全国の通信記事

2018年1月17日号

兵庫東 阪神・淡路大震災1.17のつどい

兵東180118 (1)【兵庫東】青年会(小原蒼渓会長)は、1月17日神戸市中央区東遊園地で、「阪神・淡路大震災1.17のつどい」に参列した。早朝より雨が降りしきる中、発生時刻の午前5時46分、同園内竹灯籠前で一般参列者とともに黙祷した。続いて、毎年ボランティアの人たちによって作られた雪地蔵に一読し、物故者の霊位に回向した。
今年は東遊園地内の「1.17」の竹灯籠に「伝」という文字が加わった。当日、鎮魂の灯籠の明かりが雨粒で消えないよう傘を添える姿があちこちで見受けられた。その光景はあたかも、この大災害の記憶を風化させてはならない、被災した経験を後々まで伝えたいという思いにあふれていた。
どれだけ時間が流れても変わらない思いの中、青年僧の読経の声が公園内に響き渡った。
その後、当時被害の大きかった同市中央区本妙院(大塚泰寛住職)、同市東灘区妙見寺(富田智妙住職)にそれぞれ移動し、阪神淡路大震災発生23年の慰霊法要を行った。

2018年1月7日号

大阪豊能 人形供養年大祭

豊能180122【大阪豊能】能勢町涌泉寺(山口法博住職)で、1月7日(日)『人形供養年大祭』が開催された。
この人形供養は元来、農業と深い関わりを持つ、牛を主とした家畜への感謝と健康・繁殖を願って営まれていた『八日堂講』が、社会生活の変化により姿を変えた行事。
「人形には必ず魂が入りますので、日々のお供養に手抜きが無い様に毎日のお勤めには細心のお供養をさせて頂いております」と山口住職。
新品同様の雛飾り一式、古式豊かな立派なお雛様、イギリスやフランス・アメリカなど海外から送られる西洋人形等々、供養される人形にはその時々の世相が感じられる。

2018年1月5日号

兵庫西 市川町延壽寺で寒水行

兵西180110 (2)【兵庫西】寒さが一段と厳しくなるとされる「小寒」の1月5日、兵庫県市川町延壽寺では地元テレビ局の取材があり、毎年恒例となっている寒水行が紹介された。ここ延壽寺では毎年小寒から2月3日の節分までの間、午前5時から住職堀豊明師の指導の下、大人から子供まで毎日20名程度の檀信徒と共に寒水行が行われている。
そんな中、本年は関西ローカルのサンテレビがお昼の情報番組「午後きゅん」内で寒水行の中継を行い、吉本芸人のグイグイ大脇さんが挑戦した。番組では寒い寒いと言いながらもお題目を唱えながら豪快に5杯の水を被り、家内安全と無病息災を祈願していた。グイグイ大脇さんは「水を被ると色々考えていたことが全部無くなりますね。いつもは煩悩が多い生活をしている時もありますが、これで少しでも払えたような気がします。」と話し、堀住職から「無心になることが大事だよ。」と指導されていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07