全国の通信記事

2022年10月17日号

宮城 3年ぶりの街頭布教

宮城221019【宮城】令和4年10月17日、日蓮宗宮城県布教師会(梅森寛誠会長)と日蓮宗宮城県社会教化事業協会(阿部錬雄会長)共催のもと、宮城県仙台市・勾当台公園付近の定禅寺通り交差点に於いて街頭布教が実施された。コロナウイルスの影響により3年ぶりに行われた街頭布教であり、参加僧侶7名が各々の切り口で日蓮聖人・お題目・釈尊・社会問題等について様々な法話を行った。実施場所はオフィスビルや百貨店、市役所・県庁も近くにある人通りが多い交差点で、忙しく通行する人が多い環境だった。その中にあっても、足を止めて話を聞く方や、浄財をお布施して頂ける方もおり、かつ年齢層も様々だった。混乱する社会状況に伴い、仏教や宗教に対する関心が高まっている様にも感じられた。梅森会長は、カルト宗教と政治の関りという問題や、国民の負担や不安が増し続ける現状を語り、国民の心を重要視された日蓮聖人の教えをお話され、政治的・社会的問題が累積する中でこそ、宗教的支えが重要となる事を伝えられていた。阿部会長は、ウクライナ戦争やコロナ禍により、人間の尊厳が害される現在の世の中を危惧し、生命の大切さ、自らの生き方の顧みる重要性を、日蓮聖人と法華経の思想を基にして力強く伝えられていた。両会長共に、動乱の鎌倉時代に於いて辻説法を行った日蓮聖人の思いを受け継ぎ、僧侶が人々や社会に対して役割を果たす事の重要さを共通して述べられていた。

2022年10月6日号

宮城 修法師会主催・一日行堂

宮城221006②【宮城】本年は大荒行堂が3年ぶりに開堂する。宮城県でも6名の入行僧がいる為、宮城県修法師会・加藤錬榮会長主導のもと、一日行堂を加藤会長自坊の宮城県・本還寺にて令和4年10月6日に開催し、僧侶約15名が修行に参加した。

当日朝より入行会をはじめ、水行~読経~水行・・・と交互に繰り返し、一日とはいえ寒さや水の冷たさもあいまって休む間もなく厳しい修行であった。

加藤会長は冒頭の挨拶で「宮城県から多くの行僧が入行します。この一日行堂で初行の皆さんは荒行修行を体験し、先輩達を見習って修行に励んで下さい。そしてこの経験を糧に、成満してくれる事を祈っています。」と入行僧を激励した。

参加した入行僧は「荒行前にこのような経験をして、とてもありがたかったです。もう荒行まで一か月をきりましたが、成満出来るように頑張ります。」と決意を新たにしていた。

2022年9月17日号

宮城 第36回統一信行会

宮城220919③【宮城】令和4年9月17日(土)、宮城県仙台市・妙法結社(阿部錬雄教導)が担当し、大和町まほろばホールを会場に第36回管内檀信徒統一信行会が開催された。日蓮宗宮城県檀信徒協議会(早坂晃会長)主催で、日蓮宗宮城県宗務所(日野教恵所長)後援のもと、約130名の教師・檀信徒がかけつけた。

コロナ禍により2年中止したため、3年ぶりの開催であり、その間の担当であった阿部教導や日野所長は万感の思いで本会に臨んだ。また当日は最大台風14号が接近していたが、台風がゆっくり進行した為、天候が崩れる事なく開催出来た。偏に「法華経の祈りのかなわざる事なし」である。

開催にあたり団旗を持った宮城県の各寺院代表者が寺院団旗を持って唱題行脚にて会場入りして開会式を行った。開会に先立って宮城県檀信徒協議会の前会長/玉谷光夫さんが檀信徒協議会会長を15年務めた功績により、管長表彰がなされた。

日野所長は挨拶にて「私の任期とともに隣で尽してくれました。本当にありがたい事です。」とその功績と厚恩を讃えた。

阿部教導導師のもと、法味言上して妙法結社の縁起由来が説明された。阿部教導の壮絶な人生や結社の成り立ちを参加檀信徒は聞き入っていた。

その後檀信徒協議会にて本紙面お盆号に掲載された宮城県法玄寺(駒林泰玄住職)の土砂災害の義援金勧募を会場内で行い、募金総額105276円を宮城県宗務所へ手渡しした。後日全額を法玄寺へ届ける予定である。

最後に身延山久遠寺副総務の浜島典彦師による講和「日蓮聖人の身延山での生活に学ぶ」をお話され、日蓮聖人の身延山での厳しい生活や聖人の人となりの素晴らしさを聞き、コロナ禍でなかなか行けなくなっていた身延山参拝であったが、日蓮聖人身延御入山750年に向け参拝意欲が高まった。

最後に次回開催である、経王寺/本妙丹後稲荷結社へ団旗が渡され閉会した。

参加檀信徒は「コロナ禍でお経やお題目を唱えられなかったけど、久しぶりの信行会で心が晴れた気持ちになった。身延団参も行きたいね。」と満足げな様子であった。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07