ひとくち説法

2016年3月20日号

降誕の意義

 「日蓮聖人降誕八百年」これを世間的な「誕生」と同義語と解釈してしまうと「降誕」の意義が、泡沫に帰してしまいます。「降誕」とは、聖人(せいじん)が生まれる際に用いられる言葉です。
 日蓮聖人の誕生を「降誕」と称する意義について、そのご生涯を『法華経』を繙解かずに、世間的な偉人伝=高僧伝として学んでも、宗教的、あるいは、信仰的意義を知ることは到底できません。
 日蓮聖人に「本化上行」「法華経の行者」等と冠をつけて称しますが「日蓮聖人のご生涯、61年の歴史的事実は、法華経に説く宗教的必然であった」という意味です。それは、日蓮聖人の誕生は、法華経に約束(説示)されたもので、ご生涯を通し、法華経を真実=事実のものとしたということです。ゆえに「降誕」と称するのです。法華経を離れて日蓮聖人の存在はなく、ここに私たちは、他宗の祖師との隔絶の差を知り「本化上行」「法華経の行者」の「降誕」を慶讃するのです。
(大阪市布教師会長・村尾泰孝)

illust-hitokuchi

2016年3月10日号

言葉の由来に仏教が

 日蓮宗と浄土真宗について、古来、対比して使われる言葉がある。「だんだん良くなる法華の太鼓」とは、毎日練習すれば上手になる。「法華の法知らず、門徒物知らず」とは、従来の地域の風習や習慣と違うことをして作法を知らないこと。「馬の耳に念仏、法華のお題目」とは、人の意見や忠告に耳を貸そうとせず、少しも効果がないこと。「朝念仏に夕題目」とは、しっかりとした自分の意見や考えがない。「おそれ入谷の鬼子母神」とは、相手の言うことには同意するが、そのまま認めるのはしたくないことを指す。
 これらの言葉は2つの宗教が同時期に一般庶民に広まり、字の読めない人のために、平等に信仰する機会と救いを与え、互いにライバルとして競い合った証拠でもあろう。言葉の由来は忘れられる運命にあるかもしれないが、法華経とお題目の信仰の歴史の「あかし」として、後世まで伝え残したい言葉である。
(京都府第2部布教師会長・内田雅友)

illust-hitokuchi

2016年3月1日号

一番大事な言葉

お釈迦さまがお説きになったお経は、8万もあります。最重要なお経は「法華経」です。これは当のお釈迦さまのご意見。法華経の中で一番大切な章は16番目の「如来寿量品」の「お自我偈」。そこの一番大事な部分は結びの「毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 即成就仏身」。「つねにみずから是の念を作す。何を以てか衆生をして無上道に入り、速かに仏身を成就することを得せしめんと」これは「毎自作是念の悲願」といって、永遠の存在であることを明かされたお釈迦さまが「あなたを私と同じ仏にしてやろう」という誓願です。
これにたいして「ありがとうございます。お釈迦さまのお誓いを信じ、仏になれるにふさわしい存在にならせていただきます」という私たちの信じて受けとめる感謝の言葉が「南無妙法蓮華経」なのです。自分がグレードアップするのです。私たちにとって一番大事な、言葉を越える言葉です。

(京都府第1部布教師会長・大西秀樹)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07