全国の通信記事

2019年5月15日号

兵庫西・交通安全祈願祭

兵西190517 (3)【兵庫西】5月15日、神崎郡福崎町にある交通安全物故者慰霊塔で、修法師会(花房英俊会長)は、交通安全祈願祭・交通安全物故者慰霊祭を、僧俗31名が参加し、約1時間行った。これは、毎年、神崎郡町村会、福崎警察署・交通安全協会、各町役場職員関係者と共に営んでいる行事である。
法要後の挨拶で、山名宗悟町村会会長は、修法師会に御礼を述べた上で「この法要で物故者への慰霊を心から祈ります。今日からさらに心を引き締め、交通安全のため啓発活動に励んでいきたい」と語った。

 

2019年5月12日号

大阪豊能 能勢町妙華寺で入寺式

豊能190524 (1)【大阪豊能】5月12日、能勢町妙華寺で第37世岡宗潤師退住、第38世岡妙摂師法灯継承式が行われ、僧俗200人が参列した。午前10時、式に先立ち真新しい七條袈裟に身を包んだ妙摂師と共に、稚児行列が妙華寺へ向けて賑やかに出発。宗潤師は門前で檀信徒と共に新住職を迎えた。式では終始緊張した面持ちではあったが、御宝前にて奉告文を読み上げる新住職の堂々とした姿に、集まった檀信徒も感心し、安堵の表情で見守っていた。昭和48年より46年間住職を務めた宗潤師は、入寺当時荒れていた庫裏、本堂等の改修、新たに蔵王堂、日蓮聖人銅像建立と不惜身命の活躍で妙華寺を復興。妙摂師は「今の妙華寺があるのも師父と母が必死で護持し、また多くの檀信徒の皆様のご尽力のおかげです。皆様にご恩返しが出来るよう頑張りたいと思います」と謝辞を述べた。若さとやる気に満ちた師の今後の活躍が期待される。

2019年5月8日号

京都1・日蓮宗尼衆宗学林入林式

京一190517 (2)【京都1】京都市左京区日蓮宗尼衆宗学林(上田尚教林長)にて、5月8日(水)入学式が執り行われた。 日蓮宗尼衆宗学林は日蓮宗宗門において唯一の尼僧教育機関である。近年は入林生が少ない状態でしたが、3年ぶりに福島県妙運寺修徒奥野怜子さんが入学する事になった。尼衆宗学林は大正時代より続いており、奥野さんは昭和55年の復興より48人目の入林生となる。まず本堂にて上田尚教林長を導師に法味言上が行われ、来賓の方々、関係者の方々と共に入学式法要を行った。新入林生の奥野さんも緊張した表情でお経をお唱えしていた。
法要の後、新入林生紹介があり、上田林長より「この度は入林おめでとうございます。奥野さんは去る2月に行われた『尼僧を志す人のための特別講座』に出席され、それがご縁となって本年度の入林生となられました。入林されたのは本当に尊いことであり、この1年間しっかり勉強して頂きたい。一人で大変でしょうが、自分で自分を律して行学の二道に励んで頂き、自分との闘いに勝って最後まで頑張ってもらいたい」と奥野さんに対してお言葉を述べられた。
これから一年間行軌作法、祖伝、法要式、聲明、華道、茶道、天台学、法華経大意、宗義大意等を各教授より学び勉強される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07