全国の通信記事

2017年6月11日号

京都2 第25回宗徒1日研修道場

京二170626 (1)【京都2】宗務所(宮武一龍所長)と檀信徒協議会(向井義昶会長)主催による第25回宗徒1日研修道場が、6月11日宮津市本妙寺(髙野 賢義住職)において開催され、管内教師・檀信徒あわせて約70名が参加した。
髙野住職導師のもと法味言上にて開会し、午前の部では管内教師を講師に檀信徒に向けた法華経講義、お経練習、仏事一般の講義が行われた。参加した檀信徒はお経の内容や、読み方など熱心に講義を受けていた。
午後の部では太鼓の打ち方、御遺文講義、唱題行が行われた。
お題目を2本バチで練習し、御遺文講義では女性への手紙を学び、唱題行では心を落ち着かせ一心にお題目をお唱えした。
最後に宗務所長の挨拶とお題目3唱にて幕を閉じた。
檀信徒からは「他の檀信徒とも交流ができ充実した1日だった」「日頃お唱えしているお経の意味が分かり有意義な時間を過ごすことが出来た」との感想を持たれた。
この研修は管区・菩提寺での檀信徒リーダーを養成することを目的としており参加した檀信徒には各寺院に戻って学んだことを多くの檀信徒と共有し弘めていってもらいたい。

2017年4月23日号

京都2 舞鶴市本告寺法燈継承式

京二170502 (2)【京都2】舞鶴市本告寺にて、第三世村尾観要師から第四世村尾顕慈師への法燈継承式が営まれ、僧侶檀信徒約80名が参列した。
50年にわたって住職を務められた村尾観要師は庫裏の新築、観音像建立、多宝塔建立、墓地の造成、境内地の整備と入寺以来本告寺の護持発展の為多くの事業を円成され寺観を一新された。
新住職となる村尾顕慈師は奉告文の中で、仏祖三宝への奉告と共に、師僧への感謝を申し上げ、「不惜身命の覚悟をもってお題目を一人でも多くの人に弘める」と、力強く述べられた。
また謝辞においては、来賓寺院檀信徒にたいし深く感謝御礼を申し上げられ、胸が熱くなり言葉をつまらせる場面もあり、感動に包まれる中、厳粛にかつ盛大に法要が執り行われた。

2017年2月24日号

帰山式 初行・厚海龍仁師

京2170307厚海龍仁師 (3)【京都2】初行を成満した厚海龍仁師の帰山報告式が2月24日、宮津市中野妙立寺(厚海経信住職)で行われ僧侶、檀信徒約60人が参列した。
万灯を先頭に4人の同行僧、檀信徒と共に行列の後、本堂で一読し、水行、そして本堂で報告式が行われ有村友伸修法師会長から許証、宮武一龍宗務所長から任命を受けた。
厚海龍仁師は謝辞のなかで涙を堪えながら、「支えて下さった皆様に感謝し、これからも精進していきたい」と力強く述べた。厳しい行を修した声で奉告文を読み上げる姿と謝辞の言葉に檀信徒はうなずき、感銘を受けた様子であった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07