ひとくち説法

2022年5月20日号

お寺で養う感謝の心

コロナ禍の影響で、お寺の行事を縮小したり中止することが増えています。なかでも次世代を担う子どもたちを対象とした「修養道場」がお寺で開催できないことは、とても残念です。
能登の日蓮宗青年会では、修養道場に参加できない子どもたちに自宅でも修養ができるよう、お経のテキストや食事の前に唱える「食法」を贈っています。その「食法」とは次の内容です。
「私たちは、自然の恵みをいただいて生かされています。これは仏さまの慈しみと思いやりです。たとえ一滴の水や一粒の米であっても、たくさんの命と苦労によってなりたっています。私たちはそれによって心と身体を養い、仏さまの教えを守り、たくさんのご恩に感謝して、これをいただきます。南無妙法蓮華経」
子どもたちが仏さまを敬い感謝の心を育む大切な3日間。本堂いっぱいに集う子どもたちと大きな声でお題目を唱える日を待ち遠しく思います。
(石川県2部布教師会長・藤井昭光)

illust-hitokuchi

2022年5月1日号

「幸せ」の在処

「私たちは幸せになるために生まれてきた」といわれる。確かに、不幸せな人生を歩みたいと思う人はいない。できれば幸せを感じられる日々を過ごしたいと思うのが人情だろう。
世の中は、陰と陽、吉と凶、プラスとマイナス。両極のバランスの中で成り立っている。幸せだけの人も、不幸せばかりの人もいない。植物と植物、動物と動物。そして人と人も相関し合いながら成り立つ。人と植物でも同じこと。私たちは二酸化炭素を吐き出し、酸素を吸う。植物は、二酸化炭素を吸い込んで、酸素を吐き出す。
人は1人で生きていくことはできない。つまり私の命は、他のすべての生命を生かし、そして生かされている命といえる。では「幸せ」って何だろうか? 「幸せ」とは、人の評価によるものではない。生かし生かされる命の呼応に気づき、感謝できるなかにこそ、本当の「仕合わせ」が息づいている。
(富山県布教師会長・谷川寛敬)

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07