全国の通信記事

2018年10月28日号

福島 宗祖降誕八百年慶讃管区大会

福島181101 (2)【福島】平成30年10月28日、福島県いわき市、せきのホールに於いて日蓮宗福島県宗務所(小林智英所長)主催の下、『宗祖降誕八百年慶讃 管区大会』が行われた。
この日は、教師31名、檀信徒280名、稚児22名が参加した。
午前中は法要が行われ、宗祖降誕八百年慶讃、東日本大震災物故者の慰霊ならびに、次世代育成布教の一助として稚児法要を厳修し、その具現化のため、十種供養中「華の供養、香の供養、合掌の供養」の三種供養を行った。
午後は女流講談師 一龍斎貞鏡師による「日蓮聖人御一代記」が行われ、檀信徒一同、改めて日蓮聖人のありがたさを全身で受け止めた一日となった。

2018年7月26日号

福島 夏休み子供修養道場

福島180807①【福島】平成30年7月26日、27日の二日間に渡って福島県郡山市法現寺(齋藤幸洋住職)に於いて福島県日蓮宗青年会(瀬戸隆寿会長)主催の下、福島県宗務所、並びに福島県女性教師の会。その他多くの方より協力と協賛を頂き『平成三十年度 夏休み子供修養道場』が行われた。
26日は午前10時に集合後、開会式と記念撮影が行われ、オリエンテーションを挟んだ後に仏事研修として『掃除の大切さ』と題した石川是恩会員の法話を聞き、その後、唱題行とお題目写経を行った。石川会員の法話を経た上で各研修前に「何故こう言った研修を行うのか。どういった気持ちで向かうべきか。」を丁寧に説明したこともあってか、子供たちも真剣な表情でそれぞれの仏事研修に取り組んでいた。会場を郡山少年自然の家に移した後は、山林を歩くフィールドアドベンチャーというレクリエーションを行い、夕食・入浴を経て、交流を深める茶話会で一日目が締めくくられた。
27日は朝6時に起床。朝食を取った後、自然の家の施設を利用し夢作文の作成と屋内アスレチック遊びが行われた。その後に「野口英世記念館」へと移動したが、県出身の偉人の足跡に子供達も興味深そうに見学していた。見学後はラーメンバイキングという形で昼食を取り、法現寺へと会場を移した後に閉会式を行い解散となった。
例年の様に参加してくれる子供達は勿論だが、初めて参加した子供たちからも「楽しかったからまた来たい」という声を聞く事ができ、これを機会として参加した子供たちが寺院との繋がりや信仰心を抱くきっかけとなってくれればと感じた。また今回は繰り返し「思いやり」について触れる修養道場となったが、子供達も互いを思いやる様な言動を心掛けており、有意義な修養道場となれたと感じられた。

2018年6月6日号

福島 管内先師法要・東日本大震災慰霊法要

福島180611 (2)【福島】平成30年6月6日、福島県いわき市安立寺に於いて日蓮宗福島県宗務所(小林智英所長)主催の下、『平成30年度 管内先師法要・東日本大震災慰霊法要』が行われた。
この日は、教師32名、檀信徒30名が参加した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07