全国の通信記事

2022年6月29日号

奈良・統一信行会で災害への心構えを会員が寸劇で披露

奈良220630 (4)【奈良】6月29日、大和郡山市のやまと郡山城ホールで宗務所(木村泰存所長)主催の第4回統一信行会が行われ約100人が参加した。

修法師会を中心に営まれた法要では混沌とした社会情勢の中1日も早い平和実現、立正安国への祈りと誓いが捧げられた。

続いて社教会が「減災!自助・共助で身を守る」と題して公開講座を行った。

家庭内や身近で起きる日常の中の災害への心構えと対策、普段から近所や仲間とのコミュニケーションを取ることでお互いに身を守ることの大切さについて会員が様々な衣装や道具を使って寸劇形式で訴えた。

2022年4月24日号

奈良 宗祖降誕800年記念奈良県大会

奈良220425⑥【奈良】4月24日、奈良市の、なら100年会館で宗務所(木村泰存所長)主催、宗祖降誕800年記念奈良県大会が行われ、270人が参加した。

新型コロナの影響で延期となっていたが、運営委員会が中心となって議論を重ね、対策を施したうえで開催する運びとなった。

オープニングでは、青年僧、一般青少年と小学生以下の沙弥が唱題行脚し、誓いの言葉を読み上げ、お稚児さんによってよろこびの言葉が奉納された。

続いて布教師会の岡田法顕会長による法話が行われた。

その後、修法師会と声明師会が中心となって管内僧侶が総出仕し慶讃大法要が営まれた。

後半の清興では講談師の一龍斎貞鏡師による「講談・日蓮聖人一代記」が行われ場内には笑顔があふれた。

最後は青年僧と檀信徒が唱題行を行い、檀信徒の代表によって信徒の誓いが奉読され、一日を締めくくった。

2022年2月16日号

奈良・宗祖降慶讃国祷

奈良220217【奈良】二月十六日、宗務所(木村泰存所長)と修法師会(米虫是恭会長)は吉野郡上市町の宝塔寺(寺島法瑞住職)で宗祖降慶讃国祷会を開催した。

コロナウィルス感染予防のため今年は僧侶15名のみでの開催となったが、国家安穏と所願成就の御祈祷が力強く厳修された。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07