全国の通信記事

2017年10月12日号

大阪市 宗務所が池上本門寺団参

大阪171020a①【大阪市】十月十二日(木)より二泊三日の行程で大阪市宗務所(松井英光宗務所長)主催の池上団参を行った。
初日は、新大阪に集合し新幹線で横浜へ。中華街で昼食をとった後、バスで池上本門寺に移動した。本門寺では、先ず大堂において御開帳を受け、本殿でご親修を拝聴した。その後、「松涛の間」において菅野日彰猊下より御経頂戴を受けた。夕食後は自由散策で、各々は万灯講の見学や大坊本行寺の参拝等をした。宿泊は朗峰会館の大部屋であったが、散策後は皆すぐに就寝した。二日目は午前六時より大堂に移動し、お会式特別法話を拝聴後、臨滅度時法要に参列した。その後堀之内妙法寺に参拝、祖師堂においてお会式の読経の中ご開帳を受けた。午後からは宿泊する「箱根湯本温泉ホテル河鹿荘」に向かった。河鹿荘では懇親会がもたれ、二日間の慰労とより一層の親睦を深め盛況の内に終えた。最終日、芦ノ湖に寄った後、昼食時に解散式を行い静岡より新幹線で帰阪した。
今回の団参では、初めて池上のお会式に参拝をした檀信徒も多く『臨滅度時の鐘の音や万灯講のすばらしさに感動した』という意見も多数聞かれ、たいへん意義のある団参であった。

2017年10月7日号

大阪市 報恩御会式大法要

大阪市171107 (3)【大阪市】十月七日(土)、大阪市宗務所(松井英光所長)主催の「第七三六回日蓮大聖人御入滅報恩御会式大法要~いのりの集い!~」を妙光寺(佐野貫順住職)において厳修した。
午後十二時半より妙光寺本堂において松井宗務所長宣言のもと開会式が行われ、藤本経尚協議員議長をはじめ、各会会長が式に華を添えた。開会式の後、堂内では寺庭婦人会(馬場順子会長)を中心としたコーラスが捧げられ、境内では社会教化事業協会(藤本経尚会長)による模擬店が設営された。また、コーラスに続いて檀信徒協議会(武田家治会長)による落語会の企画など、未信徒の方々でも気軽に足を運ぶことができる大会が演出された。午後二時、東孝信師(欣心寺住職)による法話があり、その後、信徒青年会(藤本英一郎会長)による纏が奉納された。去年と同じく、大津市本要寺(中紙賢孝住職)・京田辺市法華寺(中紙賢孝代務住職)のお力添えも頂いた。午後三時より、松井宗務所長導師・髙木龍延修法師会長(法見寺住職)修法導師のもと報恩法要と健勝祈願が行われた。
今年はあいにくの雨模様ではあったが、堂内はいのり・笑い・感動の熱気で溢れ、一心に合掌する姿が多くみられた。

2017年9月28日号

大阪市 行学院日朝上人ご尊像造立 鑿入れ式

大阪市171128 (1)【大阪市】日蓮宗雲雷寺(大阪市中央区中寺、伊丹瑞栄住職)では、平成29年9月28日(木)午後2時より 平安仏所にて「行学院日朝上人ご尊像 鑿入れ式」を勤修した。
日朝上人と雲雷寺との関係は、行学院日朝上人(身延山11世)のお弟子である圓教院日意上人(身延山12世)が京都市東山二条に本山妙傳寺を開かれ、その第12世が雲雷院日寶上人で、時の豪商加島屋作兵衞と協力して浪速の地に雲雷寺を開き、同時に日朝上人をお祀りする「日朝堂」も建立されました。
このたびの行学院日朝上人ご尊像造立は、本年6月初旬に伊丹暁弥(サトミ)坊守が不思議な夢を見たことから始まったという。
その夢の内容は、「地道の山坂を登っていると、割烹着を着た大勢のご婦人方が何かを作っているところに遭遇した。その坂の上の方からお題目を唱える声がしていたので、そのご婦人方にご住職にお会いしたいと申し出ると、今はお会いすることが出来ないと言われ、そうこうしていると、お題目が聞こえる方から小さな子供の手を引いた女性が下りて来られたので、再度、お会いしたいと尋ねると、今はお会いすることが出来ないとの返答があった。そして暫くして『日朝』という名前が目の前に現れ目が覚めた」というもの。
その夢を聞いた痛み住職は想いを巡らしていく内に次のような想いに至ったそうです。
つまり『日朝』とは身延山第11世の行学院日朝上人で、学業成就、眼病守護の守護神である。大阪雲雷寺は昭和20年3月14日未明の大阪大空襲で山門を残して全山焼失し終戦、それから先々代瑞牙院日光上人、先代瑞光院日章上人(現本山本満寺貫首)と戦後復興に長い年月を掛け、平成11年の法灯継承後も当山の整備に力を注いできたが、思い起こせば唯一復興されていないのが日朝上人をお祀りしていた『日朝堂』であることに気が付かれたそうです。お堂の再建は現実には難しいので、せめてご尊像だけでも復興しなければならないとの想いに至り、それを教えて頂いたのがその夢であると感得致しました。
雲雷寺の現山門前には、大正7年2月、施主 木村日嘉様建立の碑があり、『身延山分體 眼病御守護 日朝上人安置』と記されているが、ご尊像は焼失しそれに替わるご神体として古いお札をお祀りしている。
身延山にある日朝上人ご廟所の覚林坊様は、まさに夢の如き坂道にあり、当山においても戦前ご命日の25日には大勢の参詣者があり、また、婦人会の方々が目薬を作っていたと聞いております。今はお会いすることが出来ないというのは、そのご尊像にお目に掛かることが出来ないという暗示では無いかと・・・そして、この事業によって戦後復興が完結するものとも考え、ご縁のある京都平安仏所・江里康慧仏師に覚林坊までご同行頂き、そのご尊像を詳細に見て頂き、そのままの寸法で造って頂くことに内定し、法主猊下にも内々にご報告して参りました。
住職のコメント
6月初旬の夢告(?)より、急展開で今日の日を迎えることとなった、
夢告より、茨城県在住の雲雷寺開基檀越加島屋作兵衛の関係者より、
御霊御膳(?)二膳の寄付があり、一つはお祖師様用に、もう一つは日朝上人用にと感じた。
また、日朝上人御真筆の大曼荼羅御本尊を入手する事となったり、不思議なことの連続である。
学業成就と眼病守護の日朝上人の御尊像を迎えるにあたり
現代の子供達の状況を考えるに、学業に専念したり、パソコンやスマホ、ゲームなどにより目を悪くしたりと、
また、年配の方々の眼病守護の守護神としても崇められるのでは無いだろうか。
御尊像完成は明年8月末、開眼式は秋から初冬に掛けて行う予定です。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07