全国の通信記事

2017年4月23日号

京都2 舞鶴市本告寺法燈継承式

京二170502 (2)【京都2】舞鶴市本告寺にて、第三世村尾観要師から第四世村尾顕慈師への法燈継承式が営まれ、僧侶檀信徒約80名が参列した。
50年にわたって住職を務められた村尾観要師は庫裏の新築、観音像建立、多宝塔建立、墓地の造成、境内地の整備と入寺以来本告寺の護持発展の為多くの事業を円成され寺観を一新された。
新住職となる村尾顕慈師は奉告文の中で、仏祖三宝への奉告と共に、師僧への感謝を申し上げ、「不惜身命の覚悟をもってお題目を一人でも多くの人に弘める」と、力強く述べられた。
また謝辞においては、来賓寺院檀信徒にたいし深く感謝御礼を申し上げられ、胸が熱くなり言葉をつまらせる場面もあり、感動に包まれる中、厳粛にかつ盛大に法要が執り行われた。

2017年2月24日号

帰山式 初行・厚海龍仁師

京2170307厚海龍仁師 (3)【京都2】初行を成満した厚海龍仁師の帰山報告式が2月24日、宮津市中野妙立寺(厚海経信住職)で行われ僧侶、檀信徒約60人が参列した。
万灯を先頭に4人の同行僧、檀信徒と共に行列の後、本堂で一読し、水行、そして本堂で報告式が行われ有村友伸修法師会長から許証、宮武一龍宗務所長から任命を受けた。
厚海龍仁師は謝辞のなかで涙を堪えながら、「支えて下さった皆様に感謝し、これからも精進していきたい」と力強く述べた。厳しい行を修した声で奉告文を読み上げる姿と謝辞の言葉に檀信徒はうなずき、感銘を受けた様子であった。

2016年10月30日号

京都2 第18回JISSOUJI・CUPグランドゴルフ大会

京二161125 (4)【京都2】実相寺(酒井雅仁住職)主催による第18回JISSOUJI・CUPグランドゴルフ大会が10月30日、与謝野町滝で開催された。
この大会は檀信徒の交流を目的として、平成10年から続いているもので、今回は20代から90歳の檀信徒120名が参加した。みんな声をかけあいながらプレイし、ホールインワンがでると歓声が上がっていた。
参加者は「お寺の御講などでは会えない人とも交流が出来るので楽しい」「初心者も楽しみながらできた」と笑顔で答えた。
住職は「お寺に集まってお経を読んだり、掃除をするだけでなく、このような遊びを通じて信仰と共に檀信徒同士の繋がりも深めていって欲しい」と話されました。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07