全国の通信記事

2017年7月26日号

大阪市 サマーセミナー『お寺で生活しよう』

大阪市170821 (1)【大阪市】本年も大阪日蓮宗青年会主催サマーセミナーが7月26日(水)~28日(金)の3日間、京都市大本山妙顯寺様で道場生39名の参加のもと、『お寺で生活しよう』のサブテーマに沿って開催された。
1日目は常國寺様に於いて開場式が行われ、電車を乗り継ぎ妙顯寺様に向かった。お寺に着き自己紹介、お勤め練習、田中事務局長からお寺とは大切な教えを守り伝えて行く道場である事を学んだ。その後自我偈の写経を行い、夜にはレクリエーションをして、道場生同士交流を深めた。最後に本堂にて唱題行を行い、1日目の行程を終えた。
2日目は朝勤、朝食後にお寺の掃除を行った。続いて鷲津会員からお釈迦さまや日蓮聖人への感謝、お給仕の大切さを学び、写経の続きをした後、バスでプール施設へ移動し、楽しく遊んだ。夕食後、本堂にて唱題行を行った。夜にお寺全体を使用させて頂き、オリエンテーリング形式で夜の集いを行い、射的等のゲームや肝試しを行い楽しく過ごして、2日目を締めくくった。
3日目は朝勤、朝食、掃除の後に写経を完成させた。続いて福永会員からお寺で学んだ感謝とお給仕の心を普段の生活でも活かし続けていく事がいかに尊い事かを学んだ後、昼食、バスにて常國寺様へ向かった。そして閉場式では、保護者の皆様が見守る中、大きな声で自我偈とお題目をお唱えして、今年のサマーセミナーの幕を閉じた。子供達はお寺で過ごしたという貴重な経験と、感謝の心とお給仕の心を学んだ3日間であった。

2017年6月26日号

大阪市・修法師会研修会で像師曼荼羅学ぶ

大阪市170706 (1) 【大阪市】6月26日(月)午後3時より妙徳寺において、平成29年度修法師会研修会が開催された。今年度は欣心寺御高主 東孝信僧正を講師にお迎えして「像師曼荼羅相伝②~天部を中心として~」の講題で研修が行われた。
今回の研修では、像師様の相傳書の中より御曼荼羅の相傳部分を天部のことを中心として御曼荼羅を一つ一つ分けて細かくとても丁寧に御講義され、約30名の参加者は真剣な面持ちで講師の話に耳を傾け、御曼荼羅の世界観を知ることが我々にとって如何に大事なことか改めて実感した。約2時間という短い時間であったが、非常に有意義な研修会であった。

2017年5月28日号

大阪市 信徒青年会総会

大阪市170609①【大阪市】五月二十八日(日)午後五時より宗務事務所において、松井英光宗務所長・二ノ丸覚立青年会会長臨席のもと、大阪市管区信徒青年会(藤本英一郎会長)の総会が行われた。
昨年度の活動報告・決算報告、今年度の活動計画・予算などが滞りなく議決された。
藤本英一郎会長は、挨拶で「昨年度は、宗務所行事・各御寺院様の行事において、纏を九回させて戴きました。仕事等などで会員が中々出席できない状況ですが、今年度もより多くの機会で振らせて戴きたい。」と述べ、また三原充久副会長は、閉式の辞において「管内のお上人方、お檀家様など様々な方に支えられて活動を継続することが出来ております。中々思うようにいかないこともありますが、今後も会員やお寺と関わりのある方と集まる機会を増やしていきたいと思っております。」と述べられた。
総会終了後には、信徒青年会会員・宗務所長・日青会員等と親睦会も行われた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07