全国の通信記事

2017年5月6日号

清水区正法寺第22世手島一真師

静中170515①【静岡中】清水区由比の正法寺で5月6日、第21世手島英真師から第22世手島一真師へ法灯を継承する「入退寺式」が行われ、僧侶檀信徒約三百人が参列した。
英真師は、昭和45年に住職に就任して以来、宗務所長などの要職を歴任。宗外でも由比町教育委員会委員や教育長、東海道広重美術館館長などの重職をこなし、地元の文化教育の発展に寄与した。そして今年、正法寺の創建七〇〇年にあたり、住職の座を後進に譲ることを決意した。新住職の一真師は、立正大学仏教学部教授で、中国仏教史の研究者として活躍している。
式に先立ち、稚児約40人を含む晋山行列が行われた。式中には辞令伝達と過去帳・払子の授与などが行われた。
中條暁秀宗務所長は祝辞で、英真師の功勲の一つとして「常設宗務所」開設への尽力を挙げ、感謝と敬意を表した。
一真新住職は謝辞で「先々代が英真上人に授けたお経本に、『行学成辨』との言葉が書き込まれています。『正法寺の住職は勉学を旨とする』との伝統がここに息づいているのでしょう。これからも、お釈迦さまのみ教えと日蓮聖人のお導きを、より多くの人に伝えることに全力を尽くしたいと思います」と抱負を語った。

2017年4月29日号

山梨2 海沼啓文上人本葬儀

【山梨2】4月29日、市川三郷町宮澤寺第33世海沼啓文上人(世寿92歳、法号啓文院日顕上人)の本葬儀が、導師に本隆寺岡義通上人、式集に山梨県第2部声明師会を迎えて行われた。
参集した檀信徒、近隣寺院の面々は、在りし日の海沼上人のお姿に思いを馳せ、別れを惜しんだ。

2017年4月28日号

山梨1 祖師像修復完成遷座式

山一170502 (1)【山梨1】追分帝釈結社=感井坊(内野光智上人教導)で祖師像修復完成遷座式が平成29年4月25日(火)寺院、信徒、地元有志108名にて行われた。内野上人は、5年前から感井坊を任されお堂を修繕したり、朽ちた休憩所を撤去した。祖師像も湿気等で痛んでおり修復を志し、昨年4月28日に感井坊より身延山大学の工房に移り、柳本伊左雄特任教授の指導のもと一年かけて修復がおこなわれた。修復された祖師像が御輿にのり工房を信徒と共に出発、身延山祖師堂で御開帳をうけ法主様よりご挨拶を頂いた。ロープウェイにて奥の院思親閣を経由し感井坊へと到着した。遷座式法要を行い、一同で読経、唱題を捧げた。内野上人は、「管理させて頂いてから
、町の方々や、多くの方のお力を得てここまでこれました。まだ復興半ばです。少しずつ進んで行きたいと思います。」とお礼を述べていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07