オピニオン

2020年12月10日

包含の教え

 〝日蓮聖人はどうして『四箇格言』で念仏や禅、真言、律の他宗を否定されたのですか?〟 
 ある日、熱心な檀徒さんから尋ねられました。
 それは、お題目がすべてを含んでいてお釈迦さまの真意を伝えているからですよと私は答えました。
 つまり、本門の題目(南無妙法蓮華経)には念仏(南無阿弥陀仏)が、本門の本尊(大曼荼羅)には真言曼荼羅(胎蔵・金剛両曼荼羅)が、本門の戒壇(即是道場)には律戒壇(戒壇院)が、唱題行には禅止観(座禅行)が包含されている、といえるからです。
 法華経にはお釈迦さまのすべての教えが統合されています。
 日蓮聖人は、末法の時代にこそ、法華経が必要になると説かれました。
 そのために強調されたのだと、私は理解しています。
(熊本県布教師会長・山口義人)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07