全国の通信記事

2018年10月3日号

山梨3 護法団参

山三181105 (2)hp【山梨3】宗務所(岡本正富所長)と檀信徒協議会(石川俊幸会長)10月3日、4日1泊2日で護法団参を行った。
当管区では毎年恒例で大聖人の霊蹟や由緒寺院への団参を企画しており、今年度は檀信徒、教師合わせて85名の参加者が集まり、バス2台で「法華弘通の足跡~伊豆半島の霊跡を巡る」題し静岡県伊豆市、興門八本山の一つ
柳瀬の東光山實成寺(田中智海住職)、更に下田市のペリー来航の地、法順山了仙寺(松井大英住職)へ参拝した。
実成寺での参拝は、田中智海貫首の力強い読経により開扉法要をうけ、その後お寺の縁起やユーモアを織り交ぜながらの法話をいただいた。法話後にはお茶の接待を受け、参加者は御朱印を求め大いに賑わった。
下田の了仙寺では、開帳法要後松井大英貫首より、了仙寺の縁起、そして下田開港、日本開国に至るまでの話を、プロジェクターを使用して説明が行われ、数枚のペリーの肖像画や、日米下田条約がどの様に締結されていったかを約20分程で説明され、参加者は歴史的な話や、当時の下田の住人がどのようだったかを聞くと、大きく頷きながら話に聞き入っていた
今回の団参では参加者はどちらのお寺も初めての参拝の方が多く、初めて参加した方からは「日本の歴史なども知ることが出来、とても良い参拝ができました、是非次会も参加したい。」との声があげられた。

2018年9月9日号

山梨3 第1回朝粥会

山三180925山梨3】九月九日、南アルプス市有野行善寺(加茂智静住職)を会場に布教師会(柏原啓修会長)主催、寺庭婦人会(岡本知子会長)共催、宗務所(岡本正富所長)後援の『平成三十年度第一回 朝粥会』が開催された。
この朝粥会は飽食の時代にあって、食の原点を見直そうという目的で毎年九月から十一月までの間、管内寺院を会場に毎月一回行われている。
早朝から続々と集まった参加者は教師・檀信徒合わせて百人になった。
会は恒例の「たちばな和讃会」会員出仕による法華和讃奉詠で幕を開け、加茂住職を導師に約二十分の朝勤を行った。
満席の本堂に読経・唱題の声が響き渡った法要後、加茂住職は、お寺の歴史や感謝の言葉を述べた。
続いて布教師会会長の柏原啓修師の法話が行われた。
柏原師は法話の中で
「山梨県連合布教師会が出しているポスターの九月号に 『苦しく思うも、楽しく思うも全て己の心しだい』と書いてあります。日蓮聖人の御遺文には『苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうち唱居させ給へ』とおっしゃっています。このように皆様には苦しいことも楽しいことも思い合せていただき、感謝のお題目を日々唱えていただきたい」と述べた。
法話終了後、地域の集会所に場所を移し、早朝より管内寺庭婦人が心を込めて用意した朝粥が振舞われると、食法を唱え、一杯のお粥を大切に頂いた。

2018年9月8日号

山梨三・平成30年度 第1回 護法統一信行会

 

山三180927 (2)hp

【山梨三】9月8日、南アルプス市東南湖(横内義訓住職)を会場に山梨県第3部宗務所(岡本正富所長)・第3部檀信徒協議会(石川俊幸会長)共催『平成30年度・第1回 護法統一信行会』が開催された。

 

 この護法統一信行会は毎年9月から11月までの3ヶ月間、管内寺院を会場に毎月1回行われている。

 

今年度第1回目の開催となった今回は、組寺院の檀信徒を中心に僧俗合わせて90名の参加者が集まり、開式にあたり岡本宗務所長より挨拶があり、「2021年お祖師様の降誕800年慶讃事業がございます。今年より法要の形態も若干変更し時間も長くなるかと思いますが、一つ御協力頂き、皆様にはお題目をしっかりお唱えして頂き、お祖師様の供養も兼ね、益々信仰心を養っていただきたい」と述べた。

 

続いて布教師会会員の板倉本諭師が降誕800年に因んで「お祖師様のお生まれになって日蓮と名乗るまで」と題した法話が行われ、板倉師は法話の中で、「日蓮という名前の由来は妙法蓮華経如来神力品二十一の中の一説「如日月光明~能滅衆生闇」更には妙法蓮華経従地湧出品十五の一説「不染世間法、如蓮華在水」の経文からきており、その説明が御遺文の四条金吾女房御書に記してある。「法華経は日月と蓮華となり。故に妙法蓮華経と名づく。日蓮又日月と蓮華の如くなり」という所から由来しており、お祖師様は我こそ上行菩薩(法華経を弘めることを誓った菩薩)の化身なんだと自覚を持って法華経に説かれているままを、布教され、釈尊の教えが間違いではないこと、法華経こそが真実の教えであると証明していった」と語り、又、開経偈の内容が説明されると、これから行われる法要に向けて檀信徒は大きく頷きながら次第に心を整えていった。

 

約40分の法話が終わると、「たちばな和讃会」(秋山京子会長)の会員代表の20名が出仕し、法華和讃奉詠で幕を開けると、法玄寺横内住職を導師に法要が始まり、2021年の降誕800年に向け今回から法要も式次第が変わり、今年は発願法要として式衆8名の出仕、四師会の会長を脇座に迎え盛大に執り行われた。法要後、横内住職は「前回当山で行われた統一信行会は20年近く前に先代住職が導師として行ったことを覚えております。本日沢山の方々を迎える事が出来、大変嬉しく思いながら、その時の先代住職も同じ気持ちだったのかなと思いを巡らしております。本日御参詣、統一信行会への参加、協力を戴きありがとうございました。」と御礼を述べ法玄寺の縁起の説明も兼ね挨拶した。

 

 

 

 

 

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07