全国の通信記事

2018年6月29日号

大阪豊能 近畿教区教化研究会議

豊能180702b (1)【大阪豊能】第48回日蓮宗近畿教区教化研究会議が6月29日、伊丹市JEC日本研修センター伊丹にて開催され、教師約100人が参加した。
午前10時法味言上の後、森本竜静教区長、櫻井義久現宗研主任、松井英光センター代表が挨拶。次に実行委員長である山下正淳豊能宗務所長が「18日に大阪北部地震が起こり、被害に会われた方にお見舞い申し上げると共に、身近に災害を受けた近畿教区として、実りのある会議にしてほしい」と挨拶された。
本年は「災害と国土成仏~日蓮宗僧侶だからできること~」をテーマに掲げ、岡田真水師(岡山県妙興寺修徒、兵庫県立大学名誉教授、身延山大学客員教授)による基調講演「末法の世を生きる~地域に根ざして~」を聴講。
環境宗教学を提唱し活動してきた師は、災害をどう捉えるべきかを法華経や宗祖の教えから紐解いた。災害時お寺が避難所として機能し人々を支えたことや、地域のネットワークとしての講の役割などが紹介され「震災は決して天罰ではない。地涌の菩薩が出現し、法華経お題目が弘まる前触れであると、我々は自覚し行動するべきだ。」と説いた。午後からは四つの分散会が開かれ、活発な議論が交わされたのち、全体会議をもって閉会となった。参加者の一人は、「改めて災害に対する考え方や、日蓮宗寺院として又僧侶として何が出来るのかを考えるよい機会となった。」と語った。

2018年6月16日号

大阪豊能 第9回能勢門中寺院巡り

豊能180702 (1)【大阪豊能】宗務所(山下正淳所長)が主催する豊能連合立正婦人会の第9回能勢門中寺院巡りが6月16日、能勢町妙圓寺(桑木信弘住職)で開催され、51人が参拝した。
法味言上後、「日本の棚田百選」に選ばれている長谷地区にあって信仰を集めてきた同寺の由緒沿革を桑木住職が紹介した。参加者は安置された諸仏や寺宝に目をやりながら熱心に聞き入っていた。その後、髙川豊行声明師会長が日常の仏事作法を講義。数珠の扱い方や合掌の作法など細やかな指導を受けた。

2018年4月22日号

大阪豊能 寂照院日乾上人第383遠忌報恩法要

豊能180425②【大阪豊能】寂照院日乾上人第383遠忌報恩法要が4月22日、日乾上人が能勢地方で初めて法華経を説いた事から「乾師堂」の名で親しまれている能勢町本縁寺(米田妙泉住職)で開催され、檀信徒約64人が参拝した。
能勢門中12ヵ寺が出仕し、井田法幹師(妙法寺住職)を導師に読誦会、報恩法要を営み、晴天の空に読経唱題の声がこだました。
その後、井田法幹師の法話を聴聞した。
この法要は「本郡授法の唱導師」と敬われる日乾上人に報恩の誠を捧げるため、僧侶檀信徒が心を一つにお題目を唱える大切な行事となっている。(桑木信弘通信員)

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07