全国の通信記事

2020年12月12日号

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三210107【山梨3】十二月十二日、山梨県第三部宗務所(岡本正富宗務所長)・同檀信徒協議会(横内正孝会長)は南アルプス市寺部妙遠寺(秋山義行住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
新型コロナウィルスの影響により、年内の管内行事は全て中止であったが、行脚を通して世界平和・コロナウィルス終息を祈願しようと例年より規模を縮小しての開催となった。
開催当日、出発会場となった妙遠寺には管内教師、檀信徒合わせて約四十名の参加者が集まった。
開会式では檀信徒協議会の横内正孝会長が挨拶し、「寒さ厳しい中、大勢の参加感謝いたします。お題目を通して一日も早くコロナウィルスが終息するよう共に祈りましょう。」と今回の行脚に対する想いを述べた。

今回の行脚では同地区のお寺二ヵ寺、泉能寺(米木義晧住職)実成寺(望月義文住職)にて休憩を摂った。
温かい御供養を受けながら約五キロメートル弱の行程を、二時間かけて練り歩いた。
唱題と団扇太鼓の音に誘われ、沿道には募金を寄せる近隣住民が数多く出ており、中には遠くの方から駆け寄ってくる方もいた。
多くの方の応援や励ましにより、参加者全員無事に歳末助け合い唱題行脚を終えた。

今回の唱題行脚で五二万五九六九円集まり、宗務所職員、檀信徒協議会役員の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

2020年12月1日号

山梨・青年会で歳末行脚―響くお題目に祈りを込めて

山四201207 (1)【山梨四】毎年12月1日に山梨県日蓮宗青年会は南アルプス市において歳末助け合い唱題行脚を行っている。コロナ禍の現状を踏まえ、少人数でマスクを着用しながらも例年通り市内を練り歩いた。青年会員9名のお題目と団扇太鼓が市内に響き、沿道では多くの人が手を合わせていた。道中では各寺院を巡り、御宝前にてコロナによって尊い命を失った人々への供養をし、「コロナ早期終息」を祈願した。集まりました浄財、148,202円は公益財団法人山日YBS厚生文化事業団へ寄付された。

2020年11月30日号

静岡中・修法師会で冬期読誦会

静中201207 (1)【静岡中】静岡県中部修法師会(黒﨑政秀会長)は11月30日、管内富士宮市東漸寺(黒﨑政秀住職)にて冬期読誦会を行った。コロナ対策として出仕者の制限をもうけ、会員18名が参加。法要ではマスクとフェイスシールドを着用し、コロナ禍早期収束と闘病する患者さんへの当病平癒、併せて医療従事者への身体健全を祈願した。黒﨑会長は、年末年始は祈祷会が多くなる時期なので、感染対策に十分留意し、安全への工夫をして修法をしてもらいたい。お寺にいる時間が増えた今だからこそ、檀信徒とゆっくり話をして結びつきを強め、一丸となってコロナウイルスの危機を乗り越えてほしい、と話した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07