全国の通信記事

2019年12月6日号

岩手 歳末助け合い募金行脚

岩手191209 (2)【岩手】12月6日岩手県釜石市に於いて、岩手県宗務所(阿部是秀所長)主催「歳末助け合い募金行脚」が行われた。
釜石市仙寿院(芝﨑恵應住職)から同市日高寺(菊池?宥住職)まで、岩手県僧侶10人、仙寿院檀信徒数人が釜石市の繁華街や駅前を経由し行脚した。太鼓の音を聞いて足を止め、手を合わせる下校中の小学生や通行人、遠くから駆け寄り募金する方など様々。お題目とうちわ太鼓の音が釜石市の街に響き渡った。

秋田 伝道会が慰問布教

秋田191209【秋田】12月6日、伝道会(石川是仁会長)は藤倉信行社教会長はじめ会員4名により社会福祉法人「松寿会」の慰問布教を行った。同会への慰問布教は毎年4回行っているが、例年12月はお楽しみ福引会を行い、喜ばれている。
当日は入所者及び通所者約120名が集まり、初めに藤倉会長から盲導犬を贈る活動など社教会の活動の紹介や励ましの法話を行った後、さっそくお楽しみの福引会に入った。はじめは緊張した面持ちであったが、番号が呼ばれて趣向を凝らした大小さまざまの景品が当たると、みんなの表情も次第にほころんだ。最後の当選者に特大の景品が渡され、全員が景品を手にすると自然に大きな拍手がわきおこり、和気あいあいのうちに会が閉じられた。
車いすでの参加者も多く見られたが、「ありがとう」「また来年もお願いします」という声が聞かれ、会員一同このような活動を継続することが大切であることを確認しあった。

2019年8月7日号

秋田 寺子屋キャンプ

秋田190819hp【秋田】令和になって初めての寺子屋キャンプが8月7、8日に横手市妙倉寺(山田恵祥住職)で開催された。14回目となる今年は「絆を深めよう」をテーマもと、小学生16名、中学生以上のスタッフが8名の参加となった。また、千葉県松戸市で行われている布教研修所から6名の僧侶がお手伝いに駆けつけた。猛暑の中での開催だったが、暑さに負けず真剣に仏前作法や足の痛みに耐えながら唱題行をし、外部から講師の先生を招き編み物など様々な遊びを楽しんだ。16名中10名が初参加、そして県外からの参加者もおり、初めて会う子供たちが多かったが、この寺子屋での生活の中で絆を深め合い、キャンプ終了後の寺子屋祭りではみんな仲良しになったようだ。災害等により、人と人との繋がりが大切になっている昨今、誰とでも力を合わせ絆を深め合える第一歩をそれぞれが歩み出したようだ。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07