全国の通信記事

2021年10月2日号

山形 宗祖降誕800年慶讃山形管区大会

山形211011②【山形】10月2日、酒田市妙玄寺において宗祖ご降誕800年慶讃山形管区大会が厳修された。コロナ禍において管区法要自体の開催も一時は危ぶまれたが、宗務所主催の団参も中止することに決定していたため、何とか管区法要だけはという強い思いから、池田所長のリーダーシップの下、準備を重ねて大会開催に至った。当初は檀信徒参加型の法要と考え、中規模ホールでの開催を計画していたが、新型コロナ感染拡大の為、檀信徒の参加を見送ることとして規模を大幅に縮小しての開催となった。

池田義潤山形県宗務所長が大導師を久松玄徳協議員議長、大類秀憲協議員副議長が副導師をそれぞれ務め、式衆は青年僧を中心に構成された。式衆は青年僧らしく声明七曲を厳かな中にもはつらつとした声でお唱えして法要は進められ、法要の中盤、池田所長は宗祖ご降誕800年をお祝いすると共に立正安国実現の誓い、コロナ収束を願った慶讃文を奉読した。また河端孝成修法師会長を修法導師に迎え、修法師7名で御宝前修法を行い、力強い読経の声と木剣の音を堂内に響き渡らせた。法要出仕及び参列寺院、山形県檀信徒協議会会長、妙玄寺総代、総勢約40名が参加した慶讃法要は荘厳且つ厳粛に執り行われた。また参加できなかった檀信徒のために、この法要の模様は委託した業者にカメラ三台を用いて撮影して頂いた。後日撮影された映像を編集して「YouTube」にて公開し、さらにはDVD化もする予定である。

参列した妙玄寺総代の一人は「こんなに大勢のお坊様が一同に会した法要はなかなか見る機会が無い。参列させて頂きありがたい。」と感激されていたのが印象的だった。今回の降誕800年慶讃法要を通して感じたことは、これが単なるお祝いで終わってはいけないということだ。私たち僧侶はこれからも法華経・御題目の弘通に邁進していかなければと覚悟を新たにしたところである。

2021年8月28日号

青森 外ヶ浜町聞法寺で本堂落慶と入退寺式

青森210914②【青森】外ヶ浜町聞法寺で8月28日、大本堂落慶並びに入退寺式が行われ、感染症対策が講じられた中、僧侶檀信徒約280名が参列した。

大本堂新築は宗祖降誕800年を慶讃事業として平成30年5月27日に地鎮式が執り行われて進められてきたものである。間口6間、奥行12間の大本堂は、外陣天井いっぱいに京屋伊助杉山正氏による聞法龍王神が描かれている。

落慶入魂の御宝前修法では、日蓮宗青森県修法師会長木立知孝修法導師のもと修法師8名により開眼入魂の修法祈祷が行われた。

引き続き、第六世工藤堯幸師が御宝前に向かって慶讃文を言上。新本堂建立の発願から法灯継承に託す想いが読み上げられると、参列者の中には涙ぐむ者もいた。

副干与である田端義宏師(鯵ヶ沢町永昌寺住職)から住職認証の辞令が伝達された後、工藤堯幸師から第七世工藤堯慎師へ払子並びに過去帳が手渡され、法灯継承となった。

ここからは工藤堯慎師に導師が代わり、参列者へ修法祈祷を行った。工藤堯慎師の気迫のこもった声が大本堂内に響きわたり、その姿に再度、涙する参列者が見られた。

日蓮宗加行所正傅師をつとめ、また長年に亘って修法祈祷により多数の檀信徒未信徒を教化してきた第六世工藤堯幸師に、日蓮宗全国修法師会連合会からの修法歴五十年表彰が、木立知孝青森県修法師会会長から伝達された。なお、初行から共に荒行を重ねてきた小山威光師(大鰐町妙徳寺住職)も併せて表彰されている。

続いて、大本堂新築に当たり多大な協力をした檀信徒へ、感謝状の贈呈と本願人たすきの授与が第七世工藤堯慎師よりなされた。檀信徒を代表して最上一護持会会長は、第六世工藤堯幸師の教導に対する感謝と新住職を支えて聞法寺の益々の発展に檀信徒一同、力を合わせていくことを力強く語った。

結びの第七世工藤堯慎師の挨拶では、来賓寺院に対し、幼少期よりの関わりの中での思い出やエピソードを交えた御礼の言葉と、檀信徒に対して聞法寺が益々隆昌させる決意が述べられた。この挨拶を聴いた檀信徒からは「お上人さんひとりひとりに対して、笑いもあるお礼の言葉が忘れられない。感謝する姿が印象的だった。私たち檀信徒ひとりひとりを、これからも大切にしてもらえる気持ちが伝わってきた。」と話していた。

2021年7月9日号

宮城 立正平和祈願大法要

宮城210709③【宮城】7月10日は戦時最大級の空襲のあった仙台空襲の日である。宮城県日蓮宗青年会(早坂寛道会長)はその仙台空襲犠牲者への追福と世界平和を祈念し、「立正平和祈願大法要」を毎年7月9日に開催している。コロナ禍により昨年は参拝者なしでの開催であったが、本年も本山・孝勝寺(谷川日清貫首)を会場として日青会会員のみで開催した。

法要では谷川貫首の表白文にて「静かに生死の浮沈を思うに優悔の悲しみ肝に銘じ、身に当たりて忍び難きなり」と谷川貫首の心情を述べ、戦死者に対する悲しみ、また東日本大震災犠牲者に対する悲しみ、また昨今の豪雨災害犠牲者に対する悲しみを吐露し、各犠牲者への冥福と安寧を願った。

その後、早坂会長導師の元「立正平和祈願会」にて修法を行い、無事円成した。

早坂会長は「昨年に引き続き参拝者なしにて開催しました。しかし、戦没者への慰霊の心持ちや、昨今の豪雨被害の被災者に対する皆様の気持ちは一緒だと思います。宮城の地より皆様の幸せを唯々祈るのみです。」と述べ、コロナ禍により思うように動けない状態でも、やれることをしっかりやろうという気持ちが表れていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07