全国の通信記事

2020年1月22日号

奈良・統一信行会で「お葬式はなぜ必要か」を講演

奈良200122 (2)【奈良】宗務所(木村泰存所長)は一月十七日に大和高田市妙法寺(吉田龍永住職)で、「第一回統一信行会」を開催し、約120名が参加した。
宗務所では毎年三回の大法要を行っているが、今年度就任した木村所長の発案で、行事の内容を一部変更し、この統一信行会は公開講座に重点を置いたものとなった。
県内で活動する各会の活性化と未信徒の教化を目的としたもので、この日は布教師会が「お葬式は、なぜ必要か?」という講演を行った。
布教師会員を四つのグループに分け、それぞれ「葬式とは」、「葬式の現状」、「死んだら…」「霊山往詣」というテーマについて写真やパネルを使って訴えかけた。
聴衆は予め配られたノートにメモを取り、普段聞く機会のない内容に熱心に聞き入っていた。
布教師会の岡田会長は挨拶で「お題目を聞いたことがない人にもお題目を伝えられるよう研修を続けてまいります。私たちは仏の子として生まれ、育ち、また仏の元へと帰っていく。導いて下さる日蓮聖人に思いきり飛びついていけるようお題目修行を続けてまいりましょう」と語った。

2020年1月17日号

大阪市 新年祝祷会・互礼会

???????????????????????????????【大阪市】一月十七日(金)午後五時より法務室に於いて、神谷行俊宗務所長導師のもと令和元度年新年祝祷会が奉行され、略要品が読誦された。併せて、今年二十五周年を迎える阪神淡路大震災をはじめ、自然災害犠牲者に対して追善回向が手向けられるとともに、立正安国世界平和、管内寺院・教会・結社各山の寺門興隆及び各聖の法体健全化導成辨、寺庭婦人・寺族・檀信徒の信力増進と一年の健勝・災害被害地域の復興が祈念された。
祝祷会終了後、谷町、妙光寺に於いて新年互礼会が開催された。最初に神谷所長より、平成という時代を振り返りながら、とくに近年数を増やしつつある自然災害に対し心に留め、殉難者に哀悼の意を示し、更に新年の抱負を述べ挨拶を締めくくった。続いて奥邨正寬日蓮宗宗務顧問より挨拶を頂戴し、藤本経尚協議員議長より乾杯の発声を頂いた。集まった管内三十一名の僧侶の方々が新しい年を共に祝い、親睦を深めた。

兵庫東 阪神淡路大震災発生25年目の慰霊法要

IMG_20200117_054748415【兵庫東】青年会(安達端功会長)は、1月17日神戸市中央区東遊園地にて、阪神淡路大震災発生25年目の慰霊法要を行った。発生時刻の午前5時46分に当園内竹灯籠前で黙祷し、物故者の霊位に読経回向した。その後、震源地に近い淡路島・岩屋漁港でも、震災と海難物故者の追悼法要を行なった。
あの阪神淡路大震災発生から四半世紀。街はすっかり綺麗になったが、未だに人々の心の中には当時の崩れ落ちた街の姿が深く焼き付いている。東遊園地内では竹灯籠やペットボトルの灯籠など約6000本のロウソクの火で『きざむ 1・17』の文字がかたどられた。
読経回向の後、「毎年お経を上げて下さり有難うございます。」と慰霊行事に参加していた方からお声掛け頂いた。その方の心の中では今も尚、震災の余韻が続いているのだろう。何年経ったとしても慰霊行事を継続する事の大切さを感じた。
時の流れとともに、慰霊行事参加者の高齢化も進み、震災を知らない世代も増えてきている。その様な中で、この震災の記憶が風化せぬよう心に刻み、次の世代へと伝えていく責任の一端が被災地域の寺院や僧侶にはあるのではないかと感じた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07