全国の通信記事

2022年9月15日号

秋田 盲導犬育成のための街頭募金活動

秋田220920①【秋田】伝道会(石川是仁会長)は9月15日、秋田駅で盲導犬育成のための街頭募金活動を行なった。募金活動には秋田県盲導犬使用者の会(船木修会長)会員と盲導犬3頭も参加した。コロナ禍にあって多くの募金活動が停滞している中での街頭募金だったが、多くの人々の募金する姿が見られた。石川会長は「視覚障害者の方々が、もっと街を自由に歩けるような社会のために尽力したい。」と活動に力を入れている。同会は現在まで5頭の盲導犬を視覚障害者のもとへ送っている。現在6頭目の盲導犬貸与に向けて奮闘中だ。この日集まった募金は、北海道盲導犬協会への寄付金に充てられる。

2022年7月25日号

福島 特別僧風林

福島220810①【福島】福島県日蓮宗青年会(曲山貴雄会長)は、会津若松市大法寺(曲山海弘住職)において、7月25日(月)-26日(火)の二日間に亘り令和4年度特別僧風林を開催した。

会では、例年同時期に修養道場を開催していたが、令和2年以降取り止めていた。本年は、対象を管内寺院子弟に限定し、新型コロナウイルス感染リスクの回避を念頭に置いた小規模開催とした。本年同会より発行された『妙法蓮華経のこころ』を手にした児童たちは、所作・読誦を中心とした仏事研修に励んだ。また親睦レクリエーションとして、アスレチック・カヌー体験・モルック等を楽しんだ。

曲山会長は、「子どもたちにとっては夏の思い出であるとともに、親元を離れて大きく成長する大切な機会となる。現況での判断は困難を伴ったが、二日間で一皮むけた姿を見ると、開催してあげられてよかったと感じる。」と語った。

2022年7月9日号

宮城 立正平和祈願大法要

宮城220712②【宮城】宮城県日蓮宗青年会(谷川海明会長)が主催し、仙台空襲と東日本大震災の犠牲者を追悼する「立正平和祈願大法要」が7月9日、仙台市本山孝勝寺(谷川日清貫首)で営まれた。                         仙台は大平戦争末期の7月10日、空襲よって多くの犠牲者が出る惨事に見舞われた。

その仙台空襲犠牲者の追福と世界平和を祈念し、毎年7月9日に本山孝勝寺に於いて、「立正平和祈願大法要」が行われている。コロナ禍により一昨年と昨年は参拝者なしでの開催であったが、また本年も本山孝勝寺を会場として青年会会員のみで開催された。大法要は谷川日清貫首御導師のもと厳修され、その後、世界平和と震災被災地の早期復興を祈念する「立正平和祈願会」が営まれた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07