全国の通信記事

2022年3月17日号

大阪豊能 第86回「一日研修道場」

 豊能220327②【大阪府豊能】宗務所主催、檀信徒協議会が後援する第86回「一日研修道場」(昭和56年以来、年2回開催)が3月17日、能勢町蓮華寺で開催され、檀信徒34人が参加。

 午前9時開式、法味言上に続いて、常任布教師の植田観樹師の講義「いのちに合掌『法華経の行者 日蓮聖人』」を聴講。

書写行の後、桑木信弘師を講師に迎え、「自他を癒やすお題目」と題する法話を聴聞した。

桑木師は、災害や飢饉の時代を生きた日蓮聖人の御遺文を通して、先行きが不安なコロナ禍を生きる上での考え方を示し

「我が身の仏を呼び起こすお題目を唱えることで、人と人がその仏を繋げていき、この世界にお互いを癒し合う霊山浄土が生まれる」と説いた。

 今回の研修道場に対し桑木茂光宗務所長は「ポストコロナにおける行事のありかたはこれからも考え続けなければならないが、開催できる運びとなったのはひとえに信仰厚い参加者のご協力のおかげです」と感謝の意を表した。

 また今回で研修30回を修了した井頭唱子さん(法性寺檀徒)、東登喜江さん(法性寺檀徒)、橋本裕子さん(圓珠寺檀徒)が表彰された。桑木所長から記念品の扁額と「一心精進一心見佛・不退の修行を賞讃いたします」との祝辞が送られた。

2021年11月14日号

豊能・池田市本養寺で第44世・難波見真師が入寺式

豊能211125 (1) 【大阪豊能】11月14日、池田市本養寺で第44世難波見真師法灯継承式が行われ、僧俗50人が参列した。午後1時20分、式に先立ち七條袈裟に身を包んだ見真師は、当山総代と式衆と共に行列を組み本養寺へ向けて出発。門前では寺族、檀信徒が新住職を迎えた。式では法燈の継承の証として払子の授受がなされ、堂々たる姿の新住職は御宝前にて奉告文を読み上げた。

昭和55年より41年間住職を務めた難波宏正師は、本堂改築や会館の建立など寺門興隆に努められ、また法華経御遺文の研鑽を重ね法話や講義のため全国を巡り法華経弘通に邁進。見真師は「前住職と、5年前に遷化された実父、齊藤見遙上人。二人の師父のようになるためにこれからも精進し、本養寺の興隆に努めてまいります」と決意をあらたにした。宗門の未来を担う若い師の今後の活躍が期待される。

2021年11月10日号

大阪豊能 第52回護法大会

豊能211115②【大阪豊能】11月10日能勢町浄るりシアターで宗務所主催、檀信徒協議会後援の第52回護法大会が開催された。昨年はコロナ禍のため中止となり、2年ぶりの開催となった本年は、感染症対策のため人数制限をとりながらも僧侶檀信徒238人が参加した。第1部は、桑木茂光宗務所長を導師に日蓮大聖人御降誕800年慶讃管区法要が盛大に厳修され、参加者を代表し和田充弘檀信徒協議会会長が御宝前において「宗徒信条の要」を読み上げた。第2部は京都市松林院住職大西秀樹師による『国難の中、宗祖御降誕800年を迎えて』と題する法話。自身の体験をもとに「お題目を唱えて仏さまになるとはどういうことか?」について丁寧に説かれ、参加者は真剣に聞き入っていた。第3部は三遊亭若圓歌さんの『すて目すて耳 笑は心の栄養』と題した落語。師匠のテンポよい語りに会場は笑いに包まれた。最後は感染症対策の為、黙唱であったが各自持参した団扇太鼓を手に唱題行を行い無事閉会。コロナ禍で、久しぶりに顔を合わせての大会に主催者側はいつもより準備と配慮を重ねてきた。例年とは違った形の開催ではあったが、参加者は各々がマスク越しの笑顔に安堵し、僧俗共に堅固な信仰を確かめ合える貴重な時間となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07