全国の通信記事

2020年9月13日号

静岡東 檀信徒のリモート参列で輪番奉仕

静東200918③【静岡東】宗務所は全国に先駆け、ライブ配信と檀信徒のリモート参列というこれまでにない形での身延山祖廟輪番奉仕を9月13日に実施した。護法運動発祥の地である静岡県東部では、毎年欠かさずバス7~8台を貸し切り教師・檀信徒と共に祖廟輪番奉仕を行ってきた。しかし昨今のコロナ禍では、中止を余儀なくされ意気消沈していたところ、檀信徒からは「非常に残念だ」「何とか行きたい」という祖廟への思いが聞こえてきた。そして、その思いを何とか形にして報恩の灯を絶やしたくないとの局員からの意見で宗務所長及び局員による代理参拝というアイデアが生まれた。そのアイデアを持ち身延山ご当局と話し合いをしたところ、快諾していただいたうえにライブ配信をしてはどうかとのありがたいお言葉を頂戴した。当日は、安藝栄修宗務所長及び宗務所局員18名が登詣し、大客殿にて輪番委嘱の儀後、御真骨堂で輪番奉仕法要を営み、御廟所常唱殿での法要では、今回の輪番奉仕に賛同した32ケ寺、410名の教師・檀信徒の名前が読み上げられた。この様子がライブ配信され、賛同者らはそれぞれの自宅などで視聴しながら法要にリモート参列した。この新しい試みに、檀信徒からは「感激しました」「こういう形でも輪番奉仕に参加できてよかった」「来年は身延山で輪番奉仕が営めるように祈りました」といった声が上がった。この試みは新たな輪番奉仕参加者の開拓につながったのではないだろうか。

2020年9月9日号

静岡東 訃報・髙田政行師

静東200923 (1)【静岡東】髙田政行師(静岡県三島市通猛寺第36世)
令和2年9月9日遷化、法寿96歳。法号は境隆院日義上人。
新型コロナウィルス感染予防の為、9月15日の通夜は2部構成で行われ、葬儀は9月16日、いずれも通猛寺本堂にて執り行われた。
髙田師は長年中学校教師を勤め、多くの人々が厳しくも優しい人柄を偲んだ。

2020年8月26日号

静岡東 伊豆の国市最明寺第34世平澤修一師の本葬儀

【静岡東】伊豆の国市最明寺第34世平澤修一師の本葬儀が8月26日に同寺で営まれた。平澤師は3月14日に世寿84歳で遷化平澤修一師。同市妙長寺の住職を経て、平成3年に最明寺住職に就任し、同29年に退任するまでの間、本堂改修、庫裡建て替え、境内地整備、永代供養塔の建立などで寺門発展に努めた。管内では伊豆国青年会長、宗務所参事、協議員などを歴任した。地域においては消防団活動、社会福祉法人・長岡寮湯の家の寮長、保護司として地域の発展、福祉、更生保護に尽くした。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07