日蓮宗新聞

2018年5月10日号

阿蘇で熊本地震第3回忌法要

熊本地震①

熊本県宗務所(濵田義正所長)は、熊本地震第3回忌被災者慰霊・復興祈願祭を4月15日に南阿蘇村立長陽西部小学校跡地で営んだ。同跡地からは、大学生1人が犠牲となった阿蘇大橋の崩落を引き起こした土砂崩れの山肌が一望できる。参列した僧侶檀信徒約100人は、関連死を含めた震災犠牲者264人(うち日蓮宗徒の直接死3人、関連死2人)への追悼と、未だ仮設住宅での生活を強いられる約3万8千人の安寧のために祈りを捧げた。
式後、導師を務めた濵田所長は謝辞に立ち、「阪神淡路大震災や東日本大震災に比べれば、震災の規模は小さく、忘れられているかもしれない。だけれども、264人もの方が亡くなっており、まだまだ仮設住宅で苦労されてる方もたくさんいる。私たちが体験したあの震災を伝えていかなければならない」と力を込めた。
益城町道安寺檀徒の90歳代の女性は、遠く離れた場所の仮設住宅に1人で住んでいるが、高齢のため家を建てることは諦めているという。一度、震災が襲うと、築きあげた人びとの営みをいとも簡単に奪い去る現実。自らの痛みとして、受け止めることが仏教徒・日蓮宗徒のあるべき姿だ。

illust-hitokuchi

2018年5月1日号

日蓮聖人降誕八百年中四国教区大会開く

中四国教区大会①日蓮聖人降誕八百年の中四国教区大会が4月3日、岡山県倉敷市民会館で開かれた。内野日総管長猊下を大導師にお迎えした慶讃大法要には宗門の将来を担う子弟も参加し、中国・四国地方からバス約50台で集まった僧侶檀信徒約2千人とともに、日蓮聖人が目指された立正安国の世の中を実現する誓いを新たにした。
会場入り口に安置された日蓮聖人のご降誕の聖地・千葉県大本山誕生寺の日蓮聖人ご幼像前で、岡山管区寺院による万灯講中がお囃子を鳴らしながら、賑々しく纏を振り、参加者を迎えた。ご幼像は誕生寺が降誕八百年に向けて新たに造立・開眼したもので、教区大会では初の出開帳となった。ほか実行委員会では、参加者がこれまでに経験したことのない大会を開催し、八百年の記念を心に植え付けてもらいたいと、レーザーや映像を多用した演出のなか、コーラスや唱題行、和讃、講談「日蓮聖人御一代記」が行われ、日蓮聖人降誕の奇跡を感じる時間となった。
法要では、小学校2年生から中学2年生までの11人の宗門子弟が夏から練習を積んだという日蓮聖人ご幼像の遷座や祭文の奉読、献灯、散華、献茶、そして唱題でのお題目の第1声と諸役で活躍した。途中、ご入滅間際の日蓮聖人が幼き経一丸(後の日像上人)を呼び、頭を撫でられながら帝都(当時天皇がいた京都)でのお題目の流布を託されたという故事に習い、内野管長猊下が子弟1人ひとりの頭を撫でられ、宗門の未来を託された。
内野管長猊下は、ご親教で備前法華をはじめとする信仰の深さを讃えられるとともに絶えることのない世界の戦火について述べられ、原爆を落とされた広島がある中四国教区内の日蓮宗徒が平和へ向かって果たさなければならない役割の大きさを語られた。
高知県檀信徒協議会長の氏次邦臣さん(81)は「身延山にお参りしたいが、体の自由がきかないため、内野猊下のご親教はありがたい。今日の日を信仰の新しい日にしたい」と述べ、宗徒の自覚を深める日となった。
法要後、ご幼像遷座の大役を果たした守本雅貴さん(中2・岡山県法龍寺子弟)は「大事なご幼像でしたので持つだけで緊張しましたが、誰でもできることではないので良い経験になりました」とほっとした表情をのぞかせた。

illust-hitokuchi

2018年4月10日号

北関東教区大会で2000人が降誕祝う

北関東教区大会①

北関東教区(三枝泰英教区長)は、日蓮聖人降誕八百年北関東教区大会「いのちに合掌~宗祖の心を未来へつなぐ~」を3月10日、埼玉県川口市内のホールで開催した。教区内4管区(埼玉・群馬・茨城・栃木県)から僧侶檀信徒約2000人が一堂に集い、日蓮宗徒としてのよろこびのお題目を捧げた。

オペラ歌手の西口彰子さん(栃木県妙建寺寺族)の宗歌斉唱、埼玉・茨城の法華和讃会45人が和讃奉納という音楽で華々しく大会が開始。4管区の名を記した大きな玄題旗とともに宗門子弟20人や各管区檀信徒協議会長が客席後方から入場し、ステージに設けられたご宝前に、この日のために集められたお題目写経約2万枚を納経した。宗門子弟が小さな腕をいっぱいに伸ばして献灯献花を行った後、修法師による開眼供養がなされた。
慶讃法要では大導師を務められた内野日総管長猊下が、僧侶檀信徒とともにお経とお題目を唱えて慶賀を祝った。続くご親教では、「宗祖のご誓願を自分自身の誓願として深く受け止め、立正安国・四海帰妙に精進することが私たちがこの世に生を受けた大きな理由です」と述べられ、地涌の菩薩であることの自覚を促された。
大本山池上本門寺菅野日彰貫首の記念法話では、唱題行の意義や大切さを伝え、「お題目を唱えることとは心の安らぎにつながる」と説いた。続く、菅野貫首とともに唱題行が行われ、異体同心のお題目が響いた。
閉式セレモニーでは、日蓮聖人のみ教えを結束して未来へつなげるようことを願い、各宗務所長から各檀信協会長に玄題旗が手渡された。
伊藤光男埼玉県会長は「北関東教区として初めて行われた大会に携わり、ありがたく思う。降誕八百年の3年後に向けて、教区内で連携して団体参拝などを行う足がかりにしたい」と抱負を述べた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07