日蓮宗新聞

2017年5月1日号

熊本地震1年。被災者慰霊・復興祈願祭営む

熊本1年法要①

熊本県宗務所(濵田義正宗務所長)は4月15日、南阿蘇村の長陽西部小学校跡地で、熊本地震一年被災者慰霊・復興祈願祭を営んだ。直接死50人(日蓮宗徒3人含む)、関連死は170人超の犠牲(日蓮宗徒2人含む)や、未だ4万7千人を超える仮設住宅での避難者を出した大災害から1年。濵田所長は県内僧侶約40人や参列者とともに、慰霊と早期復興へのお題目を捧げた。

大災害を物語る阿蘇大橋の崩落を引き起こした土砂崩れの山肌が間近に一望できる小学校のグラウンドで法要が行われ、読経やお題目が阿蘇の山々にこだました。焼香では、地元の参列者らが香を手向けると、しばらくの間、合掌をしながら頭を垂れ続けた。濵田所長は犠牲者のみならず、生きとし生けるものすべての犠牲が救われることを願い回向した。また挨拶では追悼の涙を流しながら「この震災の現場で、みんなで供養の誠を捧げたかった」と思いを吐露し、参列へ謝意を表した。
参列した檀信徒協議会の宮本清徳会長は、「菩提寺が被災してなんとかしたい思いはあるが、檀信徒の生活も厳しい状態が続いており、1年、2年ではどうにもならないだろう。だけれども、被災したお寺や檀信徒、そしてそのほかの人たちが自立できる本当の復興までみんなで頑張っていきたい」と語った。
南阿蘇村は、関連死含む27人の犠牲者を出した。また阿蘇大橋付近の土砂崩れでは大学生1人が行方不明となり、約4ヵ月後に発見された。同地区には、日蓮宗寺院が2ヵ寺あり、その檀信徒の家庭では未だ水道が復旧していない、ところがあるという。

illust-hitokuchi

2017年4月20日号

世界が平和であることを

沖縄①日蓮宗宗務院と九州教区(濵田義正教区長)が主催する沖縄戦戦没者追善供養と世界立正平和祈願法要が4月11日、糸満市の沖縄平和祈念堂で営まれ、僧侶檀信徒約150人が参列した。
沖縄戦は太平洋戦争末期、沖縄本島を主とした日本軍とアメリカ軍の戦闘をいう。日本国内で行われた数少ない地上戦で、幼老婦女子をはじめ多数の民間人が巻き込まれ、20万人以上が戦死戦没した。加えて沖縄は、戦後のアメリカ統治や復帰後も続く基地負担と、戦争が生んだ傷跡を今も遺している。
法要は小林順光宗務総長が導師を務め、宗務内局員をはじめとする僧侶や、宮崎・鹿児島・沖縄管区を中心に全国から集まった檀信徒が、読経・唱題して戦死戦没者を悼み、世界立正平和を祈願した。また会場の沖縄平和祈念堂は一般に公開される施設のため、法要時に訪れた国内外の人たちもともに手を合わせ平和を祈願した。
平成27年に営まれた広島原爆死没者追善供養に始まり、28年の長崎での同法要、今回の沖縄での慰霊法要をもって、日蓮宗宗務院と当該教区が共催し戦争犠牲者を悼み世界平和を祈念する法要が3年続いた。一連の法要の開催は、小林順光宗務総長が自身の任期中に終戦70年の節目を迎えることから発願されたもので、「立正安国・お題目結縁運動」のスローガン「いのちに合掌」の実践として位置づけられてきた。
前記の法要すべてに参列した武田家治全国日蓮宗檀信徒協議会副会長は「この法要でお題目を唱えていると、悲しみとともに戦争の虚しさがひしひしわき出てくる。法要を通じて感じたことを次の世代に伝え、つなげていくことが肝心だと思う。小林総長がこの慰霊に終わりはないと言われたが、まったく同感。国内にとどまらず海外も含め、これからも慰霊法要を続けてほしい」と話した。
場所を那覇市法華経寺(日沢是良住職)に移し、沖縄戦戦没者追善法要が小林総長を導師に営まれた。法要後は日沢住職が挨拶。同寺の境内はシュガーローフヒルと呼ばれる那覇市街戦の最激戦跡地にあり、開創以来慰霊の祈りを絶やした日がないことが語られると、堂内は水を打ったように静まりかえった。沖縄の寺院の僧侶が毅然と語る立正平和への思いは、参列者の心を強く揺さぶった。

illust-hitokuchi

2017年4月10日号

東日本大震災第7回忌法要・東北教区主催

IMG_5242東北教区(阿部是秀教区長)主催の東日本大震災第7回忌法要が3月30日、宮城県七ヶ浜町七ヶ浜国際村で営まれた。阿部教区長は「時間がいくら経っても、悲しみは消えない。亡くなった方々と残された方々へのいのちに合掌して、祈り続けてほしい」と力強く述べ、参列した僧侶檀信徒約500人が犠牲諸霊鎮魂の祈りのお題目を捧げた。

法要に先立ち、一部は解除されたが、今も原子力発電所事故で帰還困難区域に指定される福島県富岡町の妙栄寺総代・三瓶一義さんと岩手県釜石市の宿泊所・宝来館女将の岩崎昭子さん(岩手県本行寺檀徒)らの講演が行われた。岩崎さんは6年経った今も被災者は誰かが祈っていてくれることを心の支えにしていると語り、「震災や犠牲者、被災者を忘れず、祈りを」と切願した。
法要は、曼荼羅御本尊と陸前高田市松原の流木から造立された一尊四士像が舞台正面に安置されるなか、追悼和讃の奉唱で静かに始まった。小林順光宗務総長が追悼文を読み上げると、参列者は一尊四士像の背後に広がるガラス越しの海を前に一心に合掌した。また加行所伝師を務めた工藤堯幸師を中心に修法が行われ、諸霊位の追善と復興祈願もなされた。
宮城県の日野教恵宗務所長は、「海を見ると辛い思いをする檀信徒がまだいるが、経験を伝え続け、後世の人たちのいのちを守ることが私たちの務め。そして、辛い思いを持ち続ける人たちが前を向くために、お題目の祈りが必要」と語った。
◇     ◇
法要で安置された一尊四士(釈迦如来と四菩薩)像は大阪府本山妙國寺の岡部日聡貫首が「陸前高田の松原の流木から仏像を」と発願したもので、京都伝統大学工芸大学校の仏師・須藤光昭師を中心に学生30人らが制作した。寄木造りの漆塗古色仕上げ5体のうちの釈迦如来像は台座含め約3㍍の高さ。法要前日に同寺で開眼された後、七ヶ浜に運ばれた。当日、遷座に協力した学生らとともに参列した須藤師は「ただ一心に掘った。誰かの笑顔につながればうれしい」と述べた。また強運の松が安寧と幸せをもたらすことを願い、制作時の木片からお守りと腕輪数珠が造られ、参列者に贈られた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07