全国の通信記事

2019年8月26日号

大阪市 伝法大川施餓鬼

大阪市190902b (2)【大阪市】八月二六日(月)、此花区・正蓮寺において大阪市指定無形民族文化財である伝法大川施餓鬼が営まれた。前夜の二五日には宵施餓鬼が営まれ、本堂で法味言上、唱題行をし、灯明会が行われた。正当の二六日、晴れ渡った空の下、檀信徒が近隣にある春日出商店街よりお寺に向かい唱題行進し、本堂では、大阪日青会の長井康晟師、続いて布教師会の芦田勝康師による法話があり、午後二時から奥邨正道副住職 導師のもと法要が厳修された。管内教師・檀信徒はもとより、多くの来賓が参列の中、稚児による祭文が唱えられた。法要後、立像祖師の御輿が檀信徒等により担ぎ出され、唱題とともに練供養に出発。町中にお題目を響き渡らせながら渡船所へ向かい船に乗り込んだ。導師の乗る御輿船を先頭に、五隻の船が新淀川の中ほどまで進むと、導師が船の舳先に立って散華・経木(水溶性)を流し、各船の参列者もそれにならって経木を流した。参列者は皆合掌し、満ち足りた表情をしていた。

2019年7月24日号

大阪市 サマーセミナー

大阪市190902a (2)【大阪市】大阪日青毎年恒例のサマーセミナーが七月二十四日(水)~二十六日(金)の三日間、和泉市「信太山青少年野外活動センター」で道場生二十七名の参加のもと、『しぜんと合わせる掌』のサブテーマに沿って開催された。
中寺正法寺様に於いて開場式が行われ、その後バスに乗り施設に向かった。子どもたちは三日間の中で、お経練習を常不軽菩薩品の二十四字や焼香の所作中心に練習し、講義では、合掌の由来と意義、常不軽菩薩の紙芝居を交え、仏さまについて学び、全ての人がかけがえのない人であり、敬いの心と感謝の心をもって自然と手を合わせることの大切さを学んだ。また野外炊飯でカレーライス作りやプール遊び、レクリエーションなどを行ない道場生同士で交流を深めた。
三日間を過ごし、施設より中寺正法寺様に向かった。閉場式では、道場生達が三日間で学んできた常不軽菩薩品の二十四字やお題目を大きな声でお唱えし、綺麗で整った焼香所作を行い、その姿を見た保護者の方の中には涙する方もおられた。感動に包まれた閉場式をもって今年度のサマーセミナーは幕を閉じた。今後も子供たちが三日間の様々な体験を通じて学んだ敬いの心と感謝の気持ちを持ち続け、自然と合掌出来るような人になって欲しいと願っている。

2019年6月13日号

大阪市 宗祖高野山御遊学史跡顕彰法要

大阪市190705 (4)hp【大阪市】六月十三日(木)午前十一時半より、高野山の五坊寂静院において大阪市修法師会主催、「第四十一回日蓮大聖人高野山御遊学史跡顕彰法要」が髙木龍延 大阪市修法師会会長導師のもと厳修された。
日蓮聖人が御遊学された当時、この地には妙法蓮華経の五字に因む五つの坊があり、どれもが有力寺院だったとされる。現存するのは寂静院だけだが、日蓮聖人の御尊像の御前にて毎年六月に顕彰法要が執り行われている。しかし、昨年は地震や台風の影響もあり十一月に行われた。今年は、新緑薫る高野山において法要を厳修し、管内外よりの教師・檀信徒の多数参加を戴き、山中に力強い修法とお題目を唱える声が響き渡った。
この顕彰法要は昭和五十年に、大阪市修法師会が寂静院を訪れてより今日に至るまで執り行われており、今日では公式法要となっている。
法要後、寂静院の代務であり西宮 東光寺副住職の松田全弘師より「日本の仏教として、皆で共に手を合わせることは尊くありがたいことであります。」との挨拶をいただいた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07