全国の通信記事

2019年6月29日号

山梨4 峡北地区檀信徒協議会が身延山輪番奉仕

山四190702b (1)【山梨4】峡北地区檀信徒協議会は6月29日(土)に7カ寺の僧侶檀信徒70名で身延山輪番奉仕を行った。日蓮聖人降誕800年を前に初の合同での輪番奉仕を企画し、実現となった。須玉町遠照寺の住職長田俊彦上人を導師として内野日総法主猊下から委嘱状を受理された。長田上人は「地方の1寺院では輪番奉仕に参加しづらい面もあるが、合同で行う事で負担も軽減される。輪番奉仕を通して僧侶と檀信徒の信仰を深める事で日蓮聖人の降誕を祝うものに相応しいと感じる。全国の寺院で祖山参拝のきっかけになれば幸いです」と語られた。

2019年6月24日号

山梨4 檀信徒協議会定期総会

山四190702a (2)【山梨4】6月24日、甲府市総合市民会館檀で信徒協議会定期総会を開催し、僧侶檀信徒約300名が参加した。
総会に先立ち、管区法要『世界平和・自然災害物故者慰霊・日本復興祈念音楽大法要』を営んだ。寺庭婦人会による和讃奉詠、雅楽法要、檀信徒と共にお経とお題目の声が響き渡った。総代・役員研修会として京都市常照寺の奥田正叡上人を講師に迎え、『いのちに合掌』~日蓮聖人降誕800年に向けて~の演題内容による講演が行われた。法華経の歴史とお題目の意義に触れ、令和元年度の檀信徒協議会新会長の三井兵部(本妙寺)さんは「日蓮宗をはじめ全国の寺院の発展に貢献したい」と決意を表した。

2019年2月24日号

山梨4 赤木顗俊師の帰山式

山四190304赤木 顗俊上人 (2)【山梨4】2月24日、中央市妙泉寺(赤木 顗延住職)で大荒行参行を成満した同寺副住職赤木 顗俊上人の帰山報告式が行われた。
顗俊師は6名の成満僧と共に、二百名余りの檀信徒が待つ妙泉寺に入り、水行をした後で本堂にて帰山奉告式を行った。
式中、謝辞では「本日を迎えられたのは、私の三回目の荒行に賛同してくださった住職や家族、そして檀信徒の皆さんのおかげです。今回の修行はこれまでにないほど厳しいものでしたが、それは私に檀信徒の皆さんの願いを背負っていく重みを感じさせてくれました。これからも皆さんの期待に応えられる存在であれるよう、励んで参りますので、よろしくお願いします」と三度目の一百日を無事に終えた感謝と抱負が語られた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07