全国の通信記事

2019年6月20日号

静岡中・檀信徒協議会総会で新会長に影山精一氏

静中190708b (2)影山師hp【静岡中】檀信徒協議会(掛川洋一会長)の総会が6月20日、沼津市プラサヴェルデで開催され、管内寺院代表の檀信徒約130人が参加した。
総会では新たに役員が選任され、会長に富士市本山實相寺(小松浄慎貫首)総代の影山精一氏が任命された。
総会ののち、前宗務所長の中條曉秀師(静岡市本山海長寺貫首)が「生活の中の仏教語」と題した講演を行い、身近な仏教由来の言葉をはじめ、お札に書かれた意味などを説明した。

2019年6月17日号

静岡中・富士市本蔵寺から法華経28品の塗り絵本出版

静中190617b【静岡中】富士市文化振興財団の理事長を務め、日本画家でもある丸茂湛祥師(富士市本蔵寺住職)が昨年夏、日蓮聖人御降誕八百年と同寺開創四百年を記念して『法華経二十八品図絵』を刊行した。
法華経各品の内容を簡単にまとめ、分かりやすく絵に表したものがこの画冊。白線描のページがあり、塗り絵として利用することはもちろん、著作権フリーで、部分をコピーして寺報のカットとしても使えるようになっている。また大きな仏画を描く際の下絵にもなる。
彩色については、ネパールの細密画の学校に依頼して完成した。ネパールは二〇一五年四月二十五日、大地震にみまわれており、この図絵は、カトマンズの人々に普通の生活を取り戻してほしいとの願いもこめられている。
A4判、119頁、定価3500円+税+送料。お求めは本蔵寺(ファクス0545・52・9786)まで。

2019年6月12日号

静岡中・ミャンマー訪日僧正一行を迎えて瞑想体験会

静中190708a (1)hp【静岡中】富士宮市常泉寺(貫名英舜住職)は6月12日、ミャンマーから訪日しているネミンダ僧正一行を迎えてヴィパッサナー瞑想の体験会を行い、僧侶檀信徒約十人が参加した。
ネミンダ僧正は、10年以上前に富士宮市妙善寺住職の寺尾是堯師がミャンマー旅行に行った際に知り合い、それ以来親交を深めてきたミャンマー人僧侶。今年の3月に貫名師を団長にミャンマーを訪れた際、再会した経緯がある。
一行は、ネミンダ僧正に加えてタイやミャンマーで10年以上、上座仏教の修行を積んだ井上剛一師とミャンマーの大学院生、ジャガラ比丘を含めた三人。この前日には大本山身延山久遠寺を参拝したのち、妙善寺と常泉寺を表敬訪問した。
当日は上座部式の法要をパーリ語でおこなったのち、約二時間、座る瞑想と歩く瞑想を、レクチャーを受けながら体験した。鳥のさえずりや車の通る音など、ふだん見過ごしている現象に改めて気づいた参加者からは「あっという間の二時間だった」との声があがっていた。(

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07