全国の通信記事

2019年9月19日号

大阪豊能 一日研修道場

豊能190930①【大阪豊能】宗務所(桑木茂光所長)主催、檀信徒協議会(和田充弘会長)が後援する第81回「一日研修道場」
(昭和56年以来、年2回開催)が9月19日、能勢町七寶寺(髙川豊行住職)で開催され、檀信徒47人が参加した。
午前9時開式、桑木所長を導師に法味言上。
続いて、書写行と植田観樹師(眞如寺住職)の講義「いのちに合掌『法華経-その心を見つめて ~求道の心 菩薩と菩薩行~』」を聴講。
午後は、日暮有宏師(京都伏見 墨染寺住職)を講師に迎え、「心を磨く~菩薩行のススメ」と題する法話を聴聞。
師は日蓮聖人の御遺文を解説するなかで「私たちが行う菩薩行によって、私たちが住むこの娑婆世界が仏さまの住む浄仏国土へ変わっていきます。そのためにお題目を唱えることが大切です」と説き、研修最後は会場一杯の唱題行で締めくくられた。
また今回、研修30回修了という大きな節目を迎えた畠スエ子さん(妙圓寺檀徒)が表彰された。

2019年7月12日号

豊能・立正身延会で和歌山参拝

豊能190722 (2)【大阪豊能】中央檀信徒研修道場修了者を中心に組織される豊能立正身延会(那須弘会長)の年に1度の移動研修が、7月12日に行われ、僧侶檀信徒53人が和歌山県和歌山市感應寺を参拝した。法見言上の後、見矢龍順住職から元和5年(1619)、初代紀州藩主・徳川頼宣の紀州入りと共に静岡市から分寺して移転した同寺の縁起や、南海トラフ地震へ備えるための耐震化、昨年の台風21号被害からの復旧など境内整備の説明を受けた。

現在の本堂は、廃仏毀釈を受けて岡山県矢坂檀林の講堂を明治41年(1908)に移築したもので、参加者からは「学僧達の魂宿る本堂で法華経・お題目をお唱え出来て大変ありがたいです」と声があがった。

2019年6月15日号

大阪豊能 第11回能勢門中寺院巡り

豊能190626 (2)【大阪豊能】宗務所(桑木茂光所長)が主催する豊能連合立正婦人会の第11回能勢門中寺院巡りが6月15日、能勢町妙見山(植田観樹住職)で開催され、48人が参拝した。
信徒会館「星嶺」での法味言上後、「およそ1300年前、この地に星が降り来たったことに始まる妙見霊場。のちに領主能勢公の信仰を得て、『能勢妙見山』と呼ばれるこのお山は、宗旨・宗派を越えて広く人々に親しまれてきました」と歴史と伝統ある同寺の由緒沿革を植田住職が紹介した。参加者は安置された諸仏や寺宝に目をやりながら熱心に聞き入っていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07