全国の通信記事

2018年3月11日号

福島 東日本大震災復興慰霊法要

福島180323 (2)【福島】 平成30年3月11日、福島県いわき市久之浜において、福島県いわき市久之浜町、妙教結社、石川是法上人主催、福島県日蓮宗青年会(大和田晃生会長)共催の下、東日本大震災復興慰霊法要が行われた。
当日は県内外より総勢200名近い方が慰霊のため、久之浜海岸に集まり、震災の物故者に慰霊を捧げた。
震災が発生した午後2時46分に合わせ、多くの犠牲となった方々へ黙祷を捧げ、その後に復興慰霊法要を厳修し、震災物故者の追善と被災地の復興を祈念した。
震災より7年の歳月が立ち、久之浜町の復興も進んで来ているが、石川是法上人は、これからも震災物故者の慰霊を続けていきたいと語っていた。

2018年3月7日号

宮城 第11回檀信徒研修道場

宮城180312③【宮城】平成30年3月7日、宮城県宗務所(日野教恵所長)主催により宮城県石巻市・法音寺(谷川正明住職)を会場に管区檀信徒研修道場を開催し、教師檀信徒総勢140名が集った。
日野所長は初めの挨拶で「私の在任期間中では震災慰霊法要は続けたい」と話した。昨年で東日本大震災の第7回忌は過ぎたが、毎年研修道場は震災慰霊法要を兼ねて開催している。そして、本年の会場寺院は石巻市・法音寺。谷川住職は震災の苦労話や被災体験を話し、参加者は震災時の厳しさや悲しみを思い出した。
講演では宮城県聲明師会・菅野貫順会長が「仏事作法について」と題してお話をした。日蓮宗の大曼荼羅による世界観を説明しながら日常的にどのような仏事作法をするかを分かりやすく説明した。
最後に東日本大震災追善法要を参加者全員で厳修し、薄れていた当時の記憶を思い出し、参加者全員が慰霊の心持ちで手を合わせ、読経していた。

2018年2月24日号

宮城 再行・加藤錬鳳師帰山式

【宮城】2月24日、大崎市本還寺で再行・加藤錬鳳師帰山式が営まれた。 加藤師は7年前の東日本大震災による津波で布教拠点の立正結社(七ヶ浜町)の堂宇ほかすべてを失い、大崎市本還寺副住職として新たな研鑽を積んできた。集まった参列者は、試練を乗り越え再行を成満した加藤師の帰山を祝った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07