全国の通信記事

2019年6月23日号

京都2 第27回宗徒1日研修道場

京二190626 (3)hp【京都2】宗務所(髙野寛義所長)と檀信徒協議会(向井義昶会長)主催による第27回宗徒1日研修道場が、6月23日丹後町妙源寺(厚海 経信住職)において開催され、管内教師・檀信徒あわせて約75名が参加した。
厚海住職導師のもと法味言上にて開会し、午前の部では管内教師を講師に檀信徒に向けた法華経講義、お経練習の講義が行われた。法華経講義では常不軽菩薩品の24字の意味を檀信徒は熱心に聞き、お経練習では大きな声で読み方などを学んだ。
午後の部では太鼓の打ち方、御遺文講義、仏事一般、唱題行が行われた。
苦戦しながらもお題目を慣れない2本バチで練習し、御遺文講義では日蓮聖人の知恩報恩を学び、仏事一般では仏壇の飾り方や、給仕の仕方を学んだ。最後の唱題行では心を落ち着かせ唱えるお題目は心に響くものであった。
最後に本日の反省会、宗務所長の挨拶とお題目3唱にて幕を閉じた。
檀信徒からは「ぜひ若い人にも参加してもらいたい」「お経の内容をもっとしりたい」などの前向きな感想があった。この研修で学んだことを各寺院に戻り、多くの檀信徒に弘めていってもらいたい。

2019年2月19日号

京都2 村岡錬孝師帰山式

京二190301村岡師 (1)【京都2】村岡錬孝師の初行成満帰山報告式が、2月19日宮津市正音寺(村岡錬潮住職)で行われた。
行僧4人と共に行列、水行、奉告式が行われ「行堂で辛い時、一番に思い浮かんだのは、この丹後宮津と檀信徒の皆様でした。これから皆様とたくさんのお経を唱えていきたい。」と感謝の気持ち・決意を述べた。

2018年8月18日号

京都2 第32回修養道場

京二180822 (4)【京都2】8月18日~19日の1泊2日で京丹後市丹後町の妙源寺(厚海経信住職)に於いて〔京二〕宗務所主催、〔京二〕青年会(木村朋寛会長)並びに妙源寺護法青年会(井上 馨会長)共催の第32回修養道場が『「ありがとう」でつなごう心の絆』をテーマに「思いやりの心を高めよう」をサブテーマに開催され、小中学生27名が参加した。
子供たちはお寺で唱題行や写経、法話、お経を体験し、一生懸命に声をだし、話を聞き、正座をしていた。レクレーションでは数珠作り、海水浴やスイカ割りバーベキュー、花火をして短い時間の中で初めて参加する子も仲良くなり、高学年がみんなをまとめ充実した楽しい時間を過ごした。
最後には子供たち1人ずつ「ありがとう」と感じたことを発表してもらい、『楽しい時間を作ってくれてありがとう』など、親、友達、お手伝いの方などにありがとうの気持ちを伝えた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07