全国の通信記事

2022年7月31日号

大阪和泉 河内長野市妙長寺の駐車場完成

SONY DSC【大阪和泉】河内長野市の妙長寺で7月31日、新盆施餓鬼会が営まれ、大勢の檀信徒が参列した。同寺では日蓮聖人降誕800年の記念事業として約50台の車が停められる約500坪の露天駐車場が完成させ、この日から本格運用が始まった。吉村常妙住職は「コロナ禍の苦しい中でも檀信徒の皆さまの篤い信仰の心による浄財を寄せていただき、無事円成することができました。ひとえに、檀信徒の皆さまの尊い祈りが仏祖三宝・諸天善神のもとに届き、ご加護を賜った結果であると、ただただ感謝するばかりです」と述べた。

2022年5月14日号

大阪三島 茨木市妙徳寺本堂新築地鎮式

三島220519③hp【大阪三島】茨木市妙徳寺(三浦惠廣住職)では、5月14日本堂新築地鎮式が行われた。
平成30年6月18日に発生した大阪北部地震で、山門倒壊という大きな被害を被った妙徳寺では、境内建物の耐震検査を行った結果、震度5程度の地震が起こった場合、建物の安全性が保てないことが判明し、本堂の耐震化を行うか解体し新築するか、総代を中心とした会議を重ねた結果、参拝者に少しであっても不安を感じさせないようにするためには建て替えが最善と決定。直ちに、建設委員会が発足された。
地鎮式は、住職を導師に有縁の修法師が出仕し、日蓮宗の伝統的な四十九院法による安全祈願が行われた。
最後の挨拶で、三浦住職は、感染症や戦争と暗いニュースが続く毎日だが、この新築が少しでも明るいニュースとなって、将来子ども達が集まれる道場になれるように精進を重ねたいと抱負を述べられた。

2022年3月26日号

大阪三島 佐渡島霊跡参拝

三島220329②【大阪三島】大阪府三島宗務所(阪田兼光所長)は3月26日(土)~28日(月)に佐渡島霊跡参拝を行った。参加者は僧俗合わせて30名。今年は法開顕の書である如来滅後後五百歳始観心本尊抄の御述作750年の記念の年のため佐渡島の三本山への参詣を行った。

初日は新幹線やジェットフォイルに乗り継ぎ移動の1日となった。

2日目は月氏国へと御相貌を向けられている佐渡日蓮聖人大銅像に参詣、その後、阿仏房日得上人御屋敷を起源とする本山妙宣寺、聖人の赦免が伝わる矢島・経島、人開顕の書である開目抄御述作の本山根本寺へと参詣した。

3日目は残念ながら昨年12月6日に4棟を焼失された本山妙照寺へと参詣し、今回参加が叶わなかった各寺院や檀信徒からの見舞いも含め早期の復興を祈念した。

参加者からは3本山への参詣が叶い、一生の記念になったとの声が寄せられた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07