全国の通信記事

2020年1月12日号

兵庫西 姫路市善随寺本堂の上棟式

兵西200114⑥【兵庫西】1月12日姫路市善随寺にて本堂の上棟式と上棟工匠式が執り行われ、関係僧侶、大工職人、檀信徒など約100名が参列した。
午前10時30分より上棟式法要が営まれ、後藤惠ユウ(右に隹)住職が導師を勤める中、読経、加持祈祷、お題目を捧げた。次に上棟工匠式が行われ、後藤住職より大工職人へ破魔弓や槌等が渡された。東西南北の柱を固め、空と大地へ弓が放たれた。その後、参列者により曳き綱で棟木を屋根に曳き揚げ、曳揚げの際にはエイ、エイ、エイ!と声が上がった。
式典終了後、総代である宗行恭義氏より「これまでの道程は大変なものだったが、お参りに来てくれた人の喜んだ姿を見られて大変嬉しい。」と述べられた。
後藤惠ユウ(右に隹)住職は「20年前より考えていた本堂建て替えの思いが叶った。このようにして今日を迎えられるというのは、檀信徒の理解と協力、そして皆を引っ張ってくれた総代の宗行恭義氏のお陰だ。」と語った。
お参りに来られた方は「このような式典は初めてだ」「感動した」「今日のような伝統行事がいつまでも残って欲しい」と喜んで帰られていた。
本堂完成予定は来年3月の予定です。

2019年12月15日号

兵庫西・檀信徒リーダー研修会

兵西191220②【兵庫西】12月15日に兵庫西部檀信徒リーダー研修会が花の北サービスセンターにて行われた。僧侶7名檀信徒27名が参加した。講師には布教師会の森勝亮師を迎え「数珠と塔婆とお墓について」の法話を行い、これからのお参りの大切さについて説いた。この法話に対し参加者は真剣に耳を傾け先祖に対して拝む尊さや合掌の大切さへの理解を深めた。終了後、松本昭仁会長より講師への感謝を述べ閉会となった。

2019年11月6日号

兵庫西 日蓮宗の法話を聞く会

兵西191121 (1)hp【兵庫西】布教師会(森勝亮会長)は11月6日、姫路市御着法華寺(日野学哉住職)において日蓮宗の法話を聞く会を開催し、30数名が聴聞に訪れた。布教師会では従来会員のみで法話の勉強会を行ってきたが、立正安国お題目結縁運動「結実活動」の一環として檀信徒未信徒を問わず広く日蓮宗の法話を聞いてもらい、さらに会員のスキルアップに繋げたいとの思いから本年度より始まった企画である。今回は第1回目として、前布教師会長の井本学明師(赤穂市妙典寺住職)が「拝みあう心」と題し但行礼拝の大切さを説かれた。
初めて法話を聞いた未信徒の一人は、「人へのほどこしは自分へのほどこし、という言葉が深く心に残り、目に見えないものの大切さを教えられた。日常生活では聞くことのない話でありがたかった」と語った。次回は明年2月6日、姫路市五軒邸法華寺(森会長自坊)にて行われる。どなたでも参加自由・無料。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07