全国の通信記事

2018年6月9日号

山梨3 法泉寺・お寺コンサート

山三180710 (1)hp【山梨3】6月9日、南アルプス市の荊沢、光乗山法泉寺(米木義晧住職)本堂に於いてお寺コンサートが行われ、90名の聴衆があつまった。
この行事は今日お寺離れが進む中、もっと気軽にお寺に参拝して戴き、さらには御堂の中にも入いり、多方面でお寺を活用してもらうという主旨で、平成12年より不定期開催で行われており、今年で8回目の開催に至る。又、チャリティーコンサートというサブタイトルもあり、今回集まった義援金は全国の被災地へと送られる。
今年のコンサートの出演者は、地元の甲西中学校の吹奏楽部の生徒で、同寺の副住職、米木義旺師が顧問をしている。生徒達は今年度の新入生9名を加え初めての演奏会ということで、やや緊張した面持ちで一生懸命演奏を行い、その姿を一目見ようとお寺には沢山の父兄の方も集まった。演曲にはポップな曲など色々なジャンルの演奏が行われ、演奏を始める前には同部の部長を務める落合彩名さんから、曲の特徴や云われ、聴衆の方へは一曲一曲の楽器の響きの違い、曲の中で起こる音の強弱、あらゆる楽器とのハーモニーなど特に耳を傾けてほしい部分を詳しく説明が行われた。又、楽器の紹介、部員一人一人の紹介では、部員の性格や特徴まで紹介され、本人達は普段家族には見せない学校生活の部分が顕わになると赤面する生徒もおり、父兄達も大いに賑わった。
演奏後、落合部長は「普段のホールでの演奏とは違った、お寺の中での独特な響きは魅力的だった。又、演奏している中で、いつもより全体的に皆の音が聞こえ、後輩達が上達していることに気付き演奏中に嬉しく思いました。後輩への指導に対してこれからも頑張ろう、そして自分自身も上達しようと身が引き締まりました。」と元気いっぱいな笑顔で意欲を覗かせた。
米木住職は「音の記憶というのは言葉と違い、万国共通であり記憶に残りやすい。今日の記憶も必ず聞き手側だけではなく、演奏した側にも残るでしょう。またこの御堂に響く綺麗な音色を、次回開催するときに聴きに来ていただきたい。」と演奏戴いた甲西中学校吹奏楽部、集まった聴衆に感謝の気持ちも述べ、幕を閉じた

2018年6月5日号

山梨3 寺庭婦人会が身延山参拝

山三180706 (1)hp【山梨3】6月5日、山梨県第三部寺庭婦人会(岡本知子会長)は、身延山参拝を研修の一環として行った。
寺庭婦人会では会の活動として、一年に三回行われる統一信行会、朝粥会など管内の布教活動に積極的に協力することや、身延山をはじめ県内外の霊跡寺院に参拝して、研修に励む事を事業内容に取り入れており、会長任期2年の間に各年で祖山への参拝を行っている。。
今回の参拝では、祖師堂で御開帳を受けた後、身延山布教部竹島法儀師より法話が行われ、お参り後、岡本会長は「今回法話を戴いた中で身延山の正式名称や初めて耳にする縁起などが多く、知らなかった事柄を沢山聞けて有意義な研修が出来て良かった。自分の任期は今年度で終わりになってしまうが、又次回お参りに来る時には、自坊の事や家庭の諸事情もあって皆さん忙しく、中々全会員が揃うことは出来ないと思うが、大勢で参拝することが出来るように協力していきたい。」と結び、無事参拝を終えた。

2018年5月29日号

山梨3 檀信徒協議会総会と研修講演会

山三180629①【山梨3】檀信徒協議会(石川俊幸会長)は5月29日、南アルプス市在家塚「JA在家塚」を会場に研修講演会を行った。
講演会前には、檀信徒協議会総会が執り行われ、開会に際し石川俊幸会長より挨拶が述べられ、多忙の中、参加された各寺院の総代さんに対しての御礼が述べられた。続いて岡本正富(実成寺住職)宗務所長より挨拶があり、初めて参加される総代さん方に対し檀信徒協議会の成り立ちや、当管区の檀信徒協議会会長の石川俊幸氏が山静教区の会長も務めていることなどの説明を加え、僧俗共に日蓮宗発展のために参加された方々へご理解と、ご協力を仰いだ。
毎年恒例となったこの研修会では、今年は宗務院より宗祖降誕800年担当課長の太田順祥氏が招かれ、各寺院総代130名出席の中、一時間半に亘って講演が行われた。
太田氏は、『千載一遇の宗祖降誕800年まであと994日』と題した講演で「日蓮宗には50年で一回りする三大会という大きな行事が御座います。今その3つの行事のなかで3年後に迎える行事が宗祖降誕800年です。皆さんは普段、1年に1回迎える誕生日の時はどの様にお過ごしですか?沢山の方にお祝いしてもらったりしていますか?」と参加者に問い、続けて「たしかに沢山の方に祝ってもらえると嬉しいですが、でも本来そうではなく自分の誕生の日には祝ってもらう事よりその日に頂いたこの命、無償の愛情で育ててくれた恩、培わせてもらった経験、全ての事に対して『ありがとう』と両親へ口に出す日が誕生日です。今日参加されている皆さんの両親は大半お墓の中に眠っていらっしゃると思います。声をかけることが出来ないなんて思わないで下さい。お墓の前で手を合わせ『また1年長生きすることが出来たよ。ありがとう。いつも見守ってくれてありがとう。』と恥ずかしがらずに声をかけてあげて下さい。感謝をする日が誕生日です。その心が何よりも親孝行となるのです。」と語り、「私達は法華経を信仰している檀信徒である以上、日蓮聖人の子供です。自分達を、命を懸けて生んでくれた親と一緒で、日蓮聖人は命を懸けてこの法華経を弘めてくれた。その子供達である私達が、親である日蓮聖人に感謝する日が3年後に迎える降誕800年です。」と語意を強め、知恩報恩の大切さを説き、盛大な拍手の中、幕を閉じた。
講演後、参加者の中には「とても良い話を聞くことが出来た。」「今日この講演に参加することで、より一層強く両親に対して慈孝の念が湧いた。早速お墓に行って手を合わせたくなった。」などという方もおり、今回の講演が如何に有意義なものだったのか、帰路に就く参加者の笑顔に顕われていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07