オピニオン

2018年5月1日号

真味を求めて

「名物に美味いものなし」とはよくいいますが、本当にそうでしょうか。長崎名物といえば誰もが「カステラ」「チャンポン」と答えます。確かに美味しいです。しかし、地元のドライブインなどで食べるチャンポンやお土産品のカステラは正直言っていまいちです。でも、修学旅行やツアーなどではほとんどの人がそれを買い求めます。このカステラを「長崎土産です」と配られたら、老舗のカステラ職人さんは「ちょっと違いますけど」といいたくなるでしょう。コストの問題だと割り切るには少しつらいものがあるようです。老舗では永年の開発と工夫、その伝承と宣伝など、並々ならぬ努力を続けてきたのですから。
今、日本人の価値観が本物より安価で手軽なものへと移行しているいい例でしょう。昔の職人さんのワザモノはほぼ絶滅しつつあります。同時に込められた技や魂も失われてきました。日常生活はいうまでもなく、宗教界でも大事な伝統や習慣が捨てられてきました。それに私たちも手を貸しているのです。世間の法に染まり、法華経や日蓮聖人の教えの真味を伝えることに手抜きしているとしか思えません。また、世間もそれを許しているのが問題なのです。似非カステラやチャンポンと同じ次元にあるのかもしれません。
私たちが子どもの頃は、「食べ物は残さず食べる」が当たり前でした。でも今は、「食べたくないなら無理して食べるな」、「嫌いなものは残してもいい」。子ども1人ひとりの個性を大事にして、「みんな違いがあって、それで良い」がいつの間にか共通認識になり、反面それに応じるように、食べ物は画一化され真味を失いました。確かに個性や違いは必要でしょう。しかし、それを良しとして思考停止してしまい、個々の考えを伸ばすことを忘れているのです。あくまで私たちの社会は互助の集合体であり、その中で常に自助の努力を怠らず生きてゆくものです。そのためにも歴史や世界の真実を学び、真に美味しいものを求めなければなりません。名物や宣伝に煽られたり、俗耳に心地良いきれいなことばにだまされてはいけないのです。
総務省の人口推計によると、75歳以上の人口が数年で2千万人を超え、少子化も進み、5人に1人は高齢者になってしまうとのことです。今のような教育や政治では互助の社会生活は成り立たなくなることは疑いありません。家庭や学校や地域の連携が役立ちそうにない今こそがお寺の出番なのです。それを踏まえて拙寺では本物の伝統芸能を無料で一般公開しています。田舎ではめったに鑑賞できないプロによる能、狂言、人形浄瑠璃、神楽、邦楽など、すべてが本物です。私自身がその芸能のすごさに感動しているのです。同時に同様の伝統教団である我々の教化伝道の脆弱さにため息をつくばかりです。本物を伝えようとするエネルギーをしっかり吸引しなければならないときがきたようです。
アメリカ大リーグで、大活躍をしている大谷翔平選手は日本中に勇気を与えてくれます。今日までの大谷選手の測り知れない努力や工夫、周囲の理解や協力、すべてが本物でしょう。だからこそ真味が発揮されているのでしょうから。ひとつひとつをしっかり吸収し、味わっていければ真味を知ることができるでしょう。土に留まる真味を、大地に這いつくばってでも求め、大地を元に何度でも蘇り、地涌の菩薩としての自覚を持って、自身の成長を遂げ、次世代の人々にその味を伝えていきたいものです。少し割高でも本当に美味しい長崎カステラをお求め下さい。
(論説委員・岩永泰賢)

illust-ronsetsu

寺の子だったら「人が死ぬともうかるらしいな」

寺の子だったら「人が死ぬともうかるらしいな」と同級生から悲しい言葉をかけられた経験があるだろう。この言葉を、どう受け止め、どう克服していくか、それが寺の子の成長の一面である▼大学の先輩から1冊の本が送られてきた。彼は東京証券取引所1部上場仏壇チェーン店の3代目会長である▼仏壇は持仏を安置する持仏堂に由来する。中世になり霊の依り代として位牌が普及してくると、家の中に棚(壇)が必要になる。家の中の持仏堂だ。そこが家庭での仏壇であり、先祖供養の場となった。明治以降、日清・日露と戦没者が増え、仏壇は一般化していった▼本の中に、福岡県の炭鉱地帯の1仏壇店が、業界屈指の大手に成長していく過程が書かれている。昭和38年に三井三池炭鉱で458人が死亡し、839人が一酸化炭素中毒に罹るという戦後最悪の炭塵爆発事故が起きた。2代目は、事故で亡くなった家へ、仏壇の訪問販売に行く決心をした。親しい僧侶から「悲嘆にくれ明日が見えない遺族に商品を売るには『ひとの不幸を商売にして…』と、塩を撒かれるぐらいの覚悟がないと」と忠告され、供養の心の大切さを説いて回った。罵倒されながら100基以上の仏壇を売ったという。商売だからと言ってしまえばそれまでだが、「お前さんの僧侶としての覚悟は?」と問われると、本当の使命に気付かされる私がいた。 (雅)

illust-kishin

智慧のある欲を

「世の中は、一つ叶えば、また二つ、三つ四つ五つ、むつかしの世や」。1つの願望が叶えば2つ目が欲しくなる。2つ目が叶えば3つ4つ5つ目がと、次々に欲しくなる。ああこの世はむつかしいものであるという道歌です。
まったく人間の欲望にはきりがありません。欲が欲を呼び、限りなく大きくなる。欲で身を滅ぼす人はたくさんいます。地球の環境破壊も、人間の見さかいない欲望の結果でしょう。だから欲望を全て捨ててしまえとは言いません。欲がなければ人間は生きられないし、文明の進歩もなくなってしまいます。仏教では決して欲望を否定しておらず、智慧のある欲の使い方をする「少欲知足」と言って、ほどほどの欲で足りることを知れと説きます。しかし、どの程度が「ほどほど」なのか。それを知るのが「智慧」です。「知識」ではありません。その「智慧」は神仏の慈悲に感謝して、謙虚に手を合わす日々の信仰から生まれます。

(大阪府三島布教師会長・掛下史峰)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07