全国の通信記事

2018年2月21日号

大阪和泉 佐々木宏介師帰山奉告式

和泉180228佐々木宏介師 (1)hp【大阪和泉】参行を成満した佐々木宏介師の帰山奉告式が2月21日、自坊の堺市妙法寺で営まれ、多くの檀信徒と有縁の方々が佐々木師の成満を祝った。6名の行僧の出仕のもと、行列、水行の後、奉告式に先立ち和讃の奉納が行われ、佐々木師の今回の修行を労うように団扇太鼓と和讃会の方々の唱声が堂内を包んだ。
たくさんの大黒天が祀られた御宝前で力強い読経、そして奉告文が読み上げられた。
佐々木師は謝辞の中で「今回の参行にあたり有縁の方々に対して今まで感謝しきれなかった恩を大黒様のお力を頂戴しながら、荒行の功徳と福の力を感謝の気持ちにのせて皆様にお渡しすることが出来ればと考えています。」と述べた。

2017年12月18日号

大阪和泉 北村日照上人本葬儀

和泉171227 (2)hp【大阪和泉】11月8日遷化なされた櫛笥寺第45世北村日照(一妙院日照)上人の本葬儀が12月18日ホテルリバティプラザで執り行われた。京都の本山本法寺瀬川日照貫首を導師に迎え、法縁・管内有縁の僧侶並びに保護司・社協関係、警察関係、多くの会葬者が参列した。
北村日照上人は昭和28年に櫛笥寺住職承認、昭和40年には念願の本堂・庫裡を再建し、平成25年には櫛笥寺創立520年記念納骨塔建立した。
宗内では和泉宗務所長二期、専任布教師、常任布教師、近畿教区副教区長、和泉社会教化事業協会会長、近畿社会教化事業協会代表者会会長、和泉宗務所協議員議長など数多くの責務を務め、700遠忌には宗務所長として陣頭指揮をとり、和泉管内寺院総出仕の元、小沙弥法要を厳修した。宗外では堺市仏教会会長、大阪府仏教会副会長や法務省保護司近畿地方保護司連盟会長、全国保護司連盟副会長を務めた。長年の保護司の活動により国から藍綬褒賞、勲五等瑞宝章を賜り、また青少年問題や犯罪被害者支援、安全な町づくりにも力を注いだ。その他警察の少年補導員、防犯協議会等、様々な重責をつとめ、社会に貢献した。
その功績から日蓮宗綜合財団賞、日蓮宗一級法功賞、法務大臣表彰、警察庁長官栄誉金賞表彰、堺市功績者表彰、本葬儀には従六位を賜るなど、その他数々の感謝表彰を受けた。

2017年8月25日号

大阪和泉 堺市妙光寺で29世笹谷修身上人の本葬儀

和泉170831【大阪和泉】堺市妙光寺で8月25日(金)11時より、同寺29世笹谷修身(常覚院日修)上人の本葬儀が当山正干与 小野好文師(妙泉寺住職)を導師に執り行われ、法縁・管内有縁の僧侶並びに檀信徒200人が参列した。
笹谷修身上人は昭和20年堺市に生を受け、昭和34年に出家得度、昭和43年に立正大学を卒業するや、まず師範と同じく教育界に身を投じ堺市の小学校で20有余年教鞭を奮われた。その後師範上人が高齢にて法務ままならずなるや、平成元年義弘山妙光寺第29世の法燈を継承された。宗内に於いては、宗務所会計、社会事業協会会長の任を務められ、宗外に於いては、堺市仏教会理事、堺市人権教育推進協議会宗教部会常任委員、少林寺校区農人地区青少年指導員を務められ、また平成12年からは民生児童委員を務め、広く社会に貢献された。
8月6日遷化、世壽73歳であった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07