全国の通信記事

2017年2月12日号

遠光山身照寺牛崎海瑛師帰山式

岩手170301牛崎【岩手】2月12日岩手県花巻市、遠光山身照寺(牛崎海秀住職)において牛崎海瑛副住職の日蓮宗大荒行堂帰山報告式が行われた。童話作家宮澤賢治の菩提寺である身照寺。本堂には250名もの人が集まっていた。
成満旗を持つ檀信徒の人々は皆、この日を心待ちにしていたと話す。修行を共にした荒行僧と行列を組み、お題目南無妙法蓮華経を唱えながらお寺を目指す。その枯れ果てた声が修行の厳しさを物語る。そして、山内にこだまする水行と読経。参列者はただ静かに見つめて、涙を流していた。
海瑛副住職は帰山報告文を読み上げ、厳しい100日の修行がそこに込められていた。家族、檀信徒の文章にさしかかると涙を堪え切れなくなり、大粒の涙を流しながら報告文を読み終えた。
祝辞では、岩手県宗務所 阿部是秀所長(遠野市法華寺住職)が海瑛副住職の帰山を労った。岩手県修法師会 砂子田裕貴会長(花巻市本妙寺住職)は「100日間が終わってからが本当の修行」と述べ、海瑛副住職が産まれた時から知っている事もあり、最後は優しく無事帰山した事を祝った。
牛崎海秀住職は「無事帰ってきた事を嬉しく思うし、祈祷する仲間が増えたような気持ちだ」と、海瑛副住職を祈祷者として認める言葉を述べた。
終盤には毎年恒例の豆まきをし、盛大の内に帰山報告式をおさめた。新たな修法師の誕生に喜び、今後の活躍に期待する檀信徒の笑顔が溢れていた。

2017年2月11日号

岩手 阿部是眞師帰山奉告式

岩手170228阿部是眞師(5)【岩手】去る二月十一日、遠野市法華寺(阿部是秀住職)に於いて、第四十五回春の大祭大荒行平和復興大国祷会が執り行われ、例大祭の中で、第参行阿部是眞上人の帰山奉告式が営まれ、僧侶、檀信徒約八百名が参列した。
当日は、午前九時半より十二名の荒行僧と共に行列、十時より水行式、十時半より奉告式が行われ、厳かにも盛大に執り行われた。
式中、日蓮宗大荒行堂正傳師工藤日温猊下(青森県聞法寺住職)、岩手県修法師会会長砂子田裕貴僧正(花巻市本妙寺住職)、全国日蓮宗青年会会長 藤井教祥上人より祝辞があった。
是眞上人は、謝辞において「百日間多くの皆様の支えで三百日目の荒行を成満することができました。大黒様のお力をいただきながら、法華寺をより良いお寺にするべく、精進してまいります。」と、決意を述べた。

2016年11月6日号

岩手 大槌町蓮乗寺本堂庫裡復興落慶法要

岩手161125 (4)【岩手】東日本大震災による火災で、本堂及び庫裡が焼失した大槌町蓮乗寺(木藤養顕住職)が5年の歳月かけ全山復興を遂げ、本山藻原寺貫首持田貫宣猊下導師のもとに本堂庫裡復興落慶法要が11月6日に厳修された。
法要当日は、落慶式を心待ちにしていた寺族・檀信徒、蓮乗寺有縁の教師ら述べ300人余りが参列した。
木藤住職は、「震災直後は本堂・庫裡再建までは10年はかかると考えていたが、多くの過分なる御支援を賜り、特に檀信徒の皆さんには蓮乗寺の復興の道を共に歩んでくれたことに感謝の言葉しか見つかりません。
支援してくださった皆さん1人1人の力の結集により、震災からわずか5年で蓮乗寺の全山復興が叶ったと実感しております。本当に有り難う御座いました。」と謝辞で述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07