全国の通信記事

2020年9月7日号

大阪市 教師研修会

大阪市200911 (2)【大阪市】布教師会による令和2年度 教師研修会が九月七日(月)、社会福祉会館において開かれ、コロナ禍にもかかわらず、管内外から約三十五名の参加があった。全員マスク着用、ソーシャルディスタンスを取った中、立正大学名誉教授 庵谷行亨先生を講師にお迎えし、「日蓮聖人の観心法門」というテーマで行われた。この講義は昨年より四回にわたって行われる予定である。第二回目の今回は、日蓮聖人の教相論を中心に法体論・教法論・法華最勝・起顕竟・教判論・権実論・本迹論等について、その基本を詳細かつ簡潔に講義いただいた。八十五分講義を二講であったが、分かりやすく丁寧で、普段はなかなかこの様な機会がない我々にとって非常に有意義な時間であった。

2020年4月29日号

大阪市 第767回 立教開宗慶讃大法要

大阪市200507 (1)hp【大阪市】今年の立教開宗慶讃大法要は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態発令の為、中止を余儀なくされた。例年であれば聖徳太子の御廟のある磯長 叡福寺において僧俗併せて150人以上の人々が集い、法話や法要を執り行うのだが、本年、初めての中止の発表となった。しかし、4月29日午前10時より叡福寺の日蓮大聖人顕彰宝塔前に於いて神谷行俊宗務所長をはじめとし、顕彰宝塔建立に歴代がご尽力頂きました本傳寺様、協議員副議長、宗務所役員、あわせて9名出仕のもと立教開宗慶讃法要が執り行われた。読経中、顕彰宝塔と納経塚にて焼香し、回向文では立教開宗の回向の後、新型コロナウイルス疫病病魔得度退散、並びに感染者の当病平癒 早期回復、医療従事者等 所々に関わる面々の身体健全、更に疫病病魔に罹り命終の各霊位の即身成仏仏果増進の祈りを捧げた。また、太子廟前にては、日本において仏教の興隆につとめられ、なかでも日本最古の肉筆遺品である法華経の注釈書『法華義疏』を著され、来年壱千四百年の御遠忌を迎えられる聖徳太子への回向が手向けられた。

2020年2月16日号

大阪市 日蓮大聖人第798年御降誕慶讃大法要

???????????????????????????????【大阪市】2月16日(日)午後2時より、大東市 本妙寺において日蓮大聖人第798年御降誕慶讃大法要を厳修した。
12時半より日青会・服部泰憲師、午後1時より日蓮宗布教師会会員・笹川行恒師による法話に始まり、午後1時40分より令和元年度日蓮宗加行所 第5行成満、良政寺 戸田秀明師を水行導師に、水行式が行われた。その後、神谷行俊宗務所長を導師に、管内御寺院方出仕のもと慶讃大法要が執り行われた。差定に則り法要は進行し、髙木龍延修法師会長修法導師のもと御宝前修法に続き、導師による慶讃文が奉読された。また修法師による大衆法楽も行われ、最後に神谷所長より御礼と挨拶が述べられた。挨拶の中で神谷所長は「大聖人がお生まれになられた意義を理解し、我々僧侶と檀信徒の皆様が供に御降誕800年に向け大阪を盛り上げるために御協力をお願いします。」と述べ御降誕慶讃大法要は閉じられた。終了後、修法師会による特別祈祷も行われた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07