全国の通信記事

2019年10月26日号

兵庫北 豊岡市本高寺に第41世宮﨑英朋師入寺

兵北191111 (2)【兵庫北】10月26日、豊岡市本高寺で第40世宮﨑英一師から第41世宮﨑英朋師への法灯継承式が営まれ、僧侶・檀信徒合わせて約200名が参列した。
退寺された宮﨑英一師は、第39世宮﨑英修先生が立正・身延山大学に奉職中に副住職となり、住職就任期間と合わせて約40数年にわたってお寺を護持され、その間、庫裡新築・本堂改修等寺観を一新する事業を行われ、境内・墓地の整備など寺勢の発展と檀信徒の教化に尽力され、また、永年にわたって管区の宗務所長等、要職を歴任された。そして昨年には京都本山妙覺寺第86世に晋山されている。
入寺された、宮﨑英朋師は、式後「檀信徒・皆様のお力で本日の式典が迎えられたことに、心中より感謝いたします。今後は、お寺を護持すると共に檀信徒の皆様が益々信行に励まれますよう精進してまいります」と謝辞を述べられた。

2019年10月6日号

兵庫北・但馬信行会

兵北191008 (3)【兵庫北】宗務所主催の但馬信行会が10月6日、新温泉町栄福寺で開催され、檀信徒ら170人が参加した。法要、「ご縁に感謝して」と題した佐竹英文師の法話、寺庭婦人会の宗歌・仏讃歌・和讃、宮﨑英朋師導師による唱題行が行われた。佐竹師は、落語の演目「持参金」を独自にアレンジして、お題目・法華経とのご縁は、身近なところで巡り廻っており、そのご縁に感謝して信行する大切さを説明した。参加者は、時には笑い、時には涙をぬぐいながら話しを聞いていた。

2019年7月24日号

兵庫北 第36回少年少女修養道場

兵北190816⑤【兵庫北】7月24・25日、兵庫県豊岡市勝妙寺に於いて、但馬日蓮宗青年会主催による第36回少年少女修養道場が開催され、スタッフを含め37名が参加した。
開催初日は、10時から開校式が行われ、その後、唱題行・読経練習を行い、昼食をはさんで写経・作務行・プールなどの日程をこなし、夕方に宿泊先に移動して夏休みの宿題・研修、そして夕食後にリクレーションなどを行い、入浴して9時に就寝した。
翌二日目は、起床後ラジオ体操・朝勤・朝食後、植村直己記念館に移動して自然研修研修、そして、お寺に移動して修養道場の感想文を書き、昼食(そうめん流し)後に閉校式を行って参加者に修了証を手渡し、解散した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07