全国の通信記事

2017年9月13日号

静岡東 第三十四回山静教区檀信徒研修道場

DSC_0895【静岡東】九月十三日~九月一四日第三十四回山静教区檀信徒研修道場が身延山研修道場で開催された。檀信徒研修道場は毎年山梨・静岡の各宗務所が交代で務め、本年は静岡県東部宗務所(安藝栄修所長)が担当した。檀信徒十二名の参加があり、開場式で参加者を代表し大川勘太郎氏から日蓮宗徒たる意識向上を願うとの誓いの言葉が述べられた。齋藤紳悟山静教区長は「大聖人のお膝元で修行出来る事に感謝して二日間どうぞ励んでください」と激励の言葉を送った。昼食後十三時より久遠寺祖師堂にて厳修される日蓮聖人報恩読誦会へ参列し、その後行脚して祖廟へ向かい参拝した。研修道場へ戻り釈尊伝、祖師伝と題し身延山布教師である諏訪是隆上人・林是恭上人より講義、夕食後身延町紫雲堂の遠藤敏行氏より、仏道に目覚めたきっかけやご自身の信行体験を交え、檀信徒の心得について講義を頂き参加者はメモを取りながら熱心に聞き入った。その後茶話会が開かれ、参加者の日頃の信行や、日蓮宗寺院・僧侶に対して率直に思う事、施餓鬼やお会式等お寺で行われる各行事に対しての事、お寺をもっと盛り上げていくには何が必要なのかといった事が、指導員の僧侶も交えて予定時間を上回る程熱く話し合われ大変貴重な時間となった。翌朝、四時三十分に起床し本山朝勤へ参列し研修道場へ戻り日昭堂にて朝勤をし、仏祖三宝へ法味を捧げ参加者の信心増進を祈念した。朝食後、お世話になった研修道場の清掃を行い、九時より常唱殿において祖廟別当高野玄隆上人より「霊山身延に関する御書のこと」と題し法話を頂戴し、参加者は改めて日蓮大聖人のお膝元である聖地身延で修行出来る喜びを噛み締めた。
祖廟での唱題行では、お題目一遍一遍に心を添えてお唱えし日蓮大聖人に報恩感謝の意を捧げた。研修道場に戻り閉場式が行われ、法味言上の後参加者を代表し中野典子氏が二日間の無事と指導員にお礼の言葉を述べた。又安藝栄修山静副教区長は、「指導をさせて頂きながら、皆様のお姿が尊く見え私も多くの事を学ばせて頂きました。今回経験された事、そして皆様の信仰の心を今後は周りの方にも伝え、日蓮宗徒の模範となって頂ければ幸いに存じます」と述べ、参加者からは「今後も積極的にお寺の行事には参加し、より良いお寺になる様サポートしていきたい。周りの方にもお題目の信仰って良いものなんだと言う事を伝えていきたい」話した。一泊二日と短い時間ではあったが、指導員・参加者共に刺激を受けた良い研修道場だったようだ。

2017年8月20日号

静岡東 第四十回少年少女修養道場

静東170901 (5)【静岡東】伊豆国青年会(瓜島洋明会長)は八月二十日~二十一日、第四十回少年少女修養道場を行い、二十九名の子供達と一泊二日の生活を過ごした。
開会式は三島受法寺(瓜島義典住職)本堂で行われ、修養道場が事故・怪我無く円成出来る様法味言上した。瓜島会長は、「目に見えない気遣い、心遣い・気持ちも言葉・行動にする事で目に表れます。優しい言葉を掛け合い、みんなで協力し合って良い修養道場にしていきましょう」と話した。続いて本堂にて団扇太鼓の練習をし、子供達はお題目唱えながら調子を取るのに苦戦しながらも一生懸命取り組んだ。書院に移動しお守り作りをし、昼食後本堂に戻り唱題行を行った。慣れない正座の痛みと戦いながら、子供達は大きな声を出してお題目を一生懸命唱えた。引き続き伊豆国青年会修法師六名によるご祈祷が行われ、子供達の発育増進を祈念し、初めて日蓮宗の木剣加持祈祷を受けた子供達は、その迫力に圧倒され「正座の痛さも忘れる位凄い迫力だった」との声も聞こえた。
その後箱根の里に移動し、夕方からバーベキュー・キャンプファイヤー・花火と子供達は皆元気に取り組んだ。
翌朝、六時に起床し布団を自分達で片付けた後ラジオ体操で体を起こし、お世話になった箱根の里施設内をみんなで協力し合って清掃した。朝食後芝生広場にてドッヂビーを行い、バーベキュー会場においてカレー作り・薪割りを体験した。自分達で作ったカレーライスは余程美味しかったのか、お替りをする子も多く見受けられた。
その後、三島本覚寺(望月歓水住職)に移動し閉会式を行った。
参加した子供は、「お経をいっぱい唱えて、正座を沢山して、お坊さんの修行は大変だったけど、二日間の経験はとても新鮮で充実した。家のお手伝いをやって、周りの友達にも優していきたい」と話した。今回の一泊二日の修養道場は、子供達にとって忘れる事の出来ない体験となった様だ。

2017年6月19日号

静岡東・檀信徒協議会総会で「感謝の心」学ぶ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【静岡東】静岡県東部壇信徒協議会(栄源寺壇信徒総代 大川勘太郎会長)の総会が6月19日、伊豆の国市ホテルサンバレー富士見に於いて行われた。
総会後には日蓮宗布教師である伊東市蓮正寺住職 田中慈康師より「感謝の心」をテーマとした法話も行われた。立正大学に通い宗立学寮生として修学に励む中、肺炎を患い寮監先生や仲間に世話をして頂いた。その中で最も世話になった同級生が数年前に自坊の本堂再建に当たり、本人の貯蓄・壇信徒の寄付だけではどうしても足りず恥を忍んで同級生へ寄付金をお願いしてきた際、今こそ恩を返す時と協力させて頂いた。感謝というものはしてもされても大変に気持ちが良いものである。如来壽量品の「質直意柔軟」が如く、我慢や偏執に捉われず素直な心で御題目を唱え、感謝の心を大切に仏となる道を歩んで行きましょうと話されました。
田中師の言葉に参加者一同が耳を傾け、時には笑い、また相槌を打ち、有意義な時間を過ごされた時間を過ごされた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07