全国の通信記事

2017年5月19日号

静岡中・布教師会総会、研修会 鈴木隆泰師「法華経における法師とはなにか」

静岡中部170612 (2)【静岡中】布教師会(塚本智秀会長)は5月19日、総会と研修会を富士市内のホテルで開催し、管内僧侶約50人が参加した。研修会では山口県立大学大学院教授で東京都江東区善應院住職の鈴木隆泰師が「『法華経』における法師とはなにか」と題した講演を行った。
鈴木師は、キリスト教では神が語ったもののみを聖典とするのに対し、仏教ではブッダが語った言葉以外にも、「人を導くために善く説かれたものであるならば、それは釈尊の言葉である」として、大乗非仏説を「無知や誤解から生じたものに過ぎない」と否定し、すべての仏典は仏説であると示した。
さらに釈尊滅後、「成仏の保証(授記)」がないことから、成仏を目指さない小乗仏教が正当化されたことを指摘。大乗経典誕生の根源的理由を「授記を与える釈尊の出現が待望されたこと」にあるとした。『法華経』は、この釈尊にしかできなかった「授記」を、釈尊入滅後に法華経の行者(法師)に託し(付嘱し)、法師に「一切衆生を成仏させるという強烈な使命感を喚起」させるために成立したのであり、日蓮宗僧侶に期待されるのは「説法によって如来を現在化し、授記を与え、衆生を利益すること」にあると結論した。

2017年5月16日号

静岡中 第20回全国法華和讃指導者講習会

静中170605 (1)【静岡中】今年発足35周年を迎える静岡県中部法華和讃振興会(林昌壽会長)は5月16日、富士市霊蹟本山実相寺(豊田日穂貫首)で「第20回全国法華和讃指導者講習会」を行い、茨城、兵庫、熊本、長崎など全国10管区から寺庭婦人と僧侶、計21人が参加した。
参加者は、初心者の「聖詠コース」と熟練者の「おさらいコース」に分かれて講習を受けた。前者は基本所作となる太鼓の打ち方、和讃の節回しなどを学び、後者は『先師御詠』『妙法蓮華経和讃』を中心に基本を復習したのち、応用所作に磨きをかけた。
閉講式ではご宝前で、コース別に講習の成果を披露し、日蓮聖人実相寺ご入蔵七五〇年の記念につくられた『日蓮聖人御一代記』の一節「入蔵」を全員で奉詠した。豊田貫首はあいさつで「日蓮聖人の遺徳をしのぶ、というのが和讃の基本的な考え方。その平和への祈りを心に刻んで、世間の人に訴えていただきたい」と激励した。
その後、参加者は一切経蔵を見学し、日蓮聖人が立正安国論を構想された当時に思いを馳せた。

2017年5月11日号

静岡中 寺庭婦人会総会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【静岡中】寺庭婦人会(杉山美恵子会長)は5月11日、静岡市「あざれあ」を会場に総会を開催した。管内86名が参加。同日行われた研修会では「人の心のつかみ方、コミュニケーションのこつ」という講題で静岡第一テレビの久保ひとみ氏より講演を賜った。県内屈指の知名度とパワフルさをもつ久保氏の講演に会場は大盛り上がりだった。講演中、参加の寺庭婦人は天気予報の報道や食レポを体験し、交流。どんなことにでも適時に話し返す久保氏の表現力の豊富さに圧倒された。久保氏はコミュニケーションの要は、畏まらないことと距離感を縮めることだと語り、その身をもって講演した。檀信徒に身近で接することの多い寺庭婦人は親近感が大切であると学んだ。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07