全国の通信記事

2018年11月24日号

福島 寺フェスin法橋寺

福島181129b (3)【福島県】平成30年11月24日、福島県いわき市 法橋寺にて全国日蓮宗女性教師の会主催、降誕800年寺フェス委員会共催の下、『寺フェスin法橋寺』が教師約30名、法橋寺檀信徒や地元住民の協力によって行われた。
本堂では女性教師によるお会式法要で幕を開け、ココロ幸せトレーニング、お守りづくり、数珠つくりが行われた。普段はお寺にあまり来ない方々が沢山集まり、自分で作った世界に一つのお守りや数珠に、修法師による加持祈祷が行われ、参加した方々は大きな感動を口にし、寺フェスの開催が日蓮宗の布教の一助になり得る事を証明した。
また、客殿ではTera・サロンと題してお茶によるおもてなし、屋外ではフードコート、ビンゴ大会、竹あかりの販売が行われ、参加した方々は皆楽しい笑顔に包まれた。
今回の一般のかたの参加は約300名であった。

2018年11月18日号

福島 東北教区檀信徒研修道場

福島181129a (2)hp【福島県】平成30年11月18日、福島県郡山市、法現寺に於いて日蓮宗東北教区 檀信徒研修道場が行われた。
この日は、教師16名、檀信徒は東北6県より66名が参加した。
この日の講習は、「常不軽菩薩24文字」の写経、「唱題行と慈悲の瞑想」の実践、「常不軽菩薩の但行礼拝」の法話が行われた。翌19日は福島県磐梯熱海 栄楽館に於いて、講師に大阪府能勢町 真如寺住職 植田観樹上人による「合掌でつなぐ」の法話が行われた。2日間にわたる講義であったが、参加した檀信徒一同にとって充実した研修道場となった。

2018年10月28日号

福島 宗祖降誕八百年慶讃管区大会

福島181101 (2)【福島】平成30年10月28日、福島県いわき市、せきのホールに於いて日蓮宗福島県宗務所(小林智英所長)主催の下、『宗祖降誕八百年慶讃 管区大会』が行われた。
この日は、教師31名、檀信徒280名、稚児22名が参加した。
午前中は法要が行われ、宗祖降誕八百年慶讃、東日本大震災物故者の慰霊ならびに、次世代育成布教の一助として稚児法要を厳修し、その具現化のため、十種供養中「華の供養、香の供養、合掌の供養」の三種供養を行った。
午後は女流講談師 一龍斎貞鏡師による「日蓮聖人御一代記」が行われ、檀信徒一同、改めて日蓮聖人のありがたさを全身で受け止めた一日となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07