全国の通信記事

2019年11月8日号

青森 檀信徒研修道場

青森191111 (2)【青森】青森県宗務所(秋田堯瑛所長)主催の檀信徒研修道場が11月8、9日、五所川原市ホテルサンルート五所川原で開催され、約45名の檀信徒僧侶が参加した。
開講式では秋田所長が宗門運動の意義を身と心と頭に入れて修行に励んで欲しいと挨拶を述べ、研修に入った。第1講は、青森県日蓮宗立正青年会会長の間宮秀文師(つがる市實相寺修徒)が『宗門運動推進のために~青年層の視点から~』と題し、現在の寺院を取り巻く状況と変化への対策を分析し、檀信徒に求められる姿を分かりやすく説明した。第2講は3名の宗務所員が交代で担当した。『降誕八〇〇年慶讃東北教区大会と慶讃和讃奉唱について』と題して三大聖日の意義を解説するとともに、明年6月21日(日)に青森市蓮華寺を会場に行われる東北教区大会への参加と協力を呼びかけた。また、慶讃和讃奉唱に向けての練習を行った。第3講は青森県宗務所副長の小野泰幹師が書写行について説明し、自我偈を書写する実践修行に入った。
食事会では、各寺院の代表者が感想や体験談を語って交流を深めた。おいらせ町唯圓寺から参加した川村代さんは「仙台に住む従姉妹の3番目の娘が小学校に入る時に、唯圓寺様からお守りを買ってプレゼントした。他宗派の家柄なので少し戸惑っていたが、お題目と縁を結んでいただいた。先日の台風19号の際、いつ避難指示が発令されるか分からないため、子どもたちに大切な物をリュックサックに詰めさせたが、その子は熊のぬいぐるみの他に「お守りを護ってあげなきゃいけない」と言ってお守りを大事にリュックに入れたそうだ。この話しを聞いて従姉妹の所にもお題目の力を授けていただいたんだなと実感した」と述べた。

2019年10月20日号

青森 唯宣院日示上人の本葬儀

青森191029 (1)hp【青森】三戸郡田子町光明寺に於いて十月二十日第四世唯宣院日示上人の本葬儀が厳かに営まれ、導師には青森県宗務所長秋田堯瑛上人、また県内有縁の各上人、檀信徒約五十名が参列した。式中の歎徳にて所長が日示上人の宗門内外に渡る功績を読み上げると、檀信徒の中には苦楽を共にした思いに涙する場面も見られた。また、所長の挨拶では、光明寺を建立する際に、日示上人が数年に渡りご自身で山の木を伐採し、運搬したことに畏敬の念を述べ参列者一同上人の勇猛果敢なお姿を想起した。最後に現光明寺第五世川上洋行住職より謝辞が述べられ、「師匠は寺門を興隆する為にとにかく前へ前へと前進してきたが、自身も退転することなく、法の燈火をさらに燃やし発展に勤め、合わせて檀信徒の心が安らぐお寺にしていきます」と涙を抑えながら力強く決意を述べられた。その後好天の空のもと川上住職と寺族檀信徒の見守る中、埋葬が執り行われた。

2019年10月16日号

青森 第2回修法の日

青森191021 (2)【青森】日蓮宗青森県修法師会(木立知孝会長)は10月16日、年2回行われる修法道研鑽のための研修会を青森市のアップルパレス青森で開催した。今般は本年3月に同会が発行した『青森県修法道の源流』を記念して、弘前大学國史研究会名誉会員である篠村正雄師(黒石市遠光寺修徒)を講師に招き、『「青森県修法道の源流」の発行後の新発見の資料について』並びに『弘前藩領における儒葬・神葬祭について~人を神として祀るありかた』と題して2つの講演を行った。
『青森県修法道の源流』は、青森県における祈祷修法の歴史についてまとめただけでなく、中世における津軽の歴史と日蓮宗の布教展開など、様々な資料を網羅して書かれている。篠村師は講演の冒頭で、すべての出典が明確にされているため資料として非常に価値が高い水準にあると絶賛された。後半では神社の成り立ちに触れ、人を神として祀ることの意味には怨霊系と顕彰系の2系統の意味があることを説明した。約60名の出席者は興味深そうに熱心に耳を傾けていた。
講演終了後には本年大荒行堂に入行する秋田堯慶師(八戸市妙現寺修徒)、吉田安孝師(青森市法生結社教導)、小野泰惇師(弘前市南榮院住職)の3人の歓送会と、飛鳥純祥師(つがる市道円寺住職(表彰時))と工藤恵照師(板柳町妙光寺住職)の修法暦50年の表彰を記念した祝賀会が併せて行われた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07