全国の通信記事

2018年10月9日号

山形 第2回法話実践研修会

【山形】布教師会(久松玄徳会長)は管内教師を対象に、昨年よりの継続事業として10月9日酒田市妙玄寺を会場とし第2回法話実践研修会(参加21名)を開催した。現代においてはコミュニケーション法が多岐にわたり(伝える)手段も多様化しているが、檀信徒には様々な場面での法話がお題目布教の根本であるとの意趣から、管内若手教師3名から実践してもらいました。いつもの檀信徒を相手の法話ではなく管内ベテラン教師を目の前にしての法話で緊張しつつも法話実践した。法話後は参加教師からの指導指摘に頷きながら今後の布教活動に生かすことができる研修会となった。

2018年8月22日号

山形 豪雨被害の戸沢村でボランティア

山形180829 (4)【山形】8月の始めに豪雨に見舞われた山形県の戸沢村に於いて山形県日青会主催山形県社教会協賛によるボランティア活動が8月22日に12名の参加で行われた。当日は県内各所で最高気温を更新するなど猛暑であった。参加者は崩れた土手の応急処置や泥の溜まった水路の掃除などに従事した。

2018年8月2日号

山形 山形市浄光寺主催の寺子屋

山形180816 (1)【山形】山形市浄光寺(畑栄明住職)主催の寺子屋が本年も8月2~3日の1泊2日で開催された。この寺子屋は、寺に泊まる経験を通して、仏様の教えにふれたり、自立心を学んだりすることを目的に毎年おこなわれている。本年は総勢37名の少年少女が参加した。
この寺子屋で子供達は食法や唱題行のお勤めを体験する。また、福祉施設との交流会や野草園での木工工作も盛り込まれている。特に子供達が楽しみにしているのはお寺での肝試しと花火である。
開校式での矢吹海慶師(天童市妙法寺住職)のお説法に続き、仏前作法、唱題行の修行が行われた。食事の時は、食法を唱え、無言のまま正座で食事。交流会では花笠踊りと紙芝居を披露した。夜は花火で盛り上がって、皆で就寝。寺に泊まるという初めての体験で寝付けない子もいたが、次の日の朝のお勤めも掃除も元気にこなしていた。野草園では木材を切って削ってコマや動物を作ったりした。
時には厳しく時には楽しく過ごした寺子屋体験。初めは数珠の持ち方も知らなかった子供達が閉校式では、背筋を伸ばして大きな声で唱題出来る様になっていた。
日蓮大聖人が「子に過ぎたる宝なし」と申されているように、子供達は未来を開く大切な宝である。寺子屋で食法や唱題行といった自らの心体を律する体験を通して命の尊さを思い、感謝の心の芽生えに繋げられたなら、それは、子供達の健やかな成長の一助となるだろう。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07