全国の通信記事

2022年5月22日号

兵庫北 寺院檀信徒協議会合同総会

兵北220523②【兵庫北】令和4年度兵庫県北部寺院檀信徒協議会合同総会開催された。5月22日午前10時より同寺本堂にて法味言上後38人が出席し、昨年度の会計報告・事業報告、並びに今年度の会計予算・事業計画などを約1時間半にわたって審議し、12時前に閉会した。

2022年4月29日号

兵庫北 第53回護法大会開催

兵北220502③【兵庫北】宗務所主催の第53回護法大会が4月29日、豊岡市立光寺を会場にコロナ渦の延期により3年ぶりに開催され、各地より僧侶と檀信徒合わせて160人が参加し、「いのちの彩り ~お題目とともに~」と題して熊本県玉名郡長州長日感寺副住職塩田和香師の高座説教、法要、寺庭婦人会による宗歌・仏讃歌・和讃の奉唱が行われた。

塩田師の高座説教では、美空ひばりが数年の内に三人の家族を亡くして落胆し、その寂しさから酒に溺れる中、「自分の歌がたくさんの人達の命を救っている」ことを菩提寺住職の教化によって悟り、その後お題目の信仰を持って酒を断ち、持病の肝硬変と闘い自分の命と向き合いながら歌手活動を続けた話しをされた。また、日蓮聖人の『上野殿御返事』の「そもそも今の時、法華経を信ずる人あり。或あるいは火のごとく信ずる人もあり。或は水のごとく信ずる人もあり。聴聞する時は燃立つばかりおもえども、とおざかりぬれば、すつる心あり。水のごとくと申すは、いつもたいせず信ずるなり。此はいかなる時も、つねはたいせず、とわせ給えば、水のごとく信ぜさせ給えるか。とうとしとうとし」の御遺文を引用して、燃えさかる炎ではなく、少しの水が流れるがごとくどんな苦難にも向き合って日々粛々と法華経を読み、お題目を唱えることの継続の大切さを、美空ひばりの『川の流れのように』独唱して、その歌詞の内容でさらに説明された。

聴聞した参加者は、女性教師による柔らかな語り口の高座説教に聞き入っていた。

2021年11月27日号

兵庫北 歳末助け合い唱題行進

兵北211130③【兵庫北】宗務所主催、豊岡市本住寺(法華宗)協賛の歳末助け合い唱題行進が11月27日、同市城崎町で開催された。

午後2時、僧侶・壇信徒合わせて24名が、本住寺で一読後出発し、約1時間半にわたって、城崎温泉街を、うちわ太鼓を叩きながらお題目を唱えて行脚した。この日は29,100円の浄財が集まり、豊岡市社会福祉協議会の善意銀行に預託された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07