全国の通信記事

2019年3月15日号

大阪豊能 一日研修道場

豊能190318 (2)【大阪豊能】宗務所(山下正淳所長)主催、檀信徒協議会(安浦杲会長)が後援する第80回「一日研修道場」(昭和56年以来、年2回開催)が3月15日、能勢町蓮華寺(桑木茂光住職)で開催され、檀信徒67人が参加した。
午前9時開式、山下所長を導師に法味言上。続いて、書写行と植田観樹師(眞如寺住職)の講義「いのちに合掌『法華経-その心を見つめて ~求道の心~』」を聴講。
午後は、日蓮宗現代宗教研究所顧問・日蓮宗新聞論説委員の中村潤一師(眞浄寺院首)を講師に迎え、「後は頼むよ ~長者窮子の喩えに学ぶべきもの~」と題する法話を聴聞。
師は法華経の信解品の中で説かれる長者窮子喩と、自身の父との半生を通して「”菩薩のための教えだから、私には関係がない”ではない。法華経は私たち皆が菩薩になるための教え。お釈迦様は私たちに仏になってほしいと仰っています。」と説き、研修最後は会場一杯の唱題行で締めくくられた。
また今回、研修30回修了という大きな節目を迎えた酒井廣美さん(清普寺檀徒)が表彰された。

2019年2月16日号

大阪豊能 植田観肇師帰山式

豊能190218②hp【大阪豊能】二月十六日能勢町眞如寺(植田観樹住職)にて、毎年行われる宗祖御降誕会に合わせて本年度加行所第再再行成満の植田観肇師(同寺副住職)の帰山奉告式が行われた。
午前十時、同行僧四人と共に無事帰山。式では第再再行代表という大役を務めた観肇師に対し、本年度加行所筆頭副伝師の植田観亘師より感賞状が授与された。「何度行ってもつらい修行には変わりありませんが、ただひたすら読経、水行に専念できるということが、いかにありがたいことかを強く感じる行でした」と謝辞を述べた観肇師。本堂一杯に集まった檀信徒は副住職の四度目の荒行成満を盛大に祝った。

2019年2月13日号

大阪豊能 渋谷泰明師帰山式

DSC_0229【大阪豊能】能勢町興徳寺(渋谷泰雅住職)で2月13日、第初行を成満した渋谷泰明師の帰山奉告式が行われた。泰明師が行僧5名と共に唱題行列し山門をくぐると、成満を祝う多数の檀信徒が出迎えた。寒くも恵まれた晴天の下、水行式と奉告式が執り行われ、泰明師は謝辞の中で「厳しい修行に挫けそうになっても気にかけて下さる先輩や檀信徒の皆様の顔を思い出し最後まで続けることができました」と語り、報恩と一層の精進を誓った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07