mainimage01 mainimage01               mainimage04 mainimage04

今号の主なニュース・コラム

2017年10月10日号

金沢日蓮聖人銅像が100年

ma石川県金沢市内の卯辰山にある日蓮聖人像が建立から100年を迎え、金沢日蓮聖人銅像護持会(張田珠潮会長)は10月1日に記念法要を山内の善妙寺(代務住職=張田会長)銅像前で営んだ。前日の9月30日には、金沢万灯講による万灯練供養も行われ、加賀百万石の城下町に法華の音色とリズムが響いた。
金沢では50年前まで、万灯練供養が行われていたが、参加者の減少で中止されていた。今回の100周年に合わせ、万灯講の復活の機運が高まり、檀信徒や一般参加者が練習を重ね、昨年、半世紀ぶりに金沢の町に万灯のあかりをともした。正当の今年は参加者が昨年よりも増え、さらに神奈川県安立寺の万灯講中が行列に加わった約150人が国道や茶屋街を賑やかした。参加女性の1人は、「50年前に行われていた金沢の文化に参加できてうれしい。今後は私たちが守っていきたい」と声を弾ませた。また万灯講復活の中心となった諏訪木孝啓石川県第1部青年会長は、「もともと火消しの文化発祥は金沢といわれている。その金沢に万灯講がないのは寂しかった。法華の文化がこんなにも明るく前向きなことを金沢の人たちに教えたい」と思いを語った。
IMG_8554金沢市卯辰山の日蓮聖人像は日清・日露戦争の英霊を供養するために発願され、大正7年(1917)に完成した。青銅製で高さは5・3㍍。台座を含めると約13㍍になる。日本海を向き、金沢や海上の安全を見守ってきたが、化粧直しでの調査の際、銅像足元の風化により倒壊の可能性が指摘され、大改修が昨年行われた。また新しく灯篭が建立されるなど、環境整備と修復もなされた。銅像の修理を手がけた業者によると、「1千年は保てるような構造に改修できた」と胸を張る。
金沢日蓮聖人銅像建立100周年慶讃法要に先立ち、石川県第1部青年会を中心に藤井教祥全国日蓮宗青年会長をはじめとする全国からの青年僧約30人が金沢市内で行脚し、報恩と喜びのお題目を響かせた。
一龍斎貞鏡師が日蓮聖人ご一代記の一場面を講談した後、日蓮聖人降誕八百年を記念した管区大会も合わせて新井日湛千葉県大本山中山法華経寺貫首を導師に法要が営まれた。慶讃文では永田道生石川1部宗務所長が日蓮聖人の降誕、新井貫首が銅像100年に込められた檀信徒の法華信仰を讃えた。張田珠潮会長は、修復費用を寄進した檀信徒へ謝意を表し、「金沢に根付く法華信仰の象徴として50年、100年と未来まで銅像を引き継いでいきたい」と覚悟を述べた。
参列した檀信徒の1人は、「100年もの間、金沢を見守ってくれた銅像をさらに若い人、次の世代につなげたいと思い寄進させていただいた。日蓮宗と檀信徒一体となって今後も守っていきたい」と金沢法華信徒の誇りとなっていることを語った。

2017年10月1日号

第747回龍口法難会営む

龍口寺①神奈川県藤沢市本山龍口寺(本間日恩貫首)の第747回龍口法難会で、計約8千袋の牡丹餅が参拝客に撒かれる「牡丹餅供養」が9月12日に行われた。法要で日蓮聖人のご法難を偲びお題目を捧げた後、難除けのご利益があるといわれる供養にあやかろうと、堂内いっぱいの参拝客が、桟敷から撒かれる牡丹餅を両手を天井に向けて求めた。
牡丹餅供養は、文永8年(1271)に日蓮聖人が遭われた龍口法難に由来する。法華経による国づくりを幕府に訴えられた日蓮聖人は、逆に悪口の咎で捕らえられた。龍口の処刑場への途上、桟敷に乗った尼が日蓮聖人に黒胡麻の牡丹餅を供養したという言い伝えがある。この故事により古来、同寺の龍口法難会に合わせ、講中が集まり拵えた供養の牡丹餅を捧げてきた。今年は、「最初牡丹餅結社」(藤田和重講元)と「牡丹餅講橘結社」(近藤久満・軽部勝彦両講元)2講中が牡丹餅を奉納。藤田講元は、「みんなに少しでも幸せを持ち帰ってもらえれば」と目を細めた。
また龍口寺総代も務める近藤講元は、「もし日蓮聖人がここで首を斬られていたら、今の日蓮宗はなかった。それを忘れている人が多い。龍口寺と法難を知ってもらうために町と一緒にいろいろしていきたい」と述べ、「それと750年を迎えるあと3年は牡丹餅も一生懸命作り続けるよ。もう81歳だしね」と笑った。夜には24講中が万灯奉納を行い、町は熱気に溢れた。龍口法難750年は平成32年に迎える。

過去のニュース一覧

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07