全国の通信記事

2022年9月5日号

大阪市 教師研修会

大阪市220909②【大阪市】9月5日(月)、布教師会による令和4年度 教師研修会が大阪府社会福祉会館にて午後1時~午後5時まで開かれ、管内外から23名の参加があった。昨年はコロナ禍によりオンラインにての講義であったが、2年ぶりの対面での開催となった。日蓮宗勧学院長、立正大学名誉教授の庵谷行亨先生を講師にお迎えし、「日蓮聖人の観心法門」というテーマで行われた。この講義は4年にわたって行われ、最終講義となる第4回目の今回は、日蓮聖人の教相論のうち、謗法論・浄土論・戒壇論・国家論・善神信仰・諸宗批判、日蓮聖人の観心論からは値難と五義・事行の三大秘法・事の一念三千等について、その基本を詳細かつ簡潔に講義いただいた。85分講義を二講であったが、分かりやすく丁寧で、普段はなかなかこの様な機会がない我々にとって非常に有意義な時間であった。

2022年8月26日号

大阪市 伝法大川施餓鬼

大阪市220901③【大阪市】8月26日、此花区・正蓮寺において大阪市指定無形民俗文化財である伝法大川施餓鬼が営まれた。本年も一昨年・昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、規模の縮小を余儀なくされた。午後2時から本堂において今年1月26日に遷化あそばされた奥邨日鳳猊下の後を受け、第27世に就任された奥邨正道新住職 導師のもと法要が厳修された。檀信徒には、境内地に座席を用意し、参列した。

法要後、渡船所へ向かい船に乗り込んだ。例年であれば、五艘の船が出航するが、今年も一艘だけとし、檀信徒の参列は見送られた。

導師の乗る船が新淀川の中ほどまで進むと、導師が船の舳先に立って散華、経木(水溶性)を供養するために流した。

2022年7月4日号

大阪市 第3回教師研修会

大阪市220707①【大阪市】管区降誕800年慶讃事業 第3回教師研修会が7月4日(月)午後1時半より午後5時まで、大阪府社会福祉会館にて36名の出席により開催された。講師は立正大学教授原愼定先生をお招きし、講題は『日蓮聖人の上行自覚について』で、多くの資料をご用意いただき、『開目抄』、『観心本尊抄』の御文章を引用しながら、分かりやすく興味深いお話を頂戴した。久しぶりの対面での講義に参加者の方々も熱心に聞き入り、「日蓮聖人の求道の精神を一人ひとりがどれだけ受け継いでいるのか、常に自分自身を省察し、明鏡に向かう覚悟を何度も確認する必要があるのではないでしょうか」との先生のまとめに、あらためて覚悟と理解を深め、更なる信仰の糧を得ることができた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07