ひとくち説法

2022年2月20日号

無くならない

60代半ばの檀徒さんが亡くなりました。このお宅は4世代同居。毎週七日忌の供養に出向くと、何かしらかわいらしいお供えがあります。
仕事や学校で家族が出払った家の留守番は90代の曾祖母さん。供養の後、お茶を飲みながら、「毎日、曾孫がお水をお供えして、おリンを鳴らして〝お祖父ちゃん、おはよう。私が学校に行っている間、寂しいだろうからゲームをおいていくね〟とか、〝今日はかわいい絵のマシュマロ。おやつに食べてね〟とか言って置いていくのよ。時には〝あのねお祖父ちゃん…〟とか言って、10分ぐらい話しているのよ」と教えてくれました。
私は、曾孫さんの目にはお祖父さんの姿が見えているのだと思います。お自我偈に「方便現涅槃―仏さまは方便として死を示す」と説かれ、心から恋慕の思いを持てば、その前に姿を現してくださるとも。「亡くなる」は、「無くなる」のではありません。私たちの心の中に生き続けています。

(愛知名古屋布教師会長・塩田宝裕)

illust-hitokuchi

2022年2月10日号

学問のスズメ

コロナ禍で、オンライン授業となった子どもたちは家で過ごすことが増え、寺や学校の行事はすべて中止となってタメ息も増えていたある日。ふと「鳥の餌台を作ろう」と思い立ち、廃材を集めて窓の前に設置した。3週間ほど経ったある朝、「チュンチュン」とひと際甲高い、弾むような声が響いてきた。スズメだ! しっかり眺めようとカーテンを開けると、ワワーッと飛び立った。シマッタ。それからはレースのカーテン越しに息を潜めるようにスズメ観察をしている。観察をしていて気付いた。決して独り占めすることはなく、餌のありかを仲間に知らせる役、仲間が食べている際の見張り役といった諸役があること。また「チュチュチュン」「ヂュヂュヂュ」などと、彼らはしっかり状況に応じた対話をしていること。他者を助けることは自分の助けでもある。私たちは意識的に行うことだが、厳しい環境に生きている彼らにとっては、それはごく当たり前のことなのだ。

(岐阜県布教師会長・天田泰山)

illust-hitokuchi

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07