全国の通信記事

2021年2月23日号

大阪市・第799年日蓮大聖人御降誕慶讃大法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  【大阪市】2月23日(火・祝)午後2時より、大阪市宗務事務所 法務室において日蓮大聖人第799年御降誕慶讃大法要を厳修した。例年2月16日に厳修しているが、今年は16日に誕生寺にて宗門法要が厳修された為、この日の開催となった。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一般檀信徒には案内せず、規模を縮小しての法要となった。換気・消毒に気を配り、マスク着用の上、神谷宗務所長導師のもと、協議員正副議長をはじめとして声明師、修法師のご出仕、管内教師を代表して各会会長の参列、一般寺院は堂外から御焼香を賜った。神谷所長は「末法のはじめ、上行菩薩の応現としてお題目を弘めんが為、安房の国に降誕なされた日蓮聖人を寿ぎ、その末弟としての自覚をもって日々精進しなければならない」と述べられ閉式した。

 

2020年12月9日号

大阪市 先師法要

SONY DSC【大阪市】去る12月9日(水)此花区 正蓮寺本堂に於いて大阪市聲明師会先師法要が午後3時より厳修された。例年は、聲明師会総会に先立ち厳修しているが、今年度はコロナウイルス感染拡大に伴い、役員のみ出仕にて取り行われる予定であった。しかし、大阪府からのさらなる自粛要請を受け、急遽奥邨正道会長導師の元、中村貫慧副会長・藤田文経事務局長の聲明師会三役にて執り行なわれた。また奥邨会長は、先師のご回向に併せ、新型コロナウイルスに罹患し命終の霊位の御回向をし、疫病退散の祈願文をお唱えになり新型コロナウイルスの早期終息を願われた。

2020年11月21日号

大阪市 『仏教の教え』基礎講座-釈尊と日蓮聖人

DSC01374hp【大阪市】11月21日(土)午後6時より、大阪市宗務所法務室において大阪市宗務所主催、令和2年度第1回『仏教の教え』基礎講座-釈尊と日蓮聖人-が開催された。今年度の基礎講座は、コロナウイルスの対策をしっかりと行う中での開催となった。第1回は開講式で神谷行俊大阪市宗務所長が挨拶された後、「仏教学基礎①、②」の講義を橋本貫宏師が講師となり、テキストを中心に分かりやすく講義された。今後は社会状況にもよるが、月1回、第3または第4土曜日午後6時より開講され、釈尊伝、祖師伝、宗義大意、法華経大意等の講義を、笹川行恒師、福島正堯師、有本智成師が講師をして下さる予定である。仕事や学校の帰宅時にでも来られるように服装も自由である。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07