全国の通信記事

2017年8月19日号

大阪三島 第3回子どもお寺体験道場

三島170829【大阪三島】久遠結社(望月恵真教導)は、8月19日(土)から20日(日)にかけて、「第3回子どもお寺体験道場」を開催した。参加人数は、生徒が25人、スタッフが9人である。「合掌~心の修養・手と手を合わせてありがとう~」をテーマとし、寺院での修行体験を中心に据えたプログラムである。法話、読経練習、うちわ太鼓練習、浄心行(清掃)、写経等が多くの時間を占め、レクリエーションとしてすいか割り、数珠・風鈴の作成なども取り入れた。
今年度より、当道場は過去の参加者の依頼に応えて参加者条件を変更した。以前は小学3年生からの募集であったが、今年度より小学1年生からの募集である。慣れない環境に緊張する子どもたちが多かったものの、すぐに打ち解けることができた。はしゃぎ過ぎる参加者もいたが、献身的なスタッフの指導と、正座をして心を落ち着ける時間の導入により、動と静が明確な道場となった。
この道場は、あくまでも修行であることをスタッフは強調している。一つ一つの作法を形にすることを意識するため、最後の閉校式では生徒たちも含めた法要を行う。僧侶と共に本堂の中に入り、共に読経し、うちわ太鼓も叩く。そのため、ひとりひとりの生徒が練習に励んでいる姿が見られた。また、法要の完成を目指した技術面の指導のみではなく、「合掌は人への感謝、掃除は心を清めること」を繰り返し強調し、生徒たちの内面の教育も図った。そのための具体的なカリキュラムとしては、法話や、日蓮宗のこども新聞を利用した教師による解説などがある。閉校式において保護者の前で道場内で伝えたことを簡単に復習し、修行を修了した証として、「こぞうさん認定証」を一人一人に授与した。

京都2 第31回修養道場

京二170824 (1)【京都2】8月19日~20日の1泊2日で京丹後市丹後町の妙源寺(厚海経信住職)に於いて〔京二〕宗務所主催、〔京二〕青年会(木村朋寛会長)並びに妙源寺護法青年会(井上 馨会長)共催の第31回修養道場が『「ありがとう」でつなごう心の絆』をテーマに開催され、小中学生27名が参加した。
子供たちはお寺で仏前作法、唱題行や写経、お経練習を体験し、慣れない正座に苦戦していた。また数珠作り、自然の中で海水浴やバーベキュー、花火をして短い時間の中で高学年がみんなをまとめ仲良く充実した楽しい時間を過ごした。
最後には子供たち1人ずつ「ありがとう」と感じたことを発表してもらい、『美味しいご飯を作ってくれてありがとう』や『困ったときに手伝ってくれてありがとう』など、親、友達、お手伝いの方などにありがとうの気持ちを伝えた。

2017年8月18日号

京都1 第47回 少年少女のための修養道場

京一170829 (2)hp用【京都1】日蓮宗青年会(大西法樹会長)主催の「第47回 少年少女のための修養道場」が8月18日から19日までの1泊2日、京都市の大本山本圀寺(伊藤瑞叡貫首)で開催された。
今年の修養道場は、青年会員が減少する中での開催であった為、例年の如く2泊3日ではなく、1泊2日での開催となったが、京都市内や近郊、更には関東地方から40名の小中学生が参加した。
毎年、『仏さまの光を私たちのまわりに広げましょう』をメインテーマに開催されており、
今年の道場では、「仏前作法」「仏伝」「祖伝」などの講義が行われた。また「御守作り」「パネルシアター」「カレー作り」など盛り沢山のプログラムを行った。
この全てのプログラムを通じ「菩薩行」というサブテーマを基に講義が行われた。特に、「御守作り」では自分の為にではなく、他人の為に一生懸命お題目を書写し、各々が願いを込めて作成した。そして、修了式の中で作成した御守に、お堂の外にまで響き渡るほどの声で法華経を読誦し、お題目を唱えた。
1泊2日という短い期間での道場で沢山学び、その成果として、2日目には道場生各々が周りを見渡せるようになった事に加え、周りに優しく接し、また笑顔も増え、お互いに手を合わせる事が自然と出来る様になっていた。そんな一回りも二回りも大きくなった姿で、迎えの保護者と共に笑顔で帰って行った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07