全国の通信記事

2017年11月2日号

山梨2 日蓮聖人七三六遠忌御会式法要ほか

山二171107b【山梨2】11月2日市川三郷町法傳寺(仲澤浩祐上人)に於いて、日蓮聖人七三六遠忌御会式法要並びに自然災害物故者慰霊法要が行われ、法傳寺檀信徒、法要出仕の近隣寺院各僧侶と共にお祖師様に報恩の誠を捧げ、また被災物故者に追悼の意を表した。当日は天候にも恵まれ、夜には、東京や県内各地から来られた9つの万灯講約250名が、各々賑やかに練り歩き、町内を賑わせた。

2017年10月29日号

静岡中 檀信徒がお会式前の大掃除

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【静岡中】10月29日、清水区妙蓮寺(笠井照永住職)でお会式前の大掃除が行われた。台風の影響で朝から大雨が降っていた中、檀信徒32名が参加。この大掃除は日蓮聖人への報恩感謝の気持ちを込め、毎年お会式法要(妙蓮寺では11月3日)直前の日曜日に行われている。仏具の清掃や香炉の灰ならし、堂内外の桜飾り等、普段手の行き届かないところまで念入りに清掃奉仕をした。参加者は、家の掃除はしなくてもお寺さんの掃除は欠かさずやりたいですと笑顔で語った。僧俗共に菩提寺を盛り上げていく力強さを改めて感じた。

2017年10月25日号

静岡中 全国法華和讃大会へ

静中171107a (4)【静岡中】日蓮宗宗務院主催・日蓮宗全国和讃連絡協議会(田端義宏会長)後援の「平成29年度全国法華和讃大会」が10月25日、茨城県つくば市のノバホールで開催された。静岡中部法華和讃振興会(林昌壽会長)は僧侶寺庭婦人檀信徒約40人で一泊二日の「茨城奉詠団参」を行った。大会には全国から6団体、約400人が参加した。
先陣をきって奉詠した静岡中部は「先師御詠」の1番と4番を披露。バスの中でぎりぎりまで練習した成果を発揮した。
閉会式で田端会長は「和讃は祈りであり、お経と同じ。これからも成仏するための和讃に挑戦していただきたい」と参加者を激励した。
夜には慰労会がひらかれ、一行はガマの油売りの口上などを楽しんだ。林会長はあいさつで「静岡中部はトップバッターで緊張しましたが、そのぶん心が一つになりました。心のこもった、いい発表になったと思います」と語った。
二日目にはJAXA筑波宇宙センターを見学し、成田山新勝寺に参拝して帰路についた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07