全国の通信記事

2019年9月8日号

山梨3 第1回朝粥会

山三190919 (2)hp【山梨3】9月8日、南アルプス市荊沢、法泉寺(米木義晧住職)を会場に布教師会(柏原啓修会長)主催、寺庭婦人会(五味なおみ会長)共催、宗務所(岡本正富所長)後援の『令和元年度・第1回 朝粥会』が開催された。
この朝粥会は飽食の時代にあって、命の尊厳を見直し、食の原点に還ろうという目的で毎年9月から11月までの間、管内寺院を会場に毎月1回行われている。
今年度1回目の開催となった今回、同寺には組寺院の檀信徒を中心に、僧俗合わせて50名の参加者が集まった。
会は恒例の「たちばな和讃会」(秋山京子会長)会員15名出仕による法華和讃奉詠で幕を開け、米木住職を導師に約20分の朝勤を行った。
朝勤後、米木住職は挨拶の中で、「台風が近づいています。伊勢湾台風が昭和34年、私が生まれる1年前に山梨県では甚大な被害を受け、裏にある河川が氾濫し、この辺の土地は水浸しの状態になっていた。そういうこともあり法泉寺の本堂の下には今も1艘だけ船が残っております。子供の頃はよく友達と乗って遊んでいましたが、今この船を見ると大変な被害を出していたその時代のことを思い、災害に対して備えるということの大切さを考える。当山も何かしら災害があった時には、避難所としての支度はしてある。緊急避難をした際に1番必要なものは衣食住。平成4年から続いているこの朝粥会もそういうことを考えると大切である。お粥は味気無いという既成概念があるが毎年この朝粥会で頂くお粥はとても美味しい。普段食べる機会が少ないのもわかるが、この味気のないお粥が美味しいと思えること、食べれるだけでも幸せなんだという思いを忘れずに感じながら頂いて欲しいと思う」と早朝より集まっていただいた参加者への感謝と思いを述べた。
続いて布教師会会員の松井智伸師(常泰寺住職)の法話が行われ、同師は法話の中で「安かったからつい沢山買いすぎた、余らせて腐ってしまったから捨てればいい、たまには外食にでも行きましょうと言って、前々から興味があった店に行き、食べたら美味しくなかったと言って残して帰ってしまうということもあるわけですが、飽食の時代であって食べ物への感謝の気持ちが薄れ、いつでも食べれる。沢山食べる。残しても咎められない。そんな時代で命の源は何か?生きていくために一番大事なのはやはり食物である。食物への感謝だけではなく目には見えていないが生産者、料理を作ってくれている方への感謝沢山の方々が自分の命を支えくれている柱であるわけで、その方々への恩も忘れずに、この後の食法を心よりお唱えいただきたい」と願いを込めて法話を閉じた。
法話終了後には、参加者たちと本堂に長机を用意し、心から食法を唱え、寺庭婦人の皆様に、早朝より準備していただいた朝粥を頂くと、身も心も温まる想いに浸り、今年最初の朝粥会を無事円成した。

2019年8月1日号

山梨3 第23回夏休みお寺1日体験

山三190826 (1)hp【山梨三】社会教化事業協会(中村義恵会長)は8月1日、「第23回夏休みお寺1日体験」を開催した。
今年で23回目となったこのお寺1日体験は、身延山の参拝を中心に行われ、30名の小学生が参加し大いに賑わった。
先ず初めに集合場所の鏡中條長遠寺(中村義恵住職)で開会式が行われ、会長の中村義恵上人より一日の行程が説明された。続いて岡本正富宗務所長より「今日一日、皆仲良く各々助け合い、今から出発する自分より、帰ってきた自分が成長出来ているように頑張ってください」と激励の言葉を送られ、出発する前に、本堂にて団扇太鼓を打ちながらの唱題の練習を行った。やがて心を一つにして無心で太鼓を叩き、きれいに声を揃えてお題目を唱えるようになるまで上達した後、身延山へと出発した。
今年は奥之院思親閣にも参拝し、ロープウェーに乗車をすると子供達は、段々高くなるにつれて見えてくる景色や、山中に生息している鹿を見つけては喜びが爆発した。奥之院に着き、開帳を受けた後、町田別当より「日々の感謝」について法話を戴き、その後出発前に長遠寺の本堂で練習を行った団扇太鼓を持ち、大聖人の前で一生懸命にお題目を唱えた。
久遠寺に戻り昼食を済ませ、お腹を満たすと子供たちの元気も戻り、祖師堂にて開帳後、本堂へ移動し再度大きな声で
沢山のお題目を、汗をかきながら一生懸命に唱え、終了後本堂の前で記念写真を撮り長遠寺へと戻った。長遠寺に戻ってから子供達は今日一日の感想文や思い出を絵に描いて提出した後、鐘楼堂へと昇り、皆力一杯打っていた。各々が鐘楼を打つと参加者の子供たちは「すごく楽しかったので、また来年も参加したいです。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べた。

2019年6月4日号

山梨3・山梨三部檀信徒協議会総会

山三190617【山梨3】令和元年度山梨県第三部檀信徒協議会(横内正孝会長)総会が南アルプス市桃源文化会館において行われ、総勢131名が参加した。
総会後、身延山久遠寺共栄部部長、浜島典彦師により「いのちに合掌」の演題のもと講演が行われた。
講演で浜島師は、人口統計からみる「いのち」、法華経や日蓮聖人遺文からみた「いのち」、浜島師の体験からみる「いのち」、いろんな側面から「いのち」について語った。
最後に浜島師は「我々はたまたまではなく何か役割があり、願って生まれてきました。参加者の皆様にはお題目を通して尊いいのちの繋がりがあり、今があることを子供や孫に伝えて欲しい。」と伝えた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07