全国の通信記事

2019年11月17日号

大阪三島 西国街道に大玄題旗

三島191125 (1)【大阪三島】令和元年11月17日、妙本寺(脇田義成住職)に於いて御降誕八百年報恩事業の一つとして、本法寺第六十世湯川日淳猊下の玄題旗を西国街道沿いに掲げた。妙本寺では前住職脇田寿久師が平成3年6月22日より、御開山教行院日禅上人の御命日に因み毎月22日に湯川猊下最後の直弟子であられる京都教行院御山主西本泰然師のご指導のもと唱題行を続けてきた。妙本寺の本堂には東京釈迦本寺のご信者小林 弘、住枝夫妻が奉納された湯川猊下の玄題旗があり、一人でも多くの人々に触れるように発願し、この度住職交代の最初のご法務として脇田義成新住職が檀信徒に呼びかけ、高さ8mのポールに湯川猊下の6mの玄題旗が完成した。近隣の人たちから見上げるほどの高さの玄題旗に早速話題になっていた。脇田住職は地域の人々、西国街道を通る全ての人々がお題目の功徳を得、世界平和、交通安全、心の安穏な日常生活をお祈りしていると語った。

2019年11月9日号

大阪三島 乾性寺ぼさつ道場

三島191121 (1)【大阪三島】加賀山乾性寺(阪田祐光住職)は11月9日(土)より乾性寺ぼさつ道場を一泊二日で開催した。参加者は4人。
内容は、阪田住職の法話「死後の世界―地獄絵図を見る(十王と因果応報)」や、同寺にて10日に厳修される御会式への出仕を目的として、開経偈、方便品、自我偈、切散華などの習礼。また、夜間、本堂に於いて、照明を点けず、ろうそくの明かりのみで唱題行を行った。
翌、御会式当日には、参加者とともに厳修し、檀信徒と一緒に宗祖の七百三十八遠忌を偲んだ。
阪田住職は「今後も継続的に乾性寺ぼさつ道場を続けていきたい。」と述べた。

2019年10月31日号

大阪三島 芥川水難事故慰霊祭

三島191105 (3)【大阪三島】大阪府三島修法師会(山口貴大会長)は10月31日(木)14時より、芥川水難事故慰霊祭を開催した。
14時より、9月7日(土)に4人が死亡する事故が発生した芥川において行脚を行った。参加者は5人。芥川の河川敷を行脚し、事故現場である同地において修法を行い、芥川の鎮静祈願と物故者の追善回向を行った。通行人の中には、遠くから手を合わせ物故者へ祈りをささげている姿も見られた。
その後、16時より本行寺(同会長住職)において読誦行を行った。参加者は9人。同慰霊祭の企画中に台風19号が起こったことにより、芥川水難事故並びに台風19号で被災された物故者の追善回向と復興祈願を行った。また、青年会員も参加し、総要品と前後に寿量品3巻を読誦した。
また、会長は「今後、会員以外の様々な意見を積極的に取り入れていきたい。」と述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07