全国の通信記事

2020年11月22日号

大阪三島 島本町妙本寺で法灯継承式

三島201125 (2)hp【大阪三島】11月22日(日)島本町妙本寺(脇田義成住職)にて快晴の中、36世脇田寿久師から37世脇田義成師への法灯継承式が執り行われた。新しい生活様式を踏まえ、参列は代表者のみとなった。
新住職である義成師は、御降誕800年記念慶讃事業である本堂屋根葺き替えやクスノキの伐採工事の円成を報告し、「大変な時代だが、全身全霊でお題目布教に努めたい。」と決意を述べた。
前住職である寿久師は参列者に対し、「新住職にも引き続き変わらぬ応援協力をお願いします。」と述べた。
式の最後には歴代廟へ参詣し、歴代各聖に対し住職交代を奉告した。

2020年9月16日号

大坂三島 檀信徒のつどい

三島201012②hp【大阪三島】大阪府三島宗務所(阪田兼光所長)は、9月16日(水)大阪府堺市の妙國寺で「檀信徒のつどい」を開催した。参加者は、教師檀信徒合わせて43人。
本来3月に行っていた檀信徒のつどいですが、今回コロナ禍で延期していたのをこの度行った。檀信徒からの「行きたい」という要望等があり実施した。
コロナ対策として、参加人数の縮小と法要の際、式衆や檀信徒の座席の間隔をあけ、マスク及びマウスシールドの着用を義務付けて行った。
今回の法要主旨として、堺大空襲七十五年追善並びに立正安国・世界平和記念での法要を行った。法要では、笙と龍笛を使って雅楽の演奏も取り入れた。法要後、妙国寺住職の岡部日聡猊下に妙国寺の縁起の説明をして頂いた。檀信徒から「法要の雅楽がよかった。」や「妙国寺の成り立ちがわかりすごくよかった。」との感想が聞かれた。この後、昼食でもコロナ対策として、いくつかのグループに別れて間隔をあけて食事をとった。マスクも食べている時は、外していいが、食事が終わったら着けてもらった。

2020年7月21日号

大阪三島 修法師会主催で読誦会

三島200727 (2)【大阪三島】7月21日(火)高槻市本行寺(山口貴大住職)にて修法師会(同会長)主催で読誦会を厳修した。参加者は会員5名と非会員1名。
「新しい生活様式」を踏まえ、参加者それぞれの見台の前には衝立が設けられ、読経唱題と修法により、新型コロナウイルスの早期終息を祈念した。
山口会長は「このような状況の中でも出来ることはある。祈りは必ず通じる。」と述べ、今後も読誦会を継続していく旨を語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07