全国の通信記事

2019年11月16日号

静岡西 浜松南地区信行会

DSC_1052【静岡西】十一月十六日、浜松市の本誠寺(渡邊英俊住職)にて浜松南地区信行会が行われ、新たに本堂内陣が荘厳された同寺本堂に僧侶檀信徒ら約八五名が集まった。
法要後に行われた法話では、藤枝市大慶寺修徒大場唯央師が講師を務め、参加者に筆記用具や教箋が配られ、ふだんあたりまえに感じている恩を書くことや話すことで「恩」を実感し、受けている恩をお返しする「恩返し」よりも、周りへ送る「恩送り」こそが法華経の精神につながる、という参加者参加型(インタラクティブ)の場となった。

2019年11月4日号

静岡西 北遠地区信行会

静西191125b【静岡西】十一月四日、浜松市の妙傳寺(石川一元住職)にて北遠地区信行会が行われ、僧侶檀信徒ら約七〇名が集まった。
法要後に行われた法話では、「新しい時代に必要なもの~非効率から生まれる心~」と題して、同市妙雲寺住職梅澤仁孝師が今後世界に普及が報じられているAIと、科学者らが人間の心をどのように捉えているかなど、現代的な視点と仏教の関わりを説いた。仏教が科学者らにもさまざまな面で参考にされているのは人間の非効率な面に視点を向けているからこそであり、法華経の精神にも通じていることなどが話され、参加者らは熱心に聴講していた。

2019年10月26日号

静岡西 浜松市常住院で杉浦直敬師入寺式

静西191125a【静岡西】十月二十六日、浜松市の常住院にて御会式にあわせ法燈継承式が行われ、檀信徒ら約八〇名が参列した。式中では辞令伝達ののち杉浦則雄前住職から杉浦直敬新住職に払子が渡された。新住職杉浦直敬師は御宝前で奉告文を力強く読み上げ、常住院のますますの護持発展に尽力を誓った。法要後の謝辞では新旧両住職ともに檀信徒の護寺丹精に感謝の思いが述べられた。本堂内にはたくさんの檀信徒が参列し、菩提寺へのあたたかな思いが伝わってくる式典となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07