ひとくち説法

2012年12月20日号

定めなきならい

仏教では老少不定ということを説きますが、これは老人が先に死に若い者があとに残る決まったものではないという意味です。
私のお寺の檀徒の方で息子さんを先に亡くされた老夫婦の方がおります。葬儀が終わった後お参りにお伺いしましたら、「先日は有難いお経を上げて頂きまして有難うございました」と、涙声で言われました。葬儀が少しはお役に立てたのではと思いましたが、「子どもを先に亡くすということは悲しいものです。毎日泣いています」と言われました。子供を先に亡くした親の気持ちとはどのようなものなのでしょうか。
日蓮聖人は『上野殿後家尼御前御書』の中で、「霊魂はお父上のいらっしゃる霊山浄土においでになって、手を取り、顔を寄せ合ってお喜びなさることでしょう」と、おっしゃっておられます。
私たちはお祖師さまに導いていただかなければならないのです。

北海道東部布教師会長 小坂井 仁厚

illust-hitokuchi

2012年12月10日号

いのちに合掌

数年前までは大変元気でカクシャクとされていた檀家のM氏が、体調を崩されすっかり弱くなってしまった。
しばらくぶりでお寺にお参りされた時、会うなり伸びきらぬ指を合わせ合掌し「ご住職、よろしくお願いします」と、言って頭を下げられた。思わずこちらも手を合わせ「こちらこそ」と挨拶したのだが、背も曲がり少し小柄になったその姿が、なぜかとても美しく見えた。年輪を重ねた老人の合掌の姿がとても尊く感じられた。
日蓮宗では「いのちに合掌」を唱え、生きとし生けるものに全てに仏性があり尊い存在であることを説いている。日蓮聖人は『観心本尊抄』で、法華経に「開仏知見」とあり、私達にはすでに仏性が備わっているから、お釈迦さまはそれを開くために世に出現されたのだと、述べられている。M氏が尊く美しく見えたのは、彼の仏性が開かれたからに他ならないと確信した。

青森県布教師会長 三浦 泰昭

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07