全国の通信記事

2021年4月21日号

山梨3 教化センター公開講座

山三210514①hp【山梨3】令和3年4月21日、南アルプス市鏡中條、玉泉院を会場に、山梨県第3部教化センターオンライン公開講座『「定年後」はお寺が居場所』を表題に行われ、講師には立教大学社会デザイン研究所研究員、ライターの星野哲氏に講演を頂いた。当日会場には25名、オンラインから僧侶、檀信徒10名の参加があった。

講演の中で星野氏は、全国各地域、各宗派の寺院で、行われている事例や画像、また自身が興味を持ち実際にフィールドワークしてみた事などを紹介しながら話を進め「今日、社会に於いて求められているお寺の在り方、また行きたくなるお寺とはどういうお寺なのか、檀家さん以外の方でも気軽に行けるお寺、誰でも居ていいんだと思える場を提供してくれるお寺とはどの様な工夫をしているのかを見ていくと、多種多様な方々に携わってもらっている寺院が多く、「お寺が」ではなく「お寺と」一緒にアクションし、様々な分野の人とアクションを考える寺院である。有名なお寺やお坊さんも、出来る範囲から行い、繋がりを広げていくと共に課題に気づき、積み重ねいったのが現在の姿。地域に社会貢献を共に行う方々との繋がりを増やし、又その場を提供出来るお寺は率先してやっていく、提供だけではなくもう少し関わっていく意識を持つことが必要である。そもそもお寺は仏教、仏教は苦と向き合うことを説いており、その苦を取り除いてあげること自体が社会貢献、その姿勢は常に持っていてほしい。」と、これからのお寺という場の可能性、必要性について熱く語った。

講演後、参加者の中には「今現在、総代に就いているが、話を聴くまで檀家としての目線でしか見てこなかったが、今回の講演を聞いて、今までと異なった新しい視点を考えさせてもらった。今日の話をお寺に持ち帰り情報を共有したい。」と感想を述べ、2時間の内容の濃い講演に参加者は惜しみない拍手を送り、講演会は幕を閉じた。

2020年12月12日号

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三210107【山梨3】十二月十二日、山梨県第三部宗務所(岡本正富宗務所長)・同檀信徒協議会(横内正孝会長)は南アルプス市寺部妙遠寺(秋山義行住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
新型コロナウィルスの影響により、年内の管内行事は全て中止であったが、行脚を通して世界平和・コロナウィルス終息を祈願しようと例年より規模を縮小しての開催となった。
開催当日、出発会場となった妙遠寺には管内教師、檀信徒合わせて約四十名の参加者が集まった。
開会式では檀信徒協議会の横内正孝会長が挨拶し、「寒さ厳しい中、大勢の参加感謝いたします。お題目を通して一日も早くコロナウィルスが終息するよう共に祈りましょう。」と今回の行脚に対する想いを述べた。

今回の行脚では同地区のお寺二ヵ寺、泉能寺(米木義晧住職)実成寺(望月義文住職)にて休憩を摂った。
温かい御供養を受けながら約五キロメートル弱の行程を、二時間かけて練り歩いた。
唱題と団扇太鼓の音に誘われ、沿道には募金を寄せる近隣住民が数多く出ており、中には遠くの方から駆け寄ってくる方もいた。
多くの方の応援や励ましにより、参加者全員無事に歳末助け合い唱題行脚を終えた。

今回の唱題行脚で五二万五九六九円集まり、宗務所職員、檀信徒協議会役員の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

2020年2月16日号

山梨3 第1回法華写経会

山三200317【山梨3】2月16日、南アルプス市桃園 蓮経寺(布教師会会長柏原啓修住職)に於いて、山梨県第3部布教師会による令和二年度第1回法華写経会が開催された。
この写経会は、毎年2月と3月に2回開催されている。今回は経験者2名、未経験者6名の信徒8名、布教師会会員4名の12名が集まり写経が行われた。
布教師会柏原啓修会長は「法華経には、『受持』教法を受け持つこと、『読』読経すること、つまり経文を見ながら読むこと、『誦』経文を諳んじる暗誦すること、『解説』仏法を人に説き伝えること、『書写』写経すること、つまり経文を書き写すこと。これらの五つを実践し修行をする事により、身も心も清浄になり成仏へ繋がると説かれております。お経を聴くだけでも功徳を頂き、唱えればもっと大きな功徳を頂き、その経文を書写すれば、より一層の大きな功徳を得る事ができるのです。皆様には書写行を行い、少しでも心を落ち着かせ日々の生活に役立てて頂ければ幸いです」と、五種法師の功徳を説き挨拶を述べた。
その後、布教師会会員板倉本諭師より、
「字の上手い下手は関係ありません、仏様の御魂である一文一句を書き写す姿勢と、実践しているという気持ちが大事です」と、写経に取り組む姿勢や心構え、書き方などの説明があり、参加者は緊張しながらおもむろに書き始めた。ほとんどの方が初めての経験であったが、ある方は亡くなられた両親の先祖供養のため。また、息子の受験合格祈願のためなど各々祈りを込め、約2時間筆を休めることなく黙々と書き続けた。
写経終了後は、本堂において写経した経文を皆で唱え、納経式が行われた。
参加者からは「毎回参加をしているが、何度取り組んでも書き終わった後の達成感と爽快感が味わえます。普段の生活の中で2時間も何も喋ることもなく何かに集中すことがないのでとても良い経験になりました。また次回も参加したい」と、各々感想を述べていた。
尚、3月に開催予定であった第2回法華写経会は新型コロナウイルス感染拡大予防のため中止となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07