全国の通信記事

2017年3月16日号

大阪豊能 一日研修道場

豊能170324(2)【大阪豊能】宗務所(山下正淳所長)主催、檀信徒協議会(泉清会長)が後援する第76回「一日研修道場」(昭和56年以来、年2回開催)が3月16日、能勢町妙法寺(井田法幹住職)で開催され、管内教師が出仕し、檀信徒83人が参加した。
午前9時開式、山下所長を導師に法味言上。続いて、書写行と植田観樹師(真如寺住職)による講義「いのちに合掌『法華経-その心を見つめて ~真実の教えと私たち~』を聴講。
午後は、三重県宗務所長・宗教問題検討委員会副委員長を始め宗務院各種委員会に務めている西片元證師(安楽寺住職)を講師に迎え、「『いのちに合掌』について ~法華経絵と宗祖絵伝の絵解き説法を通して~」と題する法話を聴聞。
西片師は、「絵解き説法」の名の通り、法華経の場面を絵で見ていくことで常不軽菩薩品の内容をわかりやすく解説。また『日蓮聖人註画讃』の法難の場面を通して、日蓮聖人が合掌礼拝することの意義をどう捉えていたのかを説明され「身近な人がどのような状況で仏様に感じられるのかを模索していき、日常生活の中で合掌、礼拝行を行ってほしい」と説かれ、研修最後は会場一杯の唱題行で締めくくられた。

2017年3月8日号

滋賀 一日行堂

滋賀170317 (3)hp用【滋賀】修法師会(中村龍明会長)は、一日行堂を3月8日、東近江市妙啓寺(中村会長自坊)で開催した。
管内外より僧侶8名が集まり、朝9時より夕方18時までに4回の水行と読経三昧、自身の信力増進、懺悔罪障消滅のため一心に修行に打ち込んだ。また、この一日行堂で積んだ功徳をもって、15時半から管内より集まった檀信徒約50名に法楽加持を厳修した。参加各上人は実りある修行ができたと喜んでおり、法楽加持に参拝した檀信徒の方々も、迫力ある御祈祷を頂戴できたことを喜んでいた。また来年もお参りしたいと言っていた。

2017年3月4日号

帰山式・武末章裕師

兵西170307武松章裕師 (1)【兵庫西】3月4日(土)赤穂市塩屋蓮岳寺(武末泰憲住職)で、本年度日蓮宗大荒行堂第初行を成満した武末章裕師の帰山報告式が行われた。僧侶・檀信徒約90名が見守る中、出仕行僧4名と共に水行が行われ、その後、祈祷道場で帰山奉告式が行われた。武末師はじめ、出仕した行僧の鍛えられた読経の声を聞いた参列者は自然と頭を垂れ手を合わせていた。武末師は謝辞で「今、ようやく帰って来ることが出来たことを実感する、思い返すと本当に過酷な100日だった」と涙で言葉を詰まらせながら、「荒行堂の先輩、同行の仲間に支えられ、また、無事を祈り待ってくれている檀信徒の皆さまのお陰で成満する事が出来た。これから修法道に精進し、布教・教化活動に邁進していきたい」と心に秘めていた決意を表明し結びとした。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07