全国の通信記事

2017年8月20日号

静岡東 第四十回少年少女修養道場

静東170901 (5)【静岡東】伊豆国青年会(瓜島洋明会長)は八月二十日~二十一日、第四十回少年少女修養道場を行い、二十九名の子供達と一泊二日の生活を過ごした。
開会式は三島受法寺(瓜島義典住職)本堂で行われ、修養道場が事故・怪我無く円成出来る様法味言上した。瓜島会長は、「目に見えない気遣い、心遣い・気持ちも言葉・行動にする事で目に表れます。優しい言葉を掛け合い、みんなで協力し合って良い修養道場にしていきましょう」と話した。続いて本堂にて団扇太鼓の練習をし、子供達はお題目唱えながら調子を取るのに苦戦しながらも一生懸命取り組んだ。書院に移動しお守り作りをし、昼食後本堂に戻り唱題行を行った。慣れない正座の痛みと戦いながら、子供達は大きな声を出してお題目を一生懸命唱えた。引き続き伊豆国青年会修法師六名によるご祈祷が行われ、子供達の発育増進を祈念し、初めて日蓮宗の木剣加持祈祷を受けた子供達は、その迫力に圧倒され「正座の痛さも忘れる位凄い迫力だった」との声も聞こえた。
その後箱根の里に移動し、夕方からバーベキュー・キャンプファイヤー・花火と子供達は皆元気に取り組んだ。
翌朝、六時に起床し布団を自分達で片付けた後ラジオ体操で体を起こし、お世話になった箱根の里施設内をみんなで協力し合って清掃した。朝食後芝生広場にてドッヂビーを行い、バーベキュー会場においてカレー作り・薪割りを体験した。自分達で作ったカレーライスは余程美味しかったのか、お替りをする子も多く見受けられた。
その後、三島本覚寺(望月歓水住職)に移動し閉会式を行った。
参加した子供は、「お経をいっぱい唱えて、正座を沢山して、お坊さんの修行は大変だったけど、二日間の経験はとても新鮮で充実した。家のお手伝いをやって、周りの友達にも優していきたい」と話した。今回の一泊二日の修養道場は、子供達にとって忘れる事の出来ない体験となった様だ。

2017年8月5日号

静岡西 日蓮聖人作と伝わる胎内仏を公開

静西170830 (1)【静岡西】浜松市天竜区山東にある曹洞宗の光明寺で、開山1300年記念として8月5、6の両日、木像では国内最大級とされる高さ約4㍍の大黒天像の胎内仏を始めて一般公開した。
胎内仏は日蓮聖人の作品と伝わる三面大黒天で高さ15㌢で6本の腕がある三面六臂(ろっぴ)の像。三面の中には憤怒の表情があり、宝珠を持つ手もあった。
同寺の由来書によると昭和2年の火災により初代の大黒天は消失。その近くに在った杉の大木も被災いに遭い、捨てるには、もったいないと昭和12年に仏師が現在の大黒天に作り直され、同寺の檀家が所持していた日蓮聖人の作くと伝わる三面大黒天を像内に納められたという。

静岡中 桔梗地蔵法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【静岡中】静岡県中部青年五明会(佐藤龍宣会長)は8月5日、静岡市田町五丁目にて桔梗地蔵法要を行った。江戸時代、この地は牢屋で亡くなり、引き取り手のない人たちを埋葬した場所であり、その霊の鎮魂するために毎年法要が営まれている。本年は五明会会員6名が出仕し、近隣の住民40名ほどが参列。法要後には柴田啓壽上人(妙像寺修徒)が法話。30年以上続いている行事を通し、地元との関わりを深めている。自治会長はお地蔵さんの加護があるから、公園での事故や怪我がなくてありがたいですと笑顔で語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07