全国の通信記事

2018年2月20日号

秋田・第50回交通安全祈祷会

秋田180227a (1)【秋田】2月20日、日蓮宗秋田県修法師会(阿部龍翔会長)は第50回交通安全祈祷会を仙北市角館町妙教寺(阿部龍翔住職)で開催し、管内僧侶・檀信徒合わせ約200名が参列した。
式では阿部会長を導師に水行・祈祷会を厳修。法要では加持祈祷や東日本大震災物故者への追善回向、交通安全の祈願簿が読み上げられ、一心に祈りを捧げた。法要後には豆まきが執り行われ、福を授かろうと笑顔で手を伸ばす檀信徒の姿も数多く見られた。
また清興として、講談師である一龍斎貞鏡氏を迎え、会場では終始笑いの絶えない盛り上がりを見せ、50回記念大会という節目に花を添えた。
最後に、参加者からは「今年初めて参加させて頂いた。水行する姿を見て、身の引き締まる思いでした。また大勢の僧侶からご祈祷を受け、大変感動した。この縁を大事にしてまた参加したい」と語った。

2018年2月18日号

福島 小林智厚師帰山奉告式

福島180225b小林智厚【福島】平成30年2月18日(日)強い風がふりしきるなか、第参行を成満された小林智厚上人(大寶寺修徒)の参行大古久相承・帰山奉告式が自坊であるいわき市平大寶寺に於いて営まれた。
管内有縁の僧侶と多くの檀信徒が見守る中、8名の行僧と共に本堂前にて水行が行われた。その後、本堂にて帰山奉告式と法楽加持が厳かに執り行われた。
上人は若いながらも、参行代表という重責を担われ、その重責を全うした感激と行僧、寺族、檀信徒に対する感謝から、涙を流しながら報告文を読み上げた。
上人は謝辞にて「参行代表はとてつもなく重い役割でしたが、大古久様のようにニコニコしながら、良いことも辛いことも全て受け入れる行でした。この行によって私は一回りも二回りも成長できたと思います。これからは、この行で得た力で檀信徒の皆様の悩み苦しみをお救い致します。」と感謝の言葉を述べられた。

2018年2月17日号

福島 新妻瑞凰師帰山奉告式

福島180225d新妻瑞凰①【福島】平成30年2月17日(土)雲ひとつない春のような晴天のなか、初行を成満された新妻瑞凰上人(妙宝寺修徒)の初行木剣相承・帰山奉告式が自坊であるいわき川部町妙宝寺に於いて営まれた。
管内有縁の僧侶と多くの檀信徒が見守る中、8名の行僧と共に本堂前にて水行が行われた。その後、本堂にて帰山奉告式と法楽加持が厳かに執り行われた。
上人は堂々とした所作で、初めての修法導師を務め、涙を流しながら報告文を読み上げた。
上人は謝辞にて「初行の修行はとてつもなく辛く、何度ももう辞めたいと思いましたが、檀信徒の皆様の温かいお言葉と先輩上人のおかげをもちまして、無事成満することができました。まだまだ未熟な私ですが、この修行で得た力で、檀信徒の皆様をお救いいたします。」と感謝の言葉を述べられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07