全国の通信記事

2020年2月11日号

大阪市 第初行長井康晟師帰山式

大阪市200213②hp【大阪市】二月十一日(火・祝)の午前に大阪市 泰然寺(長井正典住職)内 長井康晟師の帰山奉告式が厳修された。
長井康晟師は、式に先立ち、檀信徒と共に小寒風吹き荒ぶ中、行列し自坊へ帰山。尊神様を御宝前へ安置し一読。その後、境内に於いて約百人の檀信徒の見守る中、水行式を執り行った。
奉告式では、五人の行僧と共に本堂御宝前において無事仏祖三宝へ帰山の奉告を行った。
長井康晟師は「壱百日間の修行で得た功徳を檀信徒へ施し、更なる寺門隆盛のため精進致します」と述べ、これからの不退転の法華経弘通と、修法道の研鑽を誓った。

2020年1月17日号

大阪市 新年祝祷会・互礼会

???????????????????????????????【大阪市】一月十七日(金)午後五時より法務室に於いて、神谷行俊宗務所長導師のもと令和元度年新年祝祷会が奉行され、略要品が読誦された。併せて、今年二十五周年を迎える阪神淡路大震災をはじめ、自然災害犠牲者に対して追善回向が手向けられるとともに、立正安国世界平和、管内寺院・教会・結社各山の寺門興隆及び各聖の法体健全化導成辨、寺庭婦人・寺族・檀信徒の信力増進と一年の健勝・災害被害地域の復興が祈念された。
祝祷会終了後、谷町、妙光寺に於いて新年互礼会が開催された。最初に神谷所長より、平成という時代を振り返りながら、とくに近年数を増やしつつある自然災害に対し心に留め、殉難者に哀悼の意を示し、更に新年の抱負を述べ挨拶を締めくくった。続いて奥邨正寬日蓮宗宗務顧問より挨拶を頂戴し、藤本経尚協議員議長より乾杯の発声を頂いた。集まった管内三十一名の僧侶の方々が新しい年を共に祝い、親睦を深めた。

2019年11月28日号

大阪市 第三十五回近畿教区勧学院教学研修会

大阪市191202b (5)hp【大阪市】十一月二十八日、二十九日の二日間にわたり、第三十五回近畿教区勧学院教学研修会がホテルアウィーナ大阪に於いて開催された。第一講から第三講は勧学副委員長、中尾堯文先生の「日蓮聖人のご生誕から佐渡始顕の曼荼羅本尊まで」と題し、御降誕からの半生を紐解きつつ、御降誕の意義を再確認して頂いた。第三講から第六講は勧学院講学職の北村行遠先生による「身延山久遠寺の江戸出開帳」の講義で、出開帳の記録を丁寧に説明しながら先師のご苦労を改めて御教示頂いた。近畿各地から集まった四十四名の受講者は学生の頃に戻って、九十分、六講の講義を熱心に聴講した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07