全国の通信記事

2017年7月28日号

兵庫西 夏期修養道場

兵西170731①だるまさんが【兵庫西】7月28日~29日の1泊2日で青年会(兼子圓昌会長)は毎年恒例の小中学生のための夏期修養道場を行った。今回の会場は、たつの市常照寺(谷口慈修住職)で、スタッフとして、会員・ボランティア約20名、小中学生31名が参加。お経練習、唱題行、仏具体験、仏教の話を通して、我慢する心や仏事の大切さを学び、念珠ブレスレット作り、町の散策、バーベキューや花火等楽しい体験の中で、仲間の大切さや、思いやる心を培った。終了式の法要では、練習したうちわ太鼓を叩きながら大きな声でお唱えするお題目の声を仏祖三宝へ捧げ、無事終了の報告とした。保護者は「終了式で、大きな声でお経を読み、うちわ太鼓を叩く子供達の姿に感動した。また、来年も参加させたい。」と語った。

2017年5月29日号

兵庫西・身延山久遠寺総登詣団参

兵西170621 (7)【兵庫西】兵庫県西部宗務所(安積尚志所長)主催、身延山久遠寺総登詣団参が5月29日から31日で、管内教師・寺庭婦人・檀信徒計116人参加して行われた。
29日午後4時30分姫路より身延山に到着し、御廟所入り口で隊列を組み、団扇太鼓を叩きお題目を唱え行脚をし、拝殿まで進み和讃・法味言上をした。
30日5時30分本山朝勤・祖師堂・仏殿参拝し、朝食後に輪番奉仕委嘱式を受け、祖山総登詣輪番法要を大本堂に於いて、安積所長導師のもと和讃・修法を取り入れて法要が行われた。法要後、森勝亮上人が法話をされ、祖師堂御開帳・御真骨堂内拝して、本山の参拝を終えた。
31日は各地名所を見学して姫路に帰着した。
参加者の感想では、牛尾富造檀信協会長は「参加者116名の力が結集した参拝・法要を勤め、私個人に於いては法要前に大本堂の御宝前で、代表として『お誓いの言葉』を述べることができ、今まで信仰してきた法華経の御縁を感じ、とても感動感激いたしました。この結集の力・御縁をさらに大きくし、弘げて行けるように皆で一丸となり活動して行きたい」、さらに「御廟所・大本堂に於いて、和讃奉詠ができ、感動し今まで練習してきた成果が実りました」、「御廟所で団扇太鼓を叩いて、お題目を唱えて歩いた時は、体の内より力が込み上げて、清々しい気持ちになりました」、「他寺院の檀家の方と交流が出来てとても良かったです。魅力的なお上人さんばかりでとても楽しかったです。またこのような機会があれば参加したい」といった意見があり、参加の檀信徒はさらに信行と御縁を深められた。

2017年4月14日号

兵庫西 交通安全祈願祭

兵西170417b (1)【兵庫西】4月14日、神埼郡福崎町にある交通安全物故者慰霊塔で、修法師会(花房英俊会長)は、交通安全祈願祭・交通事故物故者慰霊祭を、僧俗40名が参加し、約1時間行った。これは、毎年、神埼郡町村会、福崎警察署・交通安全協会、各町役場職員関係者と共に営んでいる行事である。法要後の挨拶で、山名宗悟町村会会長は「交通事故で亡くなった方々の冥福を心から祈った。だろう運転は事故につながので、止まる、待つ、見るを日々心がけることが大切。この積み重ねが事故0を実現することを再確認する法要だった。」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07