全国の通信記事

2021年5月22日号

福島 訃報・伊藤耀道師

【福島】伊藤耀道師(福島県会津若松市本山妙國寺第54世)5月22日遷化、世寿85歳。法号は勧修院日耀上人。本葬儀は5月26日、伊藤日寛妙國寺貫首を導師に同市内で営まれた。日耀上人は平成3年から令和2年まで、会津若松市本山妙國寺の貫首として同寺の護持丹精に努め、山門の建立、本堂屋根銅板の葺き替え、檀信徒会館の建設などを行い、寺観を一新させた。また社会教導師として地域に貢献してきた。

2021年3月11日号

福島 東日本大震災復興慰霊法要

福島210315①【福島】東日本大震災より10年という節目の年を迎えた令和3年3月11日、福島県いわき市久之浜町に於いて、日蓮宗 妙経結社(石川是法上人)主催、福島県青年会(菅原瑞正会長)、福島県女性教師の会(新妻妙祥会長)共催の下、東日本大震災復興慰霊法要が行われた。妙経結社で一読後、海岸付近の会場まで福島日青会員9名と女性教師の会員5名が唱題行脚で向かい、震災の発生した午後2時46分のサイレンを合図に黙祷を捧げ、その後復興慰霊法要を厳修し、震災物故者の追善供養をした。節目の年ということもあり、県内外から多くの報道陣や亡くなった故人、変わりゆく故郷を偲ぶ方々が参拝され海に向かって焼香、献花をした。
参列した方々は、もう10年になるのか、今でもついこの前起きた事のように思えると話される方もいた。最後に福島県日蓮宗青年会菅原会長は10年という節目を迎え、人によって感じることは違うかもしれないが、多くの亡くなった方々に今生きている自分たちが、元気に生活している姿を見せてあげることが一番の供養になるのではないかと思います。と語り、地元の被災地の方々を勇気づけた。

2020年11月8日号

福島 妙関寺御会式とコロナ終息祈願会

福島201109②【福島】11月8日、福島県白河市 妙関寺にて住職 巻延彦上人 導師の下、同県福島県日蓮宗青年会会長 菅原瑞正上人を脇導師、同県宗務所所長 氏家輝明上人を諷経に迎え 毎年恒例となる御会式と、新型コロナウイルス終息祈願を合わせた法要が厳修された。
導師 巻延彦上人による回向文により堂内一同は日蓮聖人への感謝と広宣流布の決意を新ためた。また、菅原瑞正会長による新型コロナウイルス終息祈願文の中では「不安は万病の種」という言葉と共に、病に対する正しい認識と不安に対する正しい対処を呼びかけられた。
妙関寺檀信徒による団扇太鼓と大太鼓の力強い調子に乗せて唱和された御題目は堂内に響き、南無妙法蓮華経の広宣流布、病の終息を僧俗一如となった誓願がなされた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07