全国の通信記事

2018年5月12日号

大阪市・大東市本妙寺で法灯継承式

大阪市180518 (1)【大阪市】五月十二日(土) 午後二時より、大阪府大東市 長遠山本妙寺において、法燈継承式が執り行われた。
第五十八世 正木貫成前住職より、第五十九世 中村貫慧新住職に払子を託された。中村貫慧新住職は、払子を力強く振り、朗々と奉告文を読み上げ、これからの更なる精進を佛祖三宝に誓った。
この日は晴天に恵まれ、宗務総長に就任された中川法政僧正をはじめ、松井英光宗務所長、全国松ヶ崎法縁縁頭・本山立本寺上田日瑞貫首、奥邨日鳳宗務顧問猊下より祝辞を頂戴し、多くの教師並びに檀信徒に見守られるなか、新住職は「日蓮聖人・本妙寺歴代の先師・仏祖への給仕を怠ることの無いよう勤めてまいります」とお誓いされ、法燈継承式は終始厳かな内に幕を閉じた。式終了後、無事法燈が継承された旨を先師に報告するため、新住職は本妙寺歴代廟を参拝し、記念撮影が行われた。参列された檀信徒の表情は、無事法燈継承を見届けられた安堵と、新住職と共にこれから本妙寺を益々盛り立てることに意欲を持った表情に満ち溢れていた。

2018年5月7日号

京都1 近畿教区檀信徒協議会総会

京一180516a (1)【京都1】5月7日(月)身延より宗祖日蓮大聖人の御真骨を分骨奉安し、同時に身延七面山に勧請されている七面天女と同木同体の霊体を安置している「西身延」と称される京都市左京区本山妙傳寺(野々垣日祐貫首)にて、近畿教区檀信徒協議会総会が開催された。強い雨が降る一日であったが、近畿各管区より代表者が出席した。
総会の前に、本堂にて野々垣日祐貫首導師にて法味言上を行い、妙傳寺執事よ
り本山妙傳寺の縁起について説明された。その後、御真骨を納められている廟堂を拝観した。客殿に移動し、総会が始まり各教区より現況報告が行われ、管区ご
との様々な行事、活動報告が発表された。最後に参加者より宗門に対する忌憚の
ない意見も色々と発表され有意義な総会となった。

2018年3月3日号

大阪市 檀信徒研修会

大阪市180316 (1)hp【大阪市】三月三日(土)大阪社会福祉指導センターに於いて、大阪市宗務所(松井英光所長)主催「檀信徒研修会」が開催され、管内教師・檀信徒約百名が参加した。
研修会では、武田家治檀信徒協議会会長の挨拶に続いて基調講演が行われた。今回は、惠光寺御住職 福島正堯師が「日蓮聖人のご降誕とは」というテーマで約四十五分の講演をされた。福島師は、経文の意味を分かりやすく説明され、日蓮聖人御降誕八〇〇年に向け如何にして信心を深め、信仰の大切さを伝えていかなければならないかを、喩えやユーモアを織り交ぜ説明された。
また、基調講演の後、笹川行恒 教化センター長・村尾泰孝 布教師会会長がパネラーとして登壇し、中村貫慧師がコーディネーター、福島正堯師がアドバイザーとしてパネルディスカッションを行った。
御降誕八〇〇年に向けて我々が常日頃から心がけ、精進していかなければならないことを、聴衆を引き付けわかりやすく話された。参加の檀信徒からもたくさんの質問が寄せられ、あわせて三時間という短い時間であったが、参加者は最後まで熱心に聴講されていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07