全国の通信記事

2017年8月29日号

福島 第1回和讃講習会

福島170907【福島】郡山市の法現寺(住職:齊藤幸洋)にて8月29日、第1回和讃講習会(齊藤幸弥:日蓮宗福島県和讃振興会会長)を全国和讃連合会会長、
田端義宏上人を講師に招き行われました。僧侶檀信徒50人が参加した。
和讃指導のほか和讃に対する心構えや、姿勢、椅子に座っての所作指導も行われた。
来月茨城でおこなわれる全国法華和讃大会に向けて練習に励んだ。
田端上人には毎年お越しいただいていますが、勉強すればするほど和讃の奥深さを感じることとなり、和讃初参加の方も、経験者も熱い指導に真剣に耳を傾けた。
参加者は「和讃で成仏できますように。」と手を合わせ微笑んだ。

2017年7月24日号

福島 夏休み子供修養道場

福島170818【福島】平成29年7月24日、25日の二日間に渡って福島県いわき市妙徳寺に於いて福島県日蓮宗青年会(大和田晃生会長)主催の下、福島県宗務所、並びに福島県女性教師の会。その他多くの方より協力と協賛を頂き『平成二十九年度 夏休み子供修養道場』が行われた。
24日は生憎の空模様となったが午前10時に集合後、開会式と記念撮影が行われ、オリエンテーションを挟んで仏事研修としてお自我偈研修とお題目写経が行われた。昼食を挟んだ後、唱題行を行った。それぞれの研修の前に「何故こう言った研修を行うのか。どういった気持ちで向かうべきか。」を丁寧に説明したこともあってか、子供たちは皆真剣な表情で取り組んでいた。会場を海浜自然の家に移した後は、野外炊飯を行い、身近な人に対する感謝を述べながら蝋燭を灯すキャンドルファイアーで締めくくられた。
25日は朝6時に起床し朝食を取り、地元の水族館であるアクアマリン福島に移動した。予報では前日に引き続いての雨模様とのことだったが、前日の子供たちの真摯な思いが通じたか雨に見舞われる事無く水族館見学と水遊びを行うことができた。その後会場を再び妙徳寺に移し昼食。昼食後に作文を作成し唱題行と閉会式を行い解散となった。
例年の様に参加してくれる子供達は勿論だが、初めて参加した子供たちからも「楽しかったからまた来たい」という声を聞く事ができ、これを機会として参加した子供たちが寺院との繋がりや信仰心を抱くきっかけとなってくれればと感じた。また今回は繰り返し「感謝の心」について触れる修養道場となったが、子供達も感ずるところがあったように思われることが参加した子供達だけでなく主催する青年会員一同にとっても有意義な修養道場となれたと感じられた。

2017年3月11日号

福島 東日本大震災第七回忌復興慰霊供養

福島170323c (1)【福島】 平成29年3月11日、福島県いわき市久之浜において、福島県いわき市久之浜町、妙教結社、石川是法上人主催、福島県日蓮宗青年会(大和田晃生会長)共催の下、東日本大震災第七回忌復興慰霊供養が行われた。
当日は県内外より総勢200名近い方が慰霊のため、久之浜海岸に集まり、震災の物故者に慰霊を捧げた。
震災が発生した午後2時46分に合わせ、多くの犠牲となった方々へ黙祷を捧げ、その後に一読し震災物故者の追善と被災地の復興を祈念した。
震災より6年の歳月が立ち、久之浜町も徐々に復興も進んで来ているが、石川是法上人は、これからも震災物故者の慰霊を続けていきたいと語っていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07