全国の通信記事

2022年3月11日号

福島 東日本大震災復興慰霊法要

福島220315①【福島】令和4年3月11日、福島県いわき市久之浜町に於いて、日蓮宗妙経結社(石川是法上人)主催、福島県青年会(菅原瑞正会長)、福島県女性教師の会(新妻妙祥会長)共催の下、東日本大震災復興慰霊法要が行われた。海岸付近の会場まで福島日青会員11名と女性教師の会員3名が唱題行脚で向かい、震災の発生した午後2時46分のサイレンを合図に黙祷を捧げ、その後復興慰霊法要を厳修し、震災物故者の追善供養をした。東日本大震災より11年目という新たな一歩を踏み出す地元住民の方々や亡くなった故人、新しく変わりゆく故郷を偲ぶ方々が参拝され海に向かって焼香、献花をした。

最後に福島県日蓮宗青年会菅原会長は、多くの方々が震災で犠牲になられた一方で、新しく生まれ大きく成長してきた命もあります。震災の年に生まれた自分の子供が小学4年生になりました。11年という月日はそれだけ長いものではありますが、震災のことを風化させず、子供達にも知っていってもらい、多くの亡くなった方々に今生きている自分たちと元気に生活している子供達の姿を見せてあげることが一番の供養になるのではないかと思います。また来年、再来年と続けていきたいと思いますのでまたお会いしましょう。と語り、地元の被災地の方々を勇気づけた。

2022年3月9日号

宮城 東日本大震災慰霊法要

宮城220311③【宮城】令和4年3月9日、宮城県塩竈市・顕妙寺(日野教恵住職)を会場に宮城県宗務所主催の東日本大震災慰霊法要が営まれた。

本年も新型コロナウイルスの影響を鑑み、宮城県宗務所職員のみで震災犠牲者への御回向と復興祈願の御祈祷が行われた。

式の最後に宮城県宗務所日野教恵所長から「震災や災害の被害、新型コロナウイルス、戦争による緊迫した世界情勢等の混沌とした世情の中、来年で震災犠牲者の13回忌を迎えるにあたっての、僧侶の役割と信仰の大切さ」についてのお話を頂き閉式した。

2022年2月11日号

岩手 第50回春の大祭・平和復興大國祷会

岩手220222①【岩手】2月11日に岩手県遠野市砥森山法華寺(阿部是秀住職)において第50回春の大祭・平和復興大國祷会が行われた。感染症対策ということで僧侶は検査を実施、参列者は本堂、広間や外など密を避けるため分散しての開催となった。

修法師による水行が行われ、気合の入った声が山中に響き渡った。そして本堂にて平和復興大國祷会が行われ、エネルギッシュなお経と祈祷に参列者は手を合わせた。

そして、日蓮宗大荒行堂元正伝師工藤堯幸僧正(青森県聞法寺院主)、日蓮宗大荒行堂元副伝師佐々木瑞英僧正(岩手県瑞然寺住職)が祝辞を述べ、50回目という長期にわたり大祭を続けてきた阿部住職に労いの言葉を贈った。

「震災を経験したと思えば次は疫病。沈む世の中を少しでも上向きに、そして日々平和に過ごせるようお題目におすがりし祈っていきたい」

こういう世の中だからこそ、今出来る事を全力に。阿部住職は、この先も春の大祭を続けていく決意をしめした。

春の大祭はその年の大荒行堂を成満した修法師を招いて行っている。しかし現在コロナ禍の影響で荒行が行われていない為、昨年と今年の大祭は岩手県修法師と有志が出仕している。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07