全国の通信記事

2020年2月16日号

山梨3 第1回法華写経会

山三200317【山梨3】2月16日、南アルプス市桃園 蓮経寺(布教師会会長柏原啓修住職)に於いて、山梨県第3部布教師会による令和二年度第1回法華写経会が開催された。
この写経会は、毎年2月と3月に2回開催されている。今回は経験者2名、未経験者6名の信徒8名、布教師会会員4名の12名が集まり写経が行われた。
布教師会柏原啓修会長は「法華経には、『受持』教法を受け持つこと、『読』読経すること、つまり経文を見ながら読むこと、『誦』経文を諳んじる暗誦すること、『解説』仏法を人に説き伝えること、『書写』写経すること、つまり経文を書き写すこと。これらの五つを実践し修行をする事により、身も心も清浄になり成仏へ繋がると説かれております。お経を聴くだけでも功徳を頂き、唱えればもっと大きな功徳を頂き、その経文を書写すれば、より一層の大きな功徳を得る事ができるのです。皆様には書写行を行い、少しでも心を落ち着かせ日々の生活に役立てて頂ければ幸いです」と、五種法師の功徳を説き挨拶を述べた。
その後、布教師会会員板倉本諭師より、
「字の上手い下手は関係ありません、仏様の御魂である一文一句を書き写す姿勢と、実践しているという気持ちが大事です」と、写経に取り組む姿勢や心構え、書き方などの説明があり、参加者は緊張しながらおもむろに書き始めた。ほとんどの方が初めての経験であったが、ある方は亡くなられた両親の先祖供養のため。また、息子の受験合格祈願のためなど各々祈りを込め、約2時間筆を休めることなく黙々と書き続けた。
写経終了後は、本堂において写経した経文を皆で唱え、納経式が行われた。
参加者からは「毎回参加をしているが、何度取り組んでも書き終わった後の達成感と爽快感が味わえます。普段の生活の中で2時間も何も喋ることもなく何かに集中すことがないのでとても良い経験になりました。また次回も参加したい」と、各々感想を述べていた。
尚、3月に開催予定であった第2回法華写経会は新型コロナウイルス感染拡大予防のため中止となった。

2020年2月7日号

山梨3 総代研修会

山三200309 (2)hp【山梨3】檀信徒協議会(横内正孝会長)は2月7日、南アルプス市飯野、桃源化ホールを会場に総代研修会が行われ、146名の参加者が集った。
講演会に先立って、岡本正富所長を導師に法味言上。続いて檀信徒協議会会長横内会長より、参加された各寺院の総代さんに対して御礼を兼ねて挨拶が有り「皆さんは地域社会のリーダーとして、また、各寺院の総代として役を任されていると思うが、お寺という場所は中々理解しにくく協力を得られなかったりとすることもあります。皆様は役に付くことによって、ようやくその大変さや内情を知っていき、お寺への尽力をされていると思います。本日は講師先生を招いて貴重なお話をしていただきます。皆様にとって有意義な研修になることを願っています。」と述べられた。続いて岡本正富(実成寺住職)宗務所長より挨拶があり、「この山梨県第三部という地域は山梨県で1番寺院数が少ない地域ですが、沢山行事があるにも関わらず、いつも大勢いの方にご参加、協力を頂き、自慢の出来る地域だと思っております。」と挨拶を述べ、参加者への御礼と講師先生の紹介が続けて行われ、日蓮宗発展のためのご理解と、ご協力を仰いだ。
講演では、静岡県中部宗務所長の塚本智秀師が招かれ、「アラウンド 降誕800年」という演題で一時間半に亘って講演が行われた。
塚本師は祖伝の話を進めながら「如来寿量品十六の一説に、『依諸経方 求好薬艸 色香美味 皆悉具足 擣徙和合 與子令服』という経文が出てくるが、私達がお題目を唱えるに当たって、この一説は大事な意味を成している。法事やお葬儀、又は各寺院で行事があるときに、導師を先頭に皆様も共にお経を唱えますね。その後にお題目を唱えていると思うが、御題目というのは私達、ご先祖様、神様、全ての者にとっての良薬である。お経を唱え御題目を唱えるという順番にもしっかりと意味がある。次に法事などがある時には、今日話した事を胸に秘め望んでいただきたい」と語意を強め、御題目の大切さを説き、盛大な拍手の中、幕を閉じた。
講演後、参加者の中には「とても良い話を聞くことが出来た。色々と意味合いを知る事が出来た」などという方もおり、今回の講演が如何に有意義なものだったのか、帰路に就く参加者の笑顔に顕われていた。

2019年12月14日号

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三200107hp【山梨三】令和1年12月14日、山梨県第三部宗務所(岡本正富宗務所長)・同檀信徒協議会(横内正孝会長)は南アルプス市鏡中條長遠寺(中村義恵住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
開催当日、出発会場となった長遠寺には管内教師、檀信徒合わせて約170名の参加者が集まった。
開会式では始めに宗務所から行脚をするにあたっての注意事項あり、続いて檀信徒協議会の横内正孝会長が挨拶で、「安全第一で元気にお題目を唱えて参りましょう。」と述べた。
一行は教師と檀信徒の代表が掲げる赤、青、二旗の玄題旗を先頭に出発すると、それぞれが被災地や世界平和への想いを胸に、力強くお題目を唱え、歩みを進めた。
今回の行脚では南アルプス市の本覚寺(板倉本諭住職)、久本寺(五味義幹住職)の2カ寺にて休憩をとり、出発点の長遠寺まで戻る行程を二時間半かけて練り歩いた。
唱題と団扇太鼓の音に誘われ、沿道には募金を寄せる近隣住民が数多く出ており、中には遠くの方から駆け寄ってくる方もいた。
参加者の中には、「自身の心がスッキリしていて、救われている気分になる。心地が良い」と述べられた方もいた。
温かい声をかけられた参加者たちは、その声に応えるように、最後まで元気一杯にお題目を唱え、充実した気持ちで行脚を終了した。
今回の唱題行脚と、9月、10月、11月開催された統一信行会、朝粥会、第三部社会教化事業協会(中村義恵会長)、各寺院で集った義援金を合わせた寄付金は57万2971円集まり、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07