全国の通信記事

2020年1月8日号

大阪豊能 大威徳明王祭と鐘撞堂落慶法要

DSC_0359【大阪豊能】大阪府豊能町の法性寺で、年大祭である大威徳明王祭に合わせ、1月8日午前10時から豊能修法師会が出仕、檀信徒約100名が参列し盛大に鐘撞堂落慶法要が行われた。
法性寺鐘撞堂は地域に清浄な音を響かせていたが、平成30年9月の台風21号による災害で倒壊
、朽ちかけていた。
初めに法性寺本堂にて鐘撞堂落成がご宝前に報告され、和田充弘総代から「鐘撞堂の再建を望む方々の声が高まり、檀信徒で協力しようと建設資金を勧募することにしました。寺院関係の支援もあり宗祖御降誕800年の節目に向けて機運が熟し、令和元年10月に完成、本日の落慶を迎え、この鐘の妙音が檀信徒の絆を一層深めてくれるでしょう」と撞堂再建の経緯が述べられた。
続いて桑木茂光宗務所長から「近年災害も多く、古来より伽藍の保持は難しく世の無常の習いである。罹災より1年余りで復興をみるのは檀信徒の見事な結集の賜物であり、これを新たなスタートとして信仰に励み共にお題目の道を歩んで欲しい」と祝辞が述べられた。
続いて鐘撞堂にて梵鐘の開眼・除幕が行われ、檀家総代、参列者により鐘が撞かれ、清浄な妙音が地域に響き渡った。
法性寺は平成28年に住職が遷化、以来住職不在であったが後継者が決まり、檀信徒一丸となり新住職入寺の準備を進めている。

2019年12月7日号

大阪豊能 第12回能勢門中寺院巡り

豊能191212 (2)【大阪豊能】宗務所(桑木茂光宗務所長)が主催する豊能連合立正婦人会の第12回能勢門中寺院巡りが12月7日、能勢町清普寺(村上順雅住職)で開催され、檀信徒56人が参拝した。
法味言上後、村上住職から「当寺は摂津国領主能勢頼次公が父能勢頼幸公の菩提のために開かれ、以来能勢家の菩提寺として今に法燈を伝えています」と由緒沿革を紹介。そして、この日のために堂内には寂照院日乾上人揮毫の御曼荼羅などが数多くの寺宝が展示され、またとない機会に参加者は熱心に見入っていた。その後、髙橋大光声明師会長の仏事作法講習が行われ、数珠やお経本の取り扱い方について学んだ。

2019年11月11日号

大阪豊能 能勢町圓珠寺で入寺式

豊能191118 (2)【大阪豊能】11月11日、能勢町圓珠寺で第28世山下正淳師退住、第29世山下義識師法灯継承式が行われた。前住職の正淳師は、新住職の義識師へ法灯の証として圓珠寺の過去帳4冊を授受。続いて新住職が、御宝前において奉告文を読み上げた。式中、唱題やお自我偈の太鼓を叩いたのは、正淳師が立ち上げた圓珠寺檀信徒有志「天鼓会」の面々。その一糸乱れぬ太鼓の響きに参列者は感心し、心一つにお題目を唱え祝った。また、正淳師は住職在任中、圓珠寺の寺観整備と檀信徒教化に邁進するのみならず、宗務所役員や所長を歴任。内外数々の功績に対し、桑木茂光豊能宗務所長から記念品が贈呈された。義識師は謝辞で「先師や師匠に恥じることのないよう精進して参ります」と決意を新たにし、満堂の檀信徒は新住職の晴れ姿を頼もしく見守っていた。義識師の今後の活躍が期待される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07