全国の通信記事

2022年6月20日号

静岡中 富士宮市本成寺で法燈継承式

静中220621①【静岡中】富士宮市長遠山本成寺において令和4年6月20日、第63世住職となった脇村教広上人の法燈継承式が執り行われた。華やかに飾られた堂内に静岡中部7区寺院、本成寺檀信徒が多数参列し、堀之内雅楽会各聖が式衆を勤めた。
小林教一前住職より法灯を継承した新住職は「20才の頃より本成寺に通い、多くのご縁を頂戴しました。総代檀信徒の思いを胸に抱き、護法護山を大聖人にお誓いします」と謝辞を述べた。本成寺は日蓮聖人が一夏九旬滞在し、他宗より改宗した日蓮宗最初の霊場といわれる。

2022年6月13日号

静岡中・修法師会で交通安全祈祷会

静中220630 (1)【静岡中】静岡県中部修法師会(黒﨑政秀会長)は6月13日、管内静岡市宗林寺(廣﨑本浄住職)にて交通安全祈祷会、読誦会を行った。堂内には僧侶檀信徒20名が集い、読誦唱題の声が力強く広がった。世界平和と檀信徒の信力増進、身体健全が祈念された。

2022年6月8日号

静岡中 山静教区布教講習会

静中220627④【静岡中】6月8日、身延山大本堂において山静教区布教講習会が行われた。

「日蓮宗伝統の高座説教~身延の祖師を語る」と題し、3名の常任布教師による御一代記がリレー形式で行われた。

まず塚本智秀師(静岡県圓恵寺住職)が誕生から身延思親閣、

次に山口顯辰師(秋田県本住寺住職)が龍口法難から身延、

最後に豊田慈證師(愛知県法華寺住職)が身延下山から御入滅までを語った。

身延山は来年に開闢750年を迎えるということもあり、当日は教師のみならず、檀信徒や参拝の観光客までも聴聞できるように企画された。

本宗の高座説教が従来の儀式として整ったのは江戸時代中期といわれ、一座説教の中で語られる御一代記(祖伝:繰り弁)復権を三師は訴えられた。

聴聞された女性は、日蓮聖人の御生涯を目の当たりにして感激し、思親閣の場面では目頭が熱くなりました。貴重な体験ができ感謝しますと述べていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07