全国の通信記事

2022年7月25日号

福島 特別僧風林

福島220810①【福島】福島県日蓮宗青年会(曲山貴雄会長)は、会津若松市大法寺(曲山海弘住職)において、7月25日(月)-26日(火)の二日間に亘り令和4年度特別僧風林を開催した。

会では、例年同時期に修養道場を開催していたが、令和2年以降取り止めていた。本年は、対象を管内寺院子弟に限定し、新型コロナウイルス感染リスクの回避を念頭に置いた小規模開催とした。本年同会より発行された『妙法蓮華経のこころ』を手にした児童たちは、所作・読誦を中心とした仏事研修に励んだ。また親睦レクリエーションとして、アスレチック・カヌー体験・モルック等を楽しんだ。

曲山会長は、「子どもたちにとっては夏の思い出であるとともに、親元を離れて大きく成長する大切な機会となる。現況での判断は困難を伴ったが、二日間で一皮むけた姿を見ると、開催してあげられてよかったと感じる。」と語った。

2022年5月11日号

福島 全国日蓮宗青年僧東北結集福島大会

福島220530hp【福島】令和4年5月11日 福島県郡山市において第60回 全国日蓮宗青年僧東北結集福島大会が開催された。新型コロナウイルスの影響により代表者のみの参加者縮小ならびに感染対策を徹底し、2年ぶりの対面での結集、およびインターネットを用いた全国青年僧への配信のハイブリット形式となった。今大会では大会実行委員長 小林智厚上人の元青年僧の持つ力や信念、祈りや想いを改めて各々が意識し各自県の布教に活かし 未来へとお題目を繋げるべく『若きEnergy(エナジー)』をメインテーマとして掲げられた。また全日青新旧会長交代式を併せて執り行われ第34代全国日蓮宗青年会会長 塩田義照上人は「今大会において全国の青年僧の『想い』をつなぎ合わせ大きな 『想い』  が原動力となって未来へ、次の代へとつながっていく。これこそが『若きEnergy』と確信しています」と述べられた。東日本大震災 正当の13回忌を迎える『慰霊復興祈願法要』においては塩田義照上人を導師とし、厳粛なる雰囲気の中 執り行われた。今回の為に書家 金澤翔子氏に揮毫して頂いた『共に生きる』が掲げられた会場で10分に及ぶ唱題行の最中 東北六県から集められた震災や津波被害の記録映像が流れ、しかし今までの復興への努力そしてこれからの未来への希望の笑顔で映像は締められた。法要後の記念講話では 早島英観上人を講師に迎え『ニューノーマル時代の寺院活動の可能性』と題し新しい時代における布教、現代における寺院の社会的役割に加え それぞれが「自分の出来る事、やりたい事への情熱、スキルをもって社会に求められる貢献をすることが大切だ」「檀家さんに求められる事だけでなく、社会、地域へと視野を広げることが肝要である」と語られた。今の時代における暗澹たる状況において仏教の価値、法華経の価値を再認識し、青年僧ならではの『若きEnergy』を諦めずに発信すべく再びの決意をもって本大会は締めくくられた。

2022年3月11日号

福島 東日本大震災復興慰霊法要

福島220315①【福島】令和4年3月11日、福島県いわき市久之浜町に於いて、日蓮宗妙経結社(石川是法上人)主催、福島県青年会(菅原瑞正会長)、福島県女性教師の会(新妻妙祥会長)共催の下、東日本大震災復興慰霊法要が行われた。海岸付近の会場まで福島日青会員11名と女性教師の会員3名が唱題行脚で向かい、震災の発生した午後2時46分のサイレンを合図に黙祷を捧げ、その後復興慰霊法要を厳修し、震災物故者の追善供養をした。東日本大震災より11年目という新たな一歩を踏み出す地元住民の方々や亡くなった故人、新しく変わりゆく故郷を偲ぶ方々が参拝され海に向かって焼香、献花をした。

最後に福島県日蓮宗青年会菅原会長は、多くの方々が震災で犠牲になられた一方で、新しく生まれ大きく成長してきた命もあります。震災の年に生まれた自分の子供が小学4年生になりました。11年という月日はそれだけ長いものではありますが、震災のことを風化させず、子供達にも知っていってもらい、多くの亡くなった方々に今生きている自分たちと元気に生活している子供達の姿を見せてあげることが一番の供養になるのではないかと思います。また来年、再来年と続けていきたいと思いますのでまたお会いしましょう。と語り、地元の被災地の方々を勇気づけた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07