全国の通信記事

2019年8月1日号

山形 わんぱく寺子屋

山形190808a (6)【山形】第八回 修養道場(わんぱく寺子屋)
令和元年八月一日~八月二日  山形市 淨光寺
小学生二年生から中学生二年生までの男子二十二名、女子十七名が、午前十時からの受付前より淨光寺様に集合。前住職の代より、平成七年まで三十回以上の実績のある修養道場とのこと。一時期休止していたが、平成二十四年に再開してから、今年で八回目となる。以前は、二泊三日でしていたとのことだが、サポートスタッフの負担が、大きいことにより一泊二日へと変更したとのこと。
サポートスタッフとして、日蓮宗教師が五名から七名、大学生・寺庭婦人・檀信徒の奥様方が十名ほど協力して、修養道場は成り立っている。

2019年7月31日号

山形 リトルブッダ塾

山形190808b (4)【山形】第六回 修養道場(リトルブッダ塾)
令和元年七月三十一日~八月二日 米沢市 妙圓寺
小学生一年生から中学生一年生までの男子九名女子十五名の計二十四名が参加。初参加九名、二回生六名、三回生五名、五回生四名で、七月三十一日午後二時より、開講式が始まった。塾長である妙圓寺住職安藝栄祥上人が導師として法味言上のため、開経偈、欲令衆(訓読)を二十四名一丸となり拝読 その後、リトルブッダとしての心得を塾長先生より聞き、二泊三日の修行生活が本格的に始まった。
一日目は、お寺での修行、二日目は、お寺以外での体験学習、三日目は、お寺での自分の宿題、体験学習、写経など色々な体験ができる有難い修養道場であると思う。参加費用は二泊三日で、一人七千円というのも魅力のひとつである。
また、暑いところでの修行なので、妙圓寺御令室様が熱中症対策のため水分補給を管理していました。
修養道場での食事は、檀信徒の奥様方による手作り料理で、塾生みんな感謝の気持ちで頂いてるようであった。

2019年7月30日号

山形 檀信徒協議会総会

山形190801b (11)【山形】令和元年7月30日、鶴岡市のリゾートホテル華夕美を会場に山形県檀信徒協議会総会が執り行われた。総会に先立ち、前日の29日には昨年に引き続いて寺院巡りが行われ、本年は鶴岡市の蓮乘寺と善住寺の二カ寺を参拝させていただいた。蓮乘寺では、本年より山形県宗務所所長に就任された御住職の池田義潤僧正より縁起等の説明を頂いた。その後本年6月の地震によって被害が大きかった善住寺の参拝では、参加した檀信徒の方々もこれほどの被害が出ていたことは知らなかったと、あまりの被害の大きさに驚いているようであった。30日の総会では、教師と檀信徒の垣根を越えて様々な意見が交わされ、有意義な総会となった

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07