全国の通信記事

2021年8月26日号

大阪市 伝法大川施餓鬼

大阪市210912②【大阪市】8月26日(木)此花区・正蓮寺において大阪市指定無形民族文化財である伝法大川施餓鬼が営まれた。本年も昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、規模を縮小し、午後2時から本堂において奥邨正道副住職 導師のもと法要が厳修された。管内教師は少人数、出仕を賜り、檀信徒には、境内地に座席を用意し、参列した。

法要後、渡船所へ向かい船に乗り込んだ。例年であれば、五艘の船が出航するが、今年も一艘だけとし、檀信徒の参列は見送られた。

導師の乗る船が新淀川の中ほどまで進むと、導師が船の舳先に立って散華、経木(水溶性)を供養するために流した。

2021年8月23日号

大阪府三島 高槻市妙浄寺が地域貢献

三島210823②【大阪三島】新型コロナウイルスの感染拡大により、普通の生活が著しく制約を受ける日々が続いている。そのような中、公的な施設の大半が使用不可能となり、定期的にその場所を利用していた例会、勉強会、サークルなどの集まりが開催できない状態が続いている。高槻市妙浄寺(阪田兼光住職)では、地域や人々の繋がりが希薄になることを心配した住職が、会場を提供できないか考えた結果、利用者に対し、ワクチン2回接種済、人数8人(音楽等の場合は4人)以下、手指消毒とマスク着用、窓の一部開放を条件に使っていただくことに決めた。住職は、感染が広がった影響で、家にこもる高齢者が多くなった現状を考え、将来的には自由に出入りできる地域のサロンに発展できないか思慮中だ。

2021年7月29日号

大阪市 第2回教師研修会

大阪210818②hp【大阪市】管区降誕800年慶讃事業 第2回教師研修会が7月29日(木)午後1時半より午後5時まで、出席16名、ズーム出席16名の合計32名の出席により開催された。当初、令和2年2月に開催予定であったが、コロナ禍により1年間延期し今年2月に予定したが再延期となり、今回の開催に至った。講師は立正大学教授寺尾英智先生をお招きし、講題は『日蓮聖人降誕の伝記と伝説』で、多くの資料を使いながら、分かりやすく興味深いお話を頂戴した。今回の研修会は延期に次ぐ延期で講師の寺尾先生をはじめ、聴講の皆様にもご心配とご迷惑をお掛けしたが、日蓮聖人の御降誕について理解を深め、更なる信仰の糧を得ることができた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07