全国の通信記事

2020年11月7日号

静岡中 本山實相寺でお会式

静中201109⑤【静岡中】霊跡本山岩本實相寺(小松浄慎貫首)では、11月7・8日にわたり、宗祖日蓮聖人御入滅第739回御報恩お会式法要を営んだ。
例年ならば二日間、稚児行列、万燈講中が法要に花を添え、境内では屋台が出店してにぎわいを見せる。
本年は、コロナ禍につき自粛しての開催となったが、小松貫首の発案により7日お逮夜の法要にあわせて宗祖御報恩と疫病退散祈願の花火を打ち上げた。小松貫首は「世の中がコロナ禍で沈滞ムードにある中、少しでも元気を取り戻せるように願いをこめて」と花火の打ち上げの企画をしたと語る。
当日は、小雨が降ってはいたが突然のことに近隣住民は驚きとともに夜空に咲く大輪の花に笑顔と心を和ませた。
また、この日から総門より祖師堂につづく長い参道と境内はライトアップをされ町の評判となっている。

2020年11月2日号

静岡中 身延山高等学校に消毒用アルコール寄贈

静中201112 (1)【静岡中】静岡中部青年会「和党会」はコロナ禍の冬季流行対策支援活動の一環として身延山高等学校に消毒用アルコールとスプレーボトルを寄贈した。会を代表して11月2日に岡田觀正会計、斉藤大智事務局員より小林学校長へ手渡された。「毎日、生徒教職員一同で清掃と消毒に勤めているので消費が激しく今回の寄贈は大変有難いです。受けた恩を次の世代へ送る恩送りの心を生徒達に繋いでもらえれば」と述べられた。和党会には宗門子弟育成機関でもある同校卒業生が多く、教鞭を取る会員が在籍している事で実現した。

2020年10月22日号

静岡中・清水13ヵ寺で宗祖降誕800年慶讃法要

静中201104 (2) 【静岡中】清水日蓮宗寺院十三ヵ寺は十月二十二日に本山龍水山海長寺にて宗祖降誕八百年慶讃法要を執り行った。新型コロナウィルスの影響で管内各区で予定されていた慶讃事業が軒並み延期や縮小となる中、万全の三密対策を行っての慶事となった。
散華が厳かに舞う中、導師を勤める中條日有貫首が仏祖三宝への感謝と共に慶讃文を奉読し、参列した各寺院の代表者と共に「弥源太殿御返事」を拝読した。読経の後
静岡県中部宗務所所長・富士宮市円恵寺山主 塚本智秀師より祝辞が述べられ、
静中201104 (6)    中條貫首より「本来ならば本年の四月に日蓮聖人のお誕生をこの海長寺の本堂で大勢の檀信徒とお祝いすることを計画しておりましたが、疫病による影響で縮小を余儀なくされていたところ、若い僧侶方が中心となって今日に至れた事に感謝を申しあげます。日蓮聖人の三大誓願、立正安国・破邪顕正・異体同心、その三本の柱がありますがコロナという直近の大難が私達の目の前の問題としてある中、異体同心という言葉、お互いの力で注意しながら心を一つにしていけば
明るい社会が来ると信じ、一刻の早い社会の安寧をお祈りします。」とコロナ禍での心の在り様と参列への感謝を述べられた。
法要後には記念講談として人気講談師の一龍齊貞鏡師による日蓮聖人伝の披露があった。
聴衆は堂内に朗々と響く、貞鏡師の声と張扇の小気味良い音に、人の集いが制約される日々の労苦をしばし忘れて熱心に耳を傾け、マスク越しでもわかる程の笑顔にひと時を楽しんだ。
聴聞した清水区本能寺檀徒の鈴木陽子さんは聖人出家得度の際の情景を上げ、「日蓮聖人が出家の際のお母様との別れを今回講談で見聞きした時に菩提寺の若上人が身延へご修行に入られる時の事を思い出して感動しました。」と喜んだ。
貞鏡師は今回の記念講演を振り返り「講談界もコロナ禍で寄席ができず難しい時期が続いていました。実はフェイスシールドを付けての講談は今回が初めてだったのですが、それ以上に聞いてくださるお客さんの表情が最初マスクで隠れて困りました(笑)次第に慣れて、くすくすと笑ってくださる反応が伝わってきました。高座の格調と落語の笑いの要素の中間にあるのが講談だと思っていますが、仏教で説かれる中道…固すぎず柔らかすぎず臨機応変に向き合っていきたいです」と述べられた。
清水の地にて今回の慶事はコロナ禍においても宗祖の遺徳と歴史に触れ、人の繋がりの有難さを改めて感謝する機会となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07