全国の通信記事

2018年9月16日号

滋賀 第二十四回檀信徒のつどい

滋賀181017 (2)【滋賀】檀信徒協議会(小林耕会長)主催、宗務所(佐橋龍岳所長)協賛による第二十四回檀信徒のつどいが9月16日、近江八幡市文化会館にて開催、僧侶檀信徒約130名が参加した。
法要後、佐橋龍岳所長は「このつどいは協議会をはじめとする方々が見えない場所で準備をし、苦労されている。我々はこのつどいに参加する事により、その苦労に報いる事になる」と謝辞を述べた。
村尾泰孝上人(大阪市寶泉寺住職)が「お釈迦さまのいいたかったこと」と題し講演。
「方便品に『真実の教えというものは二つも三つもない、ただ一つしかない』とある。だからこそ日蓮聖人は法華経でなければならないと考えられた。」と述べ、法華経の中でも方便品、壽量品、神力品の三品経を中心に解説。
講演を聞いた檀信徒からは「大変分かりやすく法華経の真髄に触れたような気がした。もっと詳しく聞きたかった。」と名残り惜しそうであった。
その後、「ギターアンサンブル湖風」が大小様々なギターを使い演奏。つどいの最後を軽やかに締めくくった。

2018年9月14日号

京都1 第72回日蓮宗布教院

京一181005【 京都1 】平成30年度、第72回日蓮宗布教院が8月31日から9月14日までの15日間、京都市山科区大本山本圀寺(伊藤日慈貫首)で開催され説教師を目指す僧侶32名が研鑽を積んだ。
布教院は明治期から開設されてきた伝統ある宗門の教育機関であり、戦中は中断したが、昭和22年に復活して以来、多くの説教師を輩出してきた。
今年は院長に伊藤日慈貫首、副院長に川口智康師(京都市瑞光寺住職)、主任講師に豊田慈證師(愛知県法華寺住職)、講師に倉橋観隆師(兵庫県妙興寺住職)、幹事、助手、外来講師を迎え指導にあたった。
院生は朝5時の起床から就寝まで、模範説教の受講、祖伝・儀式の実習と高座説教の毎日であり、自主練習ができるのは消灯後のわずかな時間の中、祖伝を一字一句間違えず覚えようと、夜中まで練習に打ち込み昼夜常精進の15日間となった。
今年は、台風21号の影響で3日間、停電・断水という厳しい状況の中での開催であったが、15日間で300名を超す聴聞者があり、例年にない賑わいをみせた。
そんな厳しい状況下であったが、主任講師はじめ院生が力を合わせ15日間の布教院を無事修了した。
今年は、埼玉県円真教会担任星光照師が卒業し、院生達は布教院での研鑽を糧に、宗門興隆を担うべく、それぞれの自坊に戻って行った。

2018年9月8日号

豊能・能勢町涌泉寺で秋彼岸会ジャズコンサート

豊能180926【大阪豊能】能勢町涌泉寺(山口法博住職)で、9月8日(土)第17回『秋季彼岸会奉納ジャズコンサート』が開催され檀信徒約20人が参加した。
ジャズバンド「グル―ビーギャング」の軽快なステージに挟んで、住職の法話「日蓮聖人と鎌倉時代の自然災害」を聴聞。
日が落ちて益々演奏が熱を帯び、境内が音で満ち溢れ、あっという間の3時間。
ステージと客席とが一体となって大いに盛り上がりを見せた。
来年は9月14日(土)開催される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07