全国の通信記事

2018年11月19日号

静岡中 身延山大学公開講座

静中181122 (3)【静岡中】宗務所(中條曉秀所長)主催、身延山大学共催の「身延山大学公開講座」が11月19日、富士市交流プラザで開催され、百人を超える僧侶檀信徒が参加した。今回は身延山大学教授の三輪是法師が「日蓮学入門 ―法華経って どんな教え?-」と題した講演をおこなった。
三輪教授は法華経の壮大な物語を順になぞりながら、そこに隠れた教えをわかりやすく説明した。そして法華経を「菩薩を仏にする教え」と位置づけ、「仏さまがだれから問われるのでもなく自ら説いたお経」であり、仏の境地が説かれていることにその特殊性があると語った。

2018年11月17日号

静岡中 天井画奉納奉告式

静中181121b (3)【静岡中】富士宮市妙善寺(寺尾是堯住職)で11月17日、お会式法要とあわせて「天井画奉納奉告式」が開催され、僧侶檀信徒約90人が参列した。
この妙善寺本堂内陣に飾られた色とりどりの花の天井画は、「妙善寺仏画会」のメンバー約25人が、花の下絵を模写し日本画に仕立てたもので、今回百十二枚が奉納された。日本画家でもある富士市本蔵寺住職の丸茂湛祥師が講師として招かれ、今年の4月から月に一度のワークショップを開催して一人4枚ほどの作品を作成した。この講座は天井画奉納後も続けられ、現在は観音菩薩像の模写に取り組んでいる。
当日は法要ののち、丸茂湛祥師が「ありがとう、よかったね」と題した法話を行い「皆さんの作品が天井に飾られて、お寺への愛着が増したのではないでしょうか。有名なプロ画家の作品を飾るよりも、みんなで力を合わせて作ったということのほうが大切です」と語った。
参加者はめいめい自分の作品を確認しながら「私の生きた証がずっと残るのがうれしい」「子々孫々に語り継ぎたい」などと語っていた。

2018年10月21日号

静岡中 富士宮市長見寺で法灯継承式 

静中181121a (3)【静岡中】富士宮市長見寺で10月21日、お会式とともに第四十六世山田本成師の退寺式と第四十七世山田本光師の法灯継承式が行われ、僧侶檀信徒約百人が参列した。
本成師は昭和59年に住職に就任以来、34年にわたって山門護持発展に尽力した。また平成19年から23年までは宗務所副長など要職を務め、社会教化にも寄与した。
11月8日には祝宴が設けられ、約百人が参加した。本光新住職は「いままで私に決して無理強いをしなかった師父本成上人が昨年、初めて私に頭を下げて『長見寺を継いでほしい』と懇願されました。私にとって人生で一番こたえたひと言でした。これからは、これまでいただいた多くのご恩に報いていきたい」と決意を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07