をともにしながら、思いを形にする新たな1日を始めましょう。

(熊本県布教師会長・山口義人)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07