全国の通信記事

2021年4月18日号

滋賀 立教開宗七百六十九年護法大会

滋賀210420③【滋賀】四月十八日に滋賀管区の「日蓮大聖人立教開宗七百六十九年護法大会を開催いたしました。昨今コロナ感染症の影響で色々な法要が中止、延期になっていますが日蓮大聖人ご降誕八百年の記念の年に如何しても開催したいという所長以下役職員、檀信徒の強い思いで開催いたしました。東近江市の「あかね文化会館」で三百人ほどは入れる会場に百二十名ほどの僧俗が十分な間隔と、しっかりした感染症対策のもとに行いました。立教開宗法要の後は身延山妙石坊の奥野本洋住職・常任布教師により「僧俗ともにいますぐと仏となるすべてそれから」という演題で、演題となった奥の住職の学生時代の指導教師との逸話や、人生にとって幸福とは何かを豊かな人生経験と熱い信仰をもとにお話しいただきました。あっという間の一時間半で皆さん納得されていました。コロナが早く収まり来年は多くの檀信徒の皆様と開宗会を開催したいものです。

2021年4月9日号

兵庫西 交通安全祈願祭・交通事故物故者慰霊祭

DSC_2070【兵庫西】4月9日、神崎郡交通安全物故者慰霊塔にて、兵庫西部修法師会(花房英俊会長)主催による交通安全祈願祭・交通事故物故者慰霊祭が、僧俗31名の参加により行われた。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されたため中止となったが、本年は感染症対策を十分に施した上で実施することとなった。

この行事は、春の交通安全週間に神崎郡町村会、福崎警察署、交通安全協会の関係者と共に、交通事故防止の啓発のために毎年行われているものである。

法要後の挨拶で、山名宗悟町村会会長は「交通安全に関わる日々忘れがちな事を啓発していきたい。安心安全な、住みよい町となるよう皆で協力していただきたい。」と語った。

2021年4月6日号

兵庫西 横川定光院春季法要

兵西210409③【兵庫西】日蓮聖人遊学の聖地であり、日蓮宗宗門史跡に指定されている比叡山横川の定光院(滋賀県大津市・橋本一妙主監)で、兵庫県西部宗務所主催の春季法要が4月6日に営まれた。
本年の法要も昨年と同様に、新型コロナウイルス蔓延を防ぐため三密を避け、檀信徒の団体参拝はなく要職にある僧侶のみに制限して執り行われた。
法要には、比叡山延暦寺を代表し水尾寂芳執行、宗門より栗原啓允教務部長、京都各本山の貫首猊下、近畿教区内の宗会議員宗務所長など約40名のご臨席のもと、中川法政宗務総長名代の安積尚志所長を導師に、矢谷秀文協議員、谷口慈修協議員を副導師とし、式衆には管区の声明師会修法師会会員が出仕して厳かに営まれた。

今回の法要も三密を避けるため檀信徒の参拝がなかったことに寂しさを感じたが、比叡山の澄んだ空気、幻想的な環境の中で読経、お題目の力強い声が響き渡っていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07