全国の通信記事

2019年2月23日号

大阪市・寺庭婦人会研修会

大阪190305b (2)【大阪市】二月二十三日(土)午前十一時より大阪市寺庭婦人会(馬場順子会長)主催の研修会が行われた。今回は「ストレスマネジメントとリラックス方法」というテーマで、講師に臨床心理士の内田由可里先生をお招きして、約一時間の講義を賜った。
内田先生は、講義の中で「ストレスは社会的変化や心理的変化によって誰でも抱えているものであり、対人関係や仕事関係など複数のストレスによって時に危険な状態となることもありえる。その対処の一環として自身を客観的に見つめ、ストレスのサイン(兆候・症状・気分)を気づいておくことが必要である」と説明され、「対処法としてマッサージやカラオケ等、趣味や自身に合っていることを知っておくことも必要である」と述べられた。また簡単に出来る方法として、二人でも一人でも出来る『タッピング・タッチ』という技法を実践された。これは、頭や首・肩など、体を指先で軽くはずませるように叩く技法である。実際、会員からは「落ち着いた」「心身がほぐれた」等の感想があり、「非常に有意義な講義であった。

2019年2月19日号

大阪市 第1回教師研修会

大阪市190308 (3)【大阪市】二月十九日(火)午後一時半より宗務所主催第一回教師研修会が行われた。この研修会は管区降誕800年慶讃事業の一つで、今年度より四年連続で年一回行われる研修会の一回目である。今回は「日蓮聖人の出自と知られざる真実」を講題に、高橋俊隆先生(札幌市妙覚寺)を講師にお招きし、二講に分けて約三時間の講義を賜った。
第一講は日蓮聖人の親族・家系から始まり、貫名重忠(父)や大野梅菊(母)の家系から、弟子と信者の親族関系を日蓮聖人のご生涯を交えながら説明された。
第二講は日蓮聖人の幼少時から清澄寺入山までのことを、御遺文を紹介しながら、その他の資料も提示されて分かりやすく説明された。また講師先生には講義内容をふまえて、自らの布教実践経験を語られ、我々教師が日常の布教に活かせる方法も紹介された。
講義終了後、参加者からの質疑応答にも丁寧に答えられ閉講した。管内外より約五十名の教師が短い時間ではあったが最後まで熱心に聴講された。

2019年2月16日号

大阪市妙徳寺・日蓮大聖人第七九七年御降誕慶讃大法要

大阪190305a (1)【大阪市】二月十六日(土)午後二時より、妙徳寺(髙木孝裕住職)において日蓮大聖人第七九七年御降誕慶讃大法要を厳修した。
式に先立ち十二時半より大阪日蓮宗青年会の藤吉玄岱師、午後一時より日蓮宗布教師会の渡部智秀師による法話があった。その後、午後一時四〇分より平成三十年度日蓮宗加行所の第再行を成満した丸田英瑞師を水行導師に水行式が行われた。
そして、松井英光宗務所長を導師に管内御寺院方出仕のもと慶讃大法要が執り行われた。式中には髙木龍延修法師会長を修法導師に御宝前修法が行われ、寺庭婦人会(馬場順子会長)による仏讃歌も奉唱された。導師による慶讃文奉読の後、修法師会による大衆法楽も行われた。最後に松井所長より御礼と挨拶が述べられた。挨拶の中で松井所長は「大聖人がお生まれになられた意義を理解し、我々僧侶と檀信徒の皆様が供に御降誕八〇〇年を盛り上げるために御協力をお願いします。」と述べた。終了後には修法師会による特別祈祷も行われた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07