日蓮宗新聞

2018年11月10日号

近畿教区大会開く

近畿教区大会①京都市大本山妙顯寺で10月28日、日蓮聖人降誕八百年を記念した近畿教区大会が開かれた。第54代日蓮宗管長・菅野日彰猊下が大導師を務めた初となる慶讃法要も盛大に営まれ、約1,000人の僧侶檀信徒がお題目を捧げてお祝いした。
当日は教区内5講中が妙顯寺周辺を万灯練供養を行うとともに、各青年会が唱題行脚を行った。かつて京都では法華経信仰者を中心に活躍した町衆がいたように、お囃子やうちわ太鼓が「法華ここにあり」と言わんばかりの音を響かせた。大会開始前にも関わらず、熱気が高まっていった。
大会前半は、コーラスや和讃、修法などの後、子どもの沙弥も諸役として出仕する音楽大法要が営まれた。僧侶が唱える声明や読経と沙弥が担当する銅鑼やハチの鳴り物や、散華しながらの行道などで華を添えた。菅野猊下はご親教で「自らを旃陀羅の子と言われる日蓮聖人は当時の貧しい人びとの苦労を存分にご存知でした。その日蓮聖人お1人が、法華経をお釈迦さまの真実の言葉として受け止められ、行動を起こし、立正安国、生きとし生ける全ての人びとの平安・安心の世界の実現を呼び掛けられました。先師や各家ご先祖さまから伝えられてきたこの法の灯火を仏使の役割として次の世代へ繋げ、立正安国・四海帰妙という祖願を皆さまご自身の誓願にしてほしい」と述べられた。
後半はかつて舞台で日蓮聖人を演じた俳優・嵐圭史さんが講演。当時の台詞で演技すると、参加者は嵐さんが描く人間味のある日蓮聖人像に魅了された。最後には唱題行が行われ、全員で心を1つにしたお題目が再び京の町に響き渡った。
参加した男性の1人は、「いま、こうやって多くの人と出会い、お題目を唱えられるのは、日蓮聖人がお生まれになられたおかげ。お題目を次世代につなげるために、努力していきたい」と語った。

illust-hitokuchi

2018年11月1日号

池上本門寺で第737回日蓮聖人お会式

お会式①「我れ日本の柱とならん。我れ日本の眼目とならん。我れ日本の大船とならん」。誰もが安穏に暮らせる社会を目指し、法華経とお題目の弘通にご生涯を捧げられた日蓮聖人の第737回の祥月命日を10月13日に迎えた。ご入滅の地・東京都大田区の大本山池上本門寺では、今年も11日からお会式(日蓮聖人のご入滅を偲び報恩を捧げる一連の行事)が盛大に営まれた。
お逮夜と呼ばれる12日夜には万灯練供養が行われた。池上の町に着くと、講中と呼ばれる信仰団体が万灯にたくさんの灯りをともしてお囃子を鳴らしたり、纏を振って池上の門前町を練り歩きながら池上本門寺の大堂(祖師堂)を目指していた。今年は88講中が参加し、日蓮聖人への報恩の誠を捧げた。この練供養を見ようと、参道や本門寺境内は大勢の参拝者で溢れかえった。
練供養は午後6時頃から始まり、講中は順々に此経難持坂と呼ばれる96段の石段を登って大堂前に設えた角塔婆前に到着。ここが講中たちの最後の晴れ舞台となる。色とりどりの万灯を従えてやってきた講中が、見守る参拝者の前で勇壮な纏の技とお囃子の腕前を披露すると、ひときわ大きな歓声が上がった。毎年、講中の高張り提灯を掲げて行列を先導しているという講中の世話役の男性は「若いのから年寄りまで、男も女も練り行列に参加してる連中はみんないい顔している。もちろん見に来てくれた人も。お会式はやっぱりこれだよ」と微笑み、お題目に出会えた喜びと報恩で人と人とがひとつ心になれるお逮夜の素晴らしさを一言で表してくれた。
翌13日、大堂は日蓮聖人を慕う大勢の人たちで溢れた。昨夜とは打って変わった静けさのなか、誰しもが日蓮聖人のご入滅の刻を待った。まず説教師の山口顯辰師がご降誕から始まる艱難辛苦のご生涯を口演。山口師の語り口と日蓮聖人への思いが心の中で触れ合う。お題目と出会えたこと、唱える喜び、今を生きる活力、そういったことがこみ上げてくる。法要では、導師の菅野日彰貫首猊下の打ち鳴らすご入滅の刻(午前8時頃)を知らせる「臨滅度時」の鐘の音に、涙を抑えることはできなかった。

illust-hitokuchi

2018年9月1日号

千鳥ヶ淵戦没者追善供養・世界立正平和祈願法要

千鳥ヶ淵①終戦記念日の8月15日、日蓮宗は中川法政宗務総長を導師に「千鳥ヶ淵戦没者追善供養・世界立正平和祈願法要」を、東京・千代田区の千鳥ヶ淵戦没者墓苑で営んだ。この法要は昭和34年に同墓苑が創建されてから日蓮宗が行なっている法要で、今年が60回目となる。海外から収集され身元不明などで引き取り手のない戦没者の遺骨36万9166柱が納められている六角堂内に大曼荼羅ご本尊を奉安し、檀信徒ら約400人が参列。異口同音にお題目を唱え、諸精霊慰霊に追善の誠を尽くし世界立正平和の祈りを捧げた。
法要終了後、日蓮宗を代表して松永慈弘総務局長が挨拶に立ち、宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」を通して日蓮聖人が示された立正安国の精神を全世界に広げる取り組みを紹介。万人が戦争のない世界・立正安国世界平和の実現を祈って行動していくことを願った。次いで公益財団法人千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会の古賀英松理事長は、戦没者慰霊の灯火を消すことなく次世代につなげていくことが同会の役目と話し、さまざまな世代が今日の平和と繁栄の礎となった諸霊位に手を合わせる同法要の奉行に深い謝意を示した。
20年以上この法要に参列し続ける小杉衛さん(東京都常圓寺檀徒・72歳)は「私自身は戦後すぐの生まれですが、戦争や平和についてじっくり考える機会となるこの日の法要を大事にしなくてはならないと思っています。戦没者を慰霊する心が、平和な世の中を築く第1歩となるのではないでしょうか」と話す。この法要も60回の歴史を刻み、参列者の多くが戦後生まれの人となった。戦没者慰霊の心を通じて「世界立正平和」への思いを次の世代につなぐこの法要の役割は大きい。終戦記念日に同墓苑で法要を営む唯一の仏教宗派として、この法要に誇りと使命感を持たなくてはならないということでもある。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07