全国の通信記事

2018年11月16日号

青森 田端義宏師の正力松太郎賞受賞祝賀会

青森181119②【青森】第42回正力松太郎賞本賞を受賞した田端義宏師(鰺ヶ沢町永昌寺住職)の正力松太郎賞受賞祝賀会が11月16日、青森市ホテル青森に於いて、青森県宗務所(秋田堯瑛所長)主催で開催された。県内僧侶約50名が祝福した。
正力松太郎賞は公益財団法人全国青少年教化協議会より、青少幼年の育成活動に尽力し、社会の情操教育振興に努力した個人や団体に贈られる。
田端師は、2泊3日の共同生活を通して規律や礼儀作法を学ぶとともに、絆を強くし、感謝の心や忍耐力、仲間同士の助け合いや思いやりを育むことを目的とした「海辺のつどい」を昭和44年から開催。対象は小学校4年生から中学校3年生まで、企画運営は修了者である高校生や社会人が担い、社会に出てから自立するための資質を培う場としても機能している。36名で始めた第1回から数えて、現在までに延べ2000名以上、実人数700名以上が修了した。
田端師は「今まで何度も候補に挙がっていたそうだが、今回、50年の節目ということで受賞出来たのだと思う。『継続は力なり』ということを感じた。本日の出席者の中にも修了者がいるが、立派に成長してくれたことを嬉しく思う」と挨拶した。
祝宴では、第1期生である加藤知宏師(つがる市要心寺住職)をはじめ、多くの修了者がお祝いの言葉を述べた。中には「正座がきつかったが、その後のカレーライスはおいしかった」「私にとっては田端上人というよりも田端先生という印象が強い」などと様々な思い出話が披露され、終始和やかな雰囲気だった。

2018年11月10日号

青森 唱題行のつどい

青森181112②【青森】青森県宗務所(秋田堯瑛所長)主催の唱題行のつどいが11月10日、弘前市法立寺(小野泰幹住職)で開催され、約120人の檀信徒僧侶が参加した。
講師である求道同願会副会長の田端義宏師(鰺ヶ沢永昌寺住職)は、「修行の基本は正座だが、足のしびれの我慢大会ではない。お題目の温泉に浸って、身も心も清めていただきたい」と唱題行の意義や理念を説明し、実践に入った。
閉会前、第42回正力松太郎賞を受賞した田端師に対し、参加した檀信徒よりお祝いの言葉と盛大な拍手が送られた。田端師は「50年の長きに渡って青少幼年への教化活動に関わることが出来た。これもひとえに周囲の支えがあってのこと」と御礼を述べた。

2018年8月30日号

青森 第70回日蓮宗和讃大会

青森181018④【青森】8月30日、青森県日蓮宗立正青年会(間宮秀文会長)主催、青森県和讃振興会後援のもと「第70回日蓮宗和讃大会」が、教師・檀信徒あわせて約250名の参加のもと、つがる市実相寺(間宮康文住職)を会場として行われた。
昨年までは弘前文化センターにて行われていた和讃大会が、今回は第70回記念ということもあり、初期の和讃大会のようにお寺での開催を試みた。
午前十時、司会の白戸是調師による開会の辞、法味言上に続き、間宮秀文青年会会長、秋田堯瑛宗務所所長、田端義宏和讃振興会会長、藤井教祥全国日蓮宗青年会会長が挨拶を述べ、午前十時半にコンクールが開始された。県内各寺院7講中がそれぞれの講中が日頃の練習の成果を存分に発揮した。
午後の部では、青年会員による「和讃伝承先師先達報恩和讃法要」を厳修。
今回、70回という大きな節目を迎えられた事は、それまで歴史を繋いでくだされた方があっての事。
「和讃伝承先師先達報恩和讃」を奉唱し、これまで和讃の歴史を繋いでくだされたお上人様方と、和讃をお唱えしてこられた檀信徒の皆様へ感謝の心を届け、そしてこれから自分達が和讃の歴史を繋いでいく事で御恩に報いるという誓いの言葉を御宝前に届けた。
また東日本大震災をはじめ近年続く様々な災害、殊に甚大な被害をもたらした西日本豪雨等の犠牲者追善供養と被災地の早期復興を祈念。
最後に、田端義宏青森県日蓮宗和讃振興会長によるコンクールの講評が述べられ、厳しくも熱意あふれる講評を和讃講中の方々は真剣に受け止めていた。
参加者の中には「お寺ということもあり、文化センターよりも緊張しました。御宝前で仏様に見守れながら、一所懸命にお唱えさせていただきました」とのべていた。
最後に、青年会副会長である、工藤泰輝師が御礼の挨拶を述べ、玄題三唱をもって大会の幕を閉じた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07