全国の通信記事

2018年12月8日号

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三181221 (1)hp【山梨三】12月8日、山梨県第三部宗務所(岡本正富宗務所長)・同檀信徒協議会(石川俊幸会長)は南アルプス市荊沢法泉寺(米木義晧住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
開催当日、出発会場となった法泉寺には管内教師、檀信徒合わせて約200名の参加者が集まった。暮れに近づくにつれ寒さが増してきてはいたものの、当日は青空が広がり、気温が暖かく、毎年参加されている参加者の中にはいつも以上に張り切っていた方々もいた。
開会式では始めに宗務所から行脚をするにあたっての注意事項あり、続いて檀信徒協議会の石川俊幸会長が挨拶で、「毎年行われている歳末助け合い行脚ではございますが、今年も寒くても素晴らしい天気に恵まれなによりです。日蓮宗で唱える世界平和、そして助け合いの精神というものを、参加の檀信徒の皆さんと共に行動に表す日でもある。今日は皆さま方と共にこの思いを弘めていきたいと思うので、元気にお題目を唱えて参りましょう。」と今回の行脚に対する想いを述べた。
参加者から成る長い隊列は教師と檀信徒の代表が掲げる赤、青、二旗の玄題旗を先頭に出発すると、それぞれが被災地や世界平和への想いを胸に、力強くお題目を唱え、歩みを進めた。
今回の行脚では南アルプス市落合地区の成妙寺、経石寺(雨宮通一住職)、法善寺(望月顗幹住職)の3カ寺にて休憩をとり、出発点の法泉寺まで戻る、約4キロメートル弱の行程を二時間半かけて練り歩いた。
唱題と団扇太鼓の音に誘われ、沿道には募金を寄せる近隣住民が数多く出ており、中には遠くの方から駆け寄ってくる方もいた。
参加者の中には、「被災地の早期復興や被災者の方々に対して祈りを込めてお題目を唱えているつもりだけど、気付くと自身の心がスッキリしていて、自分が一番救われている気分になる」と述べられた方もいた。
温かい声をかけられた参加者たちは、その声に応えるように、最後まで元気一杯にお題目を唱え、充実した気持ちで行脚を終了した。
今回の唱題行脚と、9月、10月、11月開催された統一信行会、朝粥会、第三部社会教化事業協会(中村義恵会長)、各寺院で集った義援金を合わせた寄付金は100万970円集まり、今回は北海道地震、西日本集中豪雨の被災地へと宗務所職員、檀信徒協議会役員の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

2018年11月10日号

山梨3 護法統一信行会

山三181129【山梨3】山梨県第三部では、十一月十日に宗務所(岡本正富所長)と檀信徒協議会(石川俊幸会長)の共催で、南アルプス市百々本隆寺(岡義通住職)を会場に、四師会、寺庭婦人会、たちばな和讃会の出仕のもと平成三十年度第三回護法統一信行会を開催し、僧侶檀信徒合わせて百二十名が参加した。この護法統一信行会は、管区内各組寺院を会場に毎年三回開催されている。
開会にあたり、岡本所長から挨拶があると、管内寺庭夫人と女性檀信徒を中心に組織されるたちばな和讃会による和讃奉詠が行われ、会員たちは日頃の練習の成果を披露した。その後、楢原眞實師(韮崎市浄蓮寺住職)により法話が行われた。楢原師は、日蓮大聖人御一代記をわかりやすく説明し、多くの聴衆は楢原師の思いを込めた話に聞き入っていた。
つづいて、岡住職を導師に、声明師会、修法師会会員の出仕で法要が行われ、読経と唱題の声が堂内に響き渡った。

2018年11月4日号

山梨3 第3回朝粥会

山三181212b (3)【山梨三】11月4日、南アルプス市十五所 法源寺(横山瑞法住職)を会場に布教師会(柏原啓修会長)主催、寺庭婦人会(岡本知子会長)共催、山梨第三部宗務所(岡本正冨所長)後援のもと『平成30年度 第3回朝粥会が開催された。
この朝粥会は飽食の時代にあって、命の尊厳を見直し、食の原点へ還ろうという目的で、毎年9月か11月までの3ヶ月間管内寺院を会場に毎月1回行われている。
早朝より始まる朝粥会は、朝5時から寺庭婦人会会員の奥様方が集まりお粥の支度から始まる。まだ薄暗い中お米を研ぐ音と共に参加者が集まり、僧俗合わせて99名となった。6時半より団扇太鼓が堂内に響き渡ると開式となる。
この太鼓は毎回恒例の『たちばな和讃会』によるもので、今回は「七面天女現れて 影向石の由来残れる」と、日蓮大聖人と七面大明神の由縁を奉詠した。
続いて、開催寺院である横山住職と檀信徒と共に朝のお勤めを行い、「早朝よりの御参詣誠にご苦労様です。私がお寺で一番好きな時間帯はやはり朝です。朝のお堂は特に清々しい気持ちになれます。この朝粥会に参加したことでお寺の精気に触れて頂ければと思います」と挨拶を述べた。
その後、布教師会会員でもある宗務所岡本正冨所長より「日蓮大聖人が伝えたかった事」をテーマに法話が行われた。
岡本正冨所長は『妙法尼御前御返事』の一節で「先(まず)、臨終の事を習うて後に他事を習うべし」と述べ、「私たちは死ぬまでの道を着々と歩んでいる、誰もが免れることのできないのが死である。死ぬ直前で、あの人にもっと優しくすればよかった、自分はもっと誠実に生きればよかった、と最後に自分の人生を無難に過ごし、変化を恐れて自分で出来た選択肢をも見過ごした人生に気づき世を去る方が多いようです。まさに後悔先に立たず。日蓮大聖人は我々に対して、まずは自分が死ぬということを自覚しなさい、そうすれば人生に悔い無きように生きる事を目的に学んでいくことが大事であることが解るでしょう?と、おっしゃっています。悔いの残らない人生にするために、日蓮大聖人は『一天四海 皆帰妙法』と誓願を立てられています。世界全体にこの法華経の教えが廣まり、皆が幸福になり安穏な世界になるようにと願いが込められています。この願いを少しでも叶えるためには我々がお題目を唱え、人に廣めなければなりません。そんなことを想いながらお題目をあげましょう。」と語り、最後には檀信徒と共にゆっくりとお題目をお唱えした。
法話が終わると、行事のメインである、お粥を本堂内にて一斉に食し「お堂の中で食べるお米は普段以上に美味しい、一緒にお勤めをして、さらには法話を聞いて食事をして本当に贅沢です」と、感想を述べていた。
閉会にあたり、布教師会柏原啓修会長は「朝早くから大勢の方に参加頂き、また、寺庭婦人会の奥様方には昨日より準備をして、こんなに美味しいお粥を作って頂き衷心より御礼申し上げます。この朝粥会を通して信仰を深め、益々の精進されることをお祈り申し上げます」と、感謝を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07