全国の通信記事

2021年12月11日号

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三220111②hp【山梨3】12月11日、山梨県第三部宗務所(岡本正富宗務所長)・同檀信徒協議会(横内正孝会長)は南アルプス市有野、行善寺(加茂智静住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。

開催当日、出発会場となった行善寺には管内教師、檀信徒合わせて100名の参加者が集まった。暮れに近づくにつれ寒さが増してきてはいたものの、当日は青空が広がり、気温が暖かく、毎年参加されている参加者の中にはいつも以上に張り切っていた方々もいた。

開会式では檀信徒協議会の横内正孝会長が挨拶し、「毎年行われている歳末助け合い行脚ではございますが、日蓮宗で唱える世界平和、そして助け合いの精神というものを、参加の檀信徒の皆さんと共に行動に表す日でもある。今日は皆さま方と共にこの思いを弘めていきたいと思うので、元気にお題目を唱えて参りましょう。」と今回の行脚に対する想いを述べた。

参加者から成る長い隊列は教師と檀信徒の代表が掲げる赤、青、二旗の玄題旗を先頭に出発すると、それぞれが被災地や世界平和への想いを胸に、力強くお題目を唱え、歩みを進めた。

今回の行脚では南アルプス市飯野新田 了円寺(秋山義行住職)にて休憩をとり、出発点の妙善寺まで戻る、約3キロメートル弱の行程を二時間かけて練り歩いた。

唱題と団扇太鼓の音に誘われ、沿道には募金を寄せる近隣住民が数多く出ており、中には遠くの方から駆け寄ってくる方もいた。

また、参加者の中には「被災地の早期復興や被災者の方々に対しての祈り、新型コロナウィルスの早期収束、世界が安穏に暮らせる日常が早く戻ってくるように、まず自分自身の心のあり方に気を付けたい」と述べられた方もいた。

温かい声をかけられた参加者たちは、その声に応えるように、最後まで元気一杯にお題目を唱え、充実した気持ちで行脚を終了した。

今回の唱題行脚で集った義援金を合わせた寄付金は54万8153円集まり、宗務所職員、檀信徒協議会会長の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

2021年10月29日号

山梨3 管区大会降誕800年記念慶讃法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【山梨3】令和三年十月二十九日、山梨県第三部宗務所主催、宗祖日蓮聖人御降誕八〇〇年慶讃法要が桃源文化会館を会場に開催され、一三〇名が参加した。本来は昨年十一月に開催を予定していたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、今回の開催となった。開式にあたり山梨県第三部宗務所岡本正富所長より「日蓮聖人御降誕八百年という五十年に一度の記念すべき年に、このような慶讃法要を行えることを嬉しく思います。コロナ禍により規模を縮小しての開催となりましたが、嵐圭史先生の講演と管区内の僧侶による法要をお楽しみください」と挨拶があった。まずはじめに、嵐圭史先生により「日蓮さまのお心に聴こう」の演題のもと、ひとり語りが行われた。熱の籠ったひとり語りに参加者は感激し、聴き入っていた。その後、導師に岡本正富所長、副導師に村上通明声明師会長、安藤顗雄修法師会長、中村義恵社教会長、柏原啓修布教師会長、式衆に声明師会員、修法師会員参列により慶讃法要が行われた。式では「高祖讃」を奉納し宗祖御降誕へ報恩の声明を捧げた。また慶讃文で岡本所長は「我らが慶讃の微衷を領納し、威神の力を現じて、加被を垂れ、立正安国・お題目結縁運動を魔事魔障なく円成なさしめ、一天四海皆帰妙法の本願を成就せしめ給わんことを。」と言上した。

2021年4月21日号

山梨3 教化センター公開講座

山三210514①hp【山梨3】令和3年4月21日、南アルプス市鏡中條、玉泉院を会場に、山梨県第3部教化センターオンライン公開講座『「定年後」はお寺が居場所』を表題に行われ、講師には立教大学社会デザイン研究所研究員、ライターの星野哲氏に講演を頂いた。当日会場には25名、オンラインから僧侶、檀信徒10名の参加があった。

講演の中で星野氏は、全国各地域、各宗派の寺院で、行われている事例や画像、また自身が興味を持ち実際にフィールドワークしてみた事などを紹介しながら話を進め「今日、社会に於いて求められているお寺の在り方、また行きたくなるお寺とはどういうお寺なのか、檀家さん以外の方でも気軽に行けるお寺、誰でも居ていいんだと思える場を提供してくれるお寺とはどの様な工夫をしているのかを見ていくと、多種多様な方々に携わってもらっている寺院が多く、「お寺が」ではなく「お寺と」一緒にアクションし、様々な分野の人とアクションを考える寺院である。有名なお寺やお坊さんも、出来る範囲から行い、繋がりを広げていくと共に課題に気づき、積み重ねいったのが現在の姿。地域に社会貢献を共に行う方々との繋がりを増やし、又その場を提供出来るお寺は率先してやっていく、提供だけではなくもう少し関わっていく意識を持つことが必要である。そもそもお寺は仏教、仏教は苦と向き合うことを説いており、その苦を取り除いてあげること自体が社会貢献、その姿勢は常に持っていてほしい。」と、これからのお寺という場の可能性、必要性について熱く語った。

講演後、参加者の中には「今現在、総代に就いているが、話を聴くまで檀家としての目線でしか見てこなかったが、今回の講演を聞いて、今までと異なった新しい視点を考えさせてもらった。今日の話をお寺に持ち帰り情報を共有したい。」と感想を述べ、2時間の内容の濃い講演に参加者は惜しみない拍手を送り、講演会は幕を閉じた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07