全国の通信記事

2018年10月27日号

兵庫東 清光霊神社殿落成披露式

兵東181119 (3)【兵庫東】10月27日、神戸市行守寺(清水教信住職)で、清光霊神社殿落成披露式が行われ、檀信徒50人がお祝いに駆け付けた。清光霊神は先代住職清水日實上人が加行所第五行修行中に『我を土地の守護神として祀り給え』と霊示を受け、成満後に同寺境内に社殿を建設し勧請した。ところが、近年阪神大震災や台風の被害により社殿が倒壊し、御神体を本堂に移してお祀りしていた。
今回、総御影石による風雨や災害に強い社殿を再建し、併せて境内の大規模な整備を行った。清水住職は『このお寺の土地は、邪馬台国があったころの豪族の遺跡だった。社殿と境内の再建事業によって、お参りいただく皆様がその英霊と清光霊神様から御守護をいただいていると感じていただければ』と挨拶し、檀信徒からも歓喜の声が上がった。

2018年7月26日号

兵庫東 第30回蓮の実道場

兵東180829 (1)【兵庫東】第三十回目となる蓮の実道場七月二十六日~二十八日に兵庫東部青年会(安達瑞功会長)主催により開催された。会場寺院を神戸市灘区醍醐寺(住職都倉隆祥上人)、宿泊を加古川市OAAはりまハイツに移し参加者二十三名が三日間修行体験をした。お経練習、仏前作法等初めての参加者も半数程でしたが大きな声でお経を読み、きれいな所作が皆できていた。レクリエーションとしてプールに行ったり花火をした。
今年は猛暑で皆の体調も心配されたが誰ひとり体調を崩すことなく三日間、無事に終えることが出来た。
修了式では三日間で少しでも成長した姿を見せようとする道場生の姿が素晴らしく微笑ましいものでした。また、来年も参加したいという声もたくさん上がり充実した三日間であったと思う。

2018年7月4日号

兵庫東 岡田一慶師の法灯継承式

兵東180709 (3)【兵庫東】丹波市法泉院で7月4日、第25世岡田一慶師の法灯継承式が行われ、多数の僧侶・檀信徒が集まった。
式では、前住職の武田隆遠師から払子が継承され、岡田新住職が初めて登礼盤して法要が勤修された。
岡田新住職は謝辞で、『たくさんの方からのご縁と御支援を頂きましたおかげで、法泉院の住職になることができました。今はただ、感謝の気持ちしかございません。これからはこの丹波の地に腰を据えて、お寺を盛り上げていきたい。』と、決意を表明した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07