全国の通信記事

2019年10月17日号

静西・田沼意次(たぬま おきつぐ)―生誕300年特別展

DSC_0938 【静岡西】「日本の歴史上最も評価が分かれる人物、田沼意次の出生と七面大明神」
田沼意次は江戸時代、53歳のころ安永元年(1772年)、江戸幕府の老中に登り詰め、さまざまな政策を実行したが世間一般には金権賄賂政治を行ったとして、失脚した。
現在ではさまざまな資料をもとにその評価が見直されつつもある田沼意次だが、39歳から藩主を務めた相良藩(さがらはん)の地にあたる静岡県牧之原市の史料館では「日本の歴史上、最も評価が分かれる男・田沼意次。その人物像に迫る!!」として特別展「大意次展」が開催されている。
本年が生誕300年となる田沼は、やはり出生にもドラマがあった。意次の父、意行が遺言の中でこう言ったと伝えられている。「お前は七面大明神に祈願してやっと授かった待望の子どもだ。そのことを忘れないよう一生をかけて信心するとともに、七面の七にあやかって田沼家の家紋を七曜紋にせよ」(『相良海老』)。
特別展では意次に語られた出生の秘話にまつわる史料『相良海老』や、七面大明神にあやかって家紋に定められた七曜紋があざやかに残る田沼家の刀だんす、飯びつなどの所蔵品、田沼が腐心した経済政策の貨幣等も展示されていて、幕府老中としてさまざまな取り組みを行った田沼意次のスケールの大きい活躍ぶりが想像できる展示となっている。
会場は牧之原市史料館。田沼関連の特別展は入場無料で12月1日まで。

2019年10月15日号

静岡中 富士宮市本光寺宗祖御降誕800年記念事業落成式

静中191028①【静岡中】富士宮市本光寺(石川浩徳住職)で10月15日、お会式と合わせて「宗祖御降誕800年記念事業落成式」が行われ、僧侶檀信徒約100人が参列した。
本光寺ではご降誕800年記念事業として、平成28年に本堂耐震工事と屋根の銅板葺き替え工事、境内敷石の敷設工事が発願され、さらに本堂天井の張替え、道路に面した塀の改修工事、祖師堂窓のサッシ化、本堂内陣改修工事、本堂正面洗浄工事などが成された。また総代の望月壯一氏からは本堂前に燈籠が建立奉納された。
当日は法要の前に、石川住職作詩の「お会式歌題目」の和讃が五番まで奉唱された。塚本智秀宗務所長と本山小泉久遠寺の吉田日綱貫首の祝辞ののち、筆頭総代の米山勝氏は「今年は複数の台風の試練に見舞われました。そんななか、軽い銅板の屋根を見ていると心が穏やかになり、温かみさえ感じることができる気がします」と謝辞を述べた。石川住職は「この日蓮聖人ご一泊の霊蹟に宿る聖人の御魂が、本光寺を守ってくださっているのではないかと思います」と感謝を述べた。

2019年10月6日号

山梨2 宗祖降誕800年管区大会

山二191021 (14)【山梨2】10月6日富士川町小室妙法寺で、山梨県第二部宗務所宗祖降誕800年管区大会が営まれ、僧侶檀信徒約300人が参列した。令和3年2月16日に日蓮聖人降誕800年をお迎えするにあたり、山梨県第二部宗務所山梨県第二部檀信徒協議会が、本山小室徳栄山妙法寺を会場に、慶讃法要及び嵐圭史氏の講演を行った。法要では日蓮聖人に報恩感謝の誠を捧げ、祖願達成に邁進することをお誓いした。法要後、朗読の名手として知られる嵐圭史氏が「日蓮さまのお心に聴こう」を演題に講演した。迫力ある話に来場者は熱心に耳を傾けていた。参加者の1人は、「日蓮聖人についてもっと勉強してみたいと思った」と話した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07