全国の通信記事

2019年5月10日号

山梨3 南アルプス市妙善寺で花祭り

山三190522①hp【山梨3】南アルプス市飯野の妙善寺(若林義裕住職)で5月10日、花祭りが開催された。
妙善寺護持会の役員が参列のもと釈尊降誕会の法要が営まれた後、毎年の恒例により、同寺の近隣にある巨摩保育所から園児たちも150名加わり賑やかに行われた。
大勢の保育園児たちを前に挨拶をした若林住職は、花祭りの由来を教え、園児たちに「本当は4月8日がお釈迦様の誕生日だけども、保育所の皆にも来てもらいたいので本日御祝いをしようと思いました。お釈迦様のお母さんの麻耶夫人はある時夢の中で、皆の前にいる白像がお腹の中に入ってきて、その後お釈迦様が麻耶夫人の中に宿りお生まれになったそうです。お釈迦様がお生まれになる時、空に龍が現れお釈迦様の誕生を祝い、甘い雨を降らせました。今はその甘い雨の代わりに甘茶という甘いお茶をお釈迦様にかけてあげるようになりました。ですから今日は皆さんにお釈迦様がお生まれになった時と同じように甘茶をかけてもらい手を合わせて、これからも元気で大きくなれますように祈ってね。お釈迦様も皆に対して平和であるよう祈ってくれています。だからちゃんと先生の言う事や、お母さん、お父さんの言う事をよく聞き、お友達が困っていたら助けてあげられるような良い子になろうね。」と挨拶した。
招待された園児たちは白象に乗った誕生仏に甘茶をかけ、恥ずかしがりながらも先生に促されながら「元気で大きくなれますように、良い子に育ちますように」と熱心に手を合わせてお祈りをしていた。
園児自らも甘茶の味を楽しんだ後、妙善寺護持会館内にてバルーンアーティストの催しが行われ、会場内は大いに盛り上がった。
園児達は「お茶が甘くておいしかった」「楽しかったからまたお寺に遊びに来たい」と大きな白象を撫でながら喜びの声を聞かせてくれた。

2019年3月16日号

山梨3 南アルプス市長久寺入退寺式

山三190329【山梨3】平成三十一年三月十六日南アルプス市法立山長久寺において第二十世丸茂玄英師退寺、第二十一世丸茂玄昌師入寺式が執り行われた。
予報では雨だった天気も当日は晴天に恵まれ、多くの僧侶檀信徒がお祝いにかけつけた。
式中に山梨県第三部宗務所長岡本正富所長より辞令伝達が行われ、住職認証状が授与され、続いて前住職より払子が授与された。
奉告文では佛祖三宝、長久寺歴代上人に感謝を申し上げると共に、これからの寺門興隆に向け、更なる精進を誓った。
祝辞では、山梨県第三部宗務所岡本正富所長はじめ、本山岩本山実相寺小松日祐貫首猊下、市川三郷町定林寺院首?刀貞如僧正より心温まる祝辞をいただいた。
謝辞では新住職より、僧侶となってからご縁をいただいた方への感謝の想い、これからの広宣流布への決意を述べた。
その後祝宴が開かれ、多くの僧侶檀信徒が新住職の誕生をお祝いした。

2019年3月6日号

山梨3 女性信徒研修

山三190322 (1)hp【山梨3】3月6日、南アルプス市上市之瀬、高峰山 妙了寺(佐野顗誓住職)を会場に第三部檀信徒協議会(石川俊幸会長)主催、山梨県第三部宗務所後援(岡本正富所長)『平成30年度・女性信徒研修』が開催された。
管内の女性信徒を対象に行われるこの行事は、今年度で10回目となり、今年は管内以外からも口コミで参加の希望があり約一三〇名の参加者が集まった。
初めに開催にあたり檀信徒協議会会長の石川俊幸会長は「でんでんむしの悲しみ」という童話の中の法華経観を感じ、「私達も沢山の苦しみや悲しみを持ちながら生きているが、お釈迦さまはそんな私達衆生の救済の為に法華経を与えてくれた。しかし法華経は難信難解の為、日蓮聖人はお題目に与えてくれた。このお題目を唱えていくことによって法華経を理解していくことが出来る。このお題目は1人よりも10人、10人よりも100人、100人よりも1000人で唱えることの方が効果は大きい。日蓮宗ではお題目を弘める運動を展開しております。ぜひ皆様方の1人1人の力によってお題目を弘めていって頂きたい。今日の女性信徒研修会で法話を聞いて有意義な時間を過ごし、共に楽しみたいと思います。」と挨拶があり、法話へと続く会場を温めた。
研修では、山梨県南部町の本郷寺住職・身延山久遠寺庶務部長、小澤惠修師より『信仰と女性』と題した法話が行われ、「仏の顔も三度まで自分も本当の意味を知ったのはつい最近の事だ。是は法華経ではなく維摩経に説かれているものですが、道を誤った人を導く上で一番初めに口を出す時、人間には多少の怒りの心をどこかで持っている。2回目に口を出す時は、迷いを抱きながら投げかけ、この人は本当に変わってくれるだろうかと思っている。そして3回目は何度言っても聞いてくれないと悲しみの心を持つ。この悲しみとは何なのか?御経の中に説かれていますが、悲しみとは祈りの事。3回諭したら後は祈りなさいと書いている。これが4・5回と数を重ねていくと、お互いに次は恨みの心に変わってしまう。ですから3回目以降はただその人の心を悲しみ祈りなさい。仏の顔も三度までとは決して3回目以降は許さないという事ではない。ですから大聖人が『大慈大悲』と使うのは、法華経に帰依しなさいよという大きな祈りを込めての意味なのだ。」と話し、続けて「ここに居る皆さん実は既に仏です。性格など色々違うが全て仏です。だからお互いの心を祈り合わなければいけない。お釈迦様は法華経というのは全ての人(一切衆生)を救う教えが説かれた御経である。ですから法華経を説いて以降お釈迦さまはずっと私達の事を祈っている。まさしく先ほど話した仏の顔も3度までとはこのことです。
大聖人は諸経の女人成仏は有名無実の成仏往生であり、法華経を離れて成仏を願う事は出来ない。法華経第十二の提婆品には龍女成仏が説かれており、龍女の成仏は龍女一人の成仏が説かれているわけではなく、すべての女性の成仏を示し、道をふみあけたものである。お釈迦さまの願心は、生かされている自分に気付き、他を生かす事である。これがお釈迦様の究極の目的である為沢山の教えが説かれ、最後に法華経の中で一切衆生の成仏が可能だとお説きになられた。」と述べ約1時30間の法話を締めた。
小澤師の法話は今回で3回目となったが、今回も終始笑い声が絶えず、檀信徒は熱心に聞き入っていた。参加者の中には「今年も来てよかった。楽しかった。来年も是非参加したい」という方々も多く、今回の女性信徒研修も大盛況のうちに幕を閉じた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07