全国の通信記事

2021年7月9日号

宮城 立正平和祈願大法要

宮城210709③【宮城】7月10日は戦時最大級の空襲のあった仙台空襲の日である。宮城県日蓮宗青年会(早坂寛道会長)はその仙台空襲犠牲者への追福と世界平和を祈念し、「立正平和祈願大法要」を毎年7月9日に開催している。コロナ禍により昨年は参拝者なしでの開催であったが、本年も本山・孝勝寺(谷川日清貫首)を会場として日青会会員のみで開催した。

法要では谷川貫首の表白文にて「静かに生死の浮沈を思うに優悔の悲しみ肝に銘じ、身に当たりて忍び難きなり」と谷川貫首の心情を述べ、戦死者に対する悲しみ、また東日本大震災犠牲者に対する悲しみ、また昨今の豪雨災害犠牲者に対する悲しみを吐露し、各犠牲者への冥福と安寧を願った。

その後、早坂会長導師の元「立正平和祈願会」にて修法を行い、無事円成した。

早坂会長は「昨年に引き続き参拝者なしにて開催しました。しかし、戦没者への慰霊の心持ちや、昨今の豪雨被害の被災者に対する皆様の気持ちは一緒だと思います。宮城の地より皆様の幸せを唯々祈るのみです。」と述べ、コロナ禍により思うように動けない状態でも、やれることをしっかりやろうという気持ちが表れていた。

2021年6月29日号

宮城・本山孝勝寺 釈迦堂上棟式

宮城HP用【宮城】6月29日、仙台市本山孝勝寺(谷川日清貫首)で市登録文化財・釈迦堂の上棟式が行われた。昨今のコロナの影響で出席者は総代、工事関係者のみに縮小された。法要は谷川貫首導師のもと山務員6名で厳修され、堂内は力強い読経が響いた。その後、宮大工が屋根に上がり棟木を打ち納める「槌打の儀」など、宮大工の伝統儀式「工匠の儀」を行い、完工を祈った。

孝勝寺境内にある釈迦堂は、伊達騒動に巻き込まれた仙台藩4代伊達綱村公が、母・三沢初子の冥福を祈って建立した御堂である。その釈迦堂には、孝勝寺の寺宝、一寸八分の釈尊像が祀られてきた。その釈尊像は、熱烈な法華経信仰をしていた三沢初子の御持仏で、伊達騒動のとき綱村公を守るため、一心に法華経、お題目を唱え祈願した釈尊像である。釈尊像が安置してあった釈迦堂は、移築を繰り返し老朽かが進んでいたため、このたび、320年ぶりに全面修復が執り行われている。創建当初から使われたとみられる14の本の柱や屋根、壁面の装飾はできるだけ生かして、元禄時代の建築様式を再現し、外観は年末までに完成する予定である。

上棟式に参列していた元仙台市博物館長・東海林恒英氏は「今年は伊達騒動の出来事で有名な刃傷事件が起きて350年の節目であり、仙台にとって重要な史跡が再現されることは意義深い」と述べられた。またほかの参列者も「綱村公が御報恩感謝の誠を捧げる釈迦堂が修復されて、とてもうれしいです。私もお題目を唱えていきたい」と話していた。

2021年5月28日号

宮城・伝統こけしを守る応援事業「こぞうくん×こけし」新登場!

DSC_0291【宮城】昨年より続くコロナ禍の中、世情が大きく変化している。多くのコロナウイルス感染者への対応処置から医療崩壊の憂き目にあい、飲食業・観光業の経営状態が逼迫し、経済的打撃が深刻化している。ワクチン接種が始まったものの、経済状態は先行きが不透明であり、延期した東京五輪も開催しようという気持ちはあるものの、現実としては開催に疑問符がつく状態が続いており、未だ光が見えない現状が続いている。

先般開催された日蓮聖人御降誕800年大法要も駆け付けたい多くの僧侶・檀信徒がいたものの、リモート参加しか出来ない事に多くの人たちも無念な思いがあった。

また、地方の日蓮宗寺院でもコロナ禍での被害は少なくない。葬儀等での会葬者の減少・法事の延期や中止・祈祷等の参拝者の減少等、多くの寺院での経営状態も決して良いものではない。

そのような厳しいコロナ禍の中、飲食業・観光業の売り上げは未だ低迷している。宮城の伝統こけし業界では昨年より例年比20%以下の売り上げが続いており、休業する伝統こけし職人も増えている。

宮城県の伝統こけしは観光客への土産物としての販売が中心であり、コロナ禍での需要はほとんどない。また、宮城県内でのお祭り行事への出店や、全国各地のイベント・物産展への出店もこけし業界での大きな収入であるが、どちらもコロナ禍によりほぼ開催されておらず、そちらの収入もない。

コロナ禍でのこけし業界はまさに八方塞がりである。

その様な厳しい中、コロナ禍での伝統こけしを守る為に、日蓮宗宮城県宗務所(日野教恵宗務所長)と日蓮宗新聞社が共同で「こぞうくん×こけし」を考案し、こけし卸売業者へ製造を委託し、宮城県内の寺院を対象に1体3500円で販売した。金額的には高価ではあるものの、支援という意味合いが大きい。

非常に愛らしく作成されており、商品を見た多くの檀信徒が笑顔になり、現在100体以上購入者が殺到した。また、多数購入して頂いた方には表情違いのシークレットを提供しており、製作者の遊び心も忘れない。

日野所長は「このコロナ禍ではどの業界も大変な状況にあります。しかし世界規模で皆が大なり小なりつらい思いをしているのも事実。被害の大きい人がいても、手を差し伸べてくれる人はなかなか現れてはくれません。私たちお寺も行事が出来ない等の被害もありましたが、観光業・飲食業な方々は経済的にもっと大変つらい思いをしております。そのような被害の大きい隣人を助ける方法として、県内の寺院と檀信徒に協力して頂きました。このこぞうくんとコラボした支援の輪が様々な場所で広がっていく事を期待しています。」と話し、さらなる支援を求めた。

令和3年3月末日で「こぞうくん×こけし」の宮城県限定販売は終了したが、日蓮宗新聞社では「こぞうくん×こけし」全国販売の取り扱いを鋭意検討しているとの事。

これを機にかわいらしい「こぞうくん×こけし」の購入を検討してみては如何でしょうか?

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07