mainimage01 mainimage01               mainimage04 mainimage04

今号の主なニュース・コラム

2016年8月10日号

長崎で原爆死没者追善供養

総長合掌日蓮宗宗務院と九州教区(濵田義正教区長)が主催する長崎原爆死没者追善供養と世界立正平和祈願法要が8月2日、長崎市本蓮寺(山田浩文住職)で営まれ、僧侶檀信徒約300人が参列した。本蓮寺は昭和20年8月9日に投下された原子爆弾の爆心地から南に約2・5㌔に位置し、市内に発生した大規模火災で全山が灰燼に帰し、亡くなった檀信徒の数は今もつまびらかになっていない。
法要は、原爆が投下された午前11時2分、打ち鳴らされる梵鐘のなか、参列者全員が原爆死没者に黙祷を捧げて開式。小林順光宗務総長が導師を務め、参列した檀信徒らとともに読経・唱題を行い、原爆死没者を悼み、世界立正平和を祈願した。
長崎法要①法要後に小林宗務総長は、日蓮宗が他宗派に先駆け昭和29年に世界平和を目指す立正世界平和運動を開始したことに触れ、現在もその精神を引き継ぎ「いのちに合掌」をスローガンに「立正安国・お題目結縁運動」を展開し戦争のない安穏な世界の実現を目指していることを紹介。「核兵器の廃絶を訴え、戦争をしない、させない、許さないと平和の祈りを世界に訴えることが大切」とし、「一天四海皆帰妙法、立正安国の実現に邁進することが、すべての犠牲者に対する追善の道」と結んだ。続いて山田住職は「原爆投下当時を知る人はたいへん少なくなってきた。供養によって亡き人も生きる者も安らかになれるということを、1人でも多くの人に知ってもらう努力をしていきたい」と話した。
この法要に先立ち、平和記念公園内にある原子爆弾無縁死没者追悼祈念堂で小林総長を導師に追善供養を営んだ。その後、長崎県青年会(森慈弘会長)が主催し全国の青年僧に参加を呼び掛けて編成された行脚隊に有志檀信徒を加えた約100人が平和記念公園から本蓮寺までの約3㌔をふた手に分かれて唱題行脚した。また前日の1日には、小林総長と内局5人が長崎原爆資料館の中村明俊館長を表敬訪問。同館を視察し、核兵器廃絶の意義を再確認し、戦争のない安穏な社会づくりへの思いを新たにした。

2016年7月10日号

第743回開闢会

開闢会① 開闢会②山梨県総本山身延山久遠寺(内野日総法主)で6月12日、日蓮聖人のご入山を記念する開闢会のご入山行列とご草庵法要が営まれた。身延山の夏を迎える風物詩のご入山行列を一目見ようと大勢の参拝者が訪れ、ご草庵では報恩感謝のお題目を唱えた。

唱題行脚隊と奴行列を先頭にしたご入山行列では、華やかな時代衣装に身を包んだ往時の檀越、太田乗明公などに扮した町民、色とりどりの華葩を供養する僧侶ら約250人が、総門から三門までの約1・2㌔の門前町を彩った。駕籠にお乗りになられた内野法主猊下がお通りになると、参拝者は頭を垂れ合掌した。三門では内野法主猊下が、梅雨中の晴天に恵まれ当日を「参拝者のひたむきなお題目修行のおかげ」と話され、「ますますのお題目修行へのご精進を」とご勧奨された。
日蓮聖人ご在山中に結ばれたご草庵跡で、内野法主猊下を導師に法要が営まれた。井上瑞雄身延山久遠寺総務が、日蓮聖人が書かれた当時の身延山の様子を克明に伝える『身延山御書』を奉読し、また山梨県内船寺の檀信徒が和讃を奉納すると静かな御廟所聖域に響きわたった。
開闢会は今年で743回目。平成35年には、節目となる750年を迎える。

過去のニュース一覧

side-niceshot-ttl

IMG_2099

冬が厳しい身延山にも、夏が来ました。

御廟所が青々としています。

いのちがいっそうキラキラして見えるようです。

(編集部)

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07