全国の通信記事

2022年9月16日号

大阪豊能 第87回「一日研修道場」

豊能220928【大阪豊能】宗務所主催、檀信徒協議会が後援する第87回「一日研修道場」(昭和56年以来、年2回開催)が9月16日、能勢町蓮華寺(桑木茂光住職)で開催され、檀信徒25人が参加。午前9時開式、法味言上に続いて、岡妙摂師(妙華寺住職)の法話「日蓮聖人のお手紙」を聴聞。書写行の後、服部憲厚師(根本寺副住職)を講師に迎え「霊山浄土はどこにある」と題する法話を聴聞した。また今回で研修30回を修了した加堂孝子さん(圓珠寺檀徒)、野間邦子さん(善福寺檀徒)が表彰され、桑木茂光所長から記念品の扁額と「一心精進一心見佛・不退の修行を賞讃いたします」との祝辞が送られた。

2022年6月18日号

大阪豊能 豊能連合立正婦人会能勢門中寺院巡り

豊能220623③【大阪豊能】新型コロナの影響で中止が続いていた宗務所主催、豊能連合立正婦人会能勢門中寺院巡りが6月18日、能勢町善福寺で開催され檀信徒48人が参拝した。

この企画は、管内の山間部にある能勢門中寺院を順次参拝することで、お寺への親しみを感じて貰い会員相互の親睦を深める目的で立案され、13回目を迎える。

 法味言上後、住職森皓賢師から由緒沿革を紹介、また平成30年大阪北部地震当時の境内や墓地の様子についても語られた。

 境内の諸堂見学の後、髙橋大光声明師会長の仏事作法講習が行われ、数珠の取り扱い方やお焼香の所作などについて学んだ。

2022年5月21日号

大阪豊能 春期百部経法要

豊能220525③【大阪豊能】能勢妙見山で5月21日、春期百部経法要が勤められ、檀協会長はじめ各寺院総代代表など檀信徒20人が参詣。当山では檀信徒の協力を得ながら宗祖降誕800年慶讃境内整備事業並びに平成29年、30年の台風被害復旧工事に取り組みこの日を迎えた。

 午前11時、当山住職植田観樹師が導師のもと能勢寺院16ヶ寺出仕による法要が厳修。

コロナ対策のため毎年恒例だった能勢の歌題目は行われなかったものの、僧俗一体となった読経唱題によってコロナ終息、世界平和が祈念された。

 法要後、前田豊實総代代表から能勢家の歴史、日乾上人による能勢法華経流布の歴史を交えながら能勢妙見山の由緒沿革を説明。コロナ禍で参加者の人数を制限した縮小開催ながら、3年ぶりに行われた百部経法要は改めて今に続くお題目のご縁に報謝する法要となった。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07