全国の通信記事

2018年9月9日号

山梨3 第1回朝粥会

山三180925山梨3】九月九日、南アルプス市有野行善寺(加茂智静住職)を会場に布教師会(柏原啓修会長)主催、寺庭婦人会(岡本知子会長)共催、宗務所(岡本正富所長)後援の『平成三十年度第一回 朝粥会』が開催された。
この朝粥会は飽食の時代にあって、食の原点を見直そうという目的で毎年九月から十一月までの間、管内寺院を会場に毎月一回行われている。
早朝から続々と集まった参加者は教師・檀信徒合わせて百人になった。
会は恒例の「たちばな和讃会」会員出仕による法華和讃奉詠で幕を開け、加茂住職を導師に約二十分の朝勤を行った。
満席の本堂に読経・唱題の声が響き渡った法要後、加茂住職は、お寺の歴史や感謝の言葉を述べた。
続いて布教師会会長の柏原啓修師の法話が行われた。
柏原師は法話の中で
「山梨県連合布教師会が出しているポスターの九月号に 『苦しく思うも、楽しく思うも全て己の心しだい』と書いてあります。日蓮聖人の御遺文には『苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうち唱居させ給へ』とおっしゃっています。このように皆様には苦しいことも楽しいことも思い合せていただき、感謝のお題目を日々唱えていただきたい」と述べた。
法話終了後、地域の集会所に場所を移し、早朝より管内寺庭婦人が心を込めて用意した朝粥が振舞われると、食法を唱え、一杯のお粥を大切に頂いた。

2018年8月1日号

山梨3 第22回夏休みお寺1日体験

『 山梨県第三部社会教化事業協会
第22回夏休みお寺1日体験 』

山三180816 (2)hp【山梨3】社会教化事業協会(中村義恵会長)は8月1日、「第22回夏休みお寺1日体験」を開催した。
今年で22回目となったこのお寺1日体験は、身延山の参拝を中心に行われ、39名の小学生が参加し大いに賑わった。
先ず初めに集合場所の長遠寺(中村義恵住職)で開会式が行われ、会長の中村義恵上人より一日の行程が説明された。続いて宗務所長の岡本正富上人より「これから行くお寺は日蓮宗のお寺の中で一番大事なお寺です。バスに乗って皆で外に出る事は楽しいとは思うけど、遊びに行くわけではないので、自分勝手な行動を慎んでください。一人の勝手な行動が、皆の迷惑になってしまいます。ですから各班の班長さんは自分の班にいる低学年の子供達の面倒をしっかり見てあげて下さい。今日一日、皆仲良く各々助け合い、今から出発する自分より、帰ってきた自分が成長出来ているように頑張ってください。」と激励の言葉を送られた。出発する前には本堂にて団扇太鼓を打ちながらの唱題の練習を行った。初めて参加する子、今年で6回目の参加で最後の参加となる子、皆で大きい声で心を一つにして無心で太鼓を叩き、きれいに声を揃えてお題目を唱えるようになるまで上達し、一行は身延へと移動した。
身延に着き、山門上の十六羅漢へと参拝した後、身延山の大本堂では練習した団扇太鼓を打ち、大きな声で日蓮聖人へお題目の供養を行った。長遠寺へ戻り、各々が今日体験した出来事を感想文や絵を書いた後、当寺の鐘楼を打つと参加者の子供たちは「すごく楽しかったので、また来年も参加したいです。ありがとうございました。」という感謝の声を聞かせてくれた。

2018年6月9日号

山梨3 法泉寺・お寺コンサート

山三180710 (1)hp【山梨3】6月9日、南アルプス市の荊沢、光乗山法泉寺(米木義晧住職)本堂に於いてお寺コンサートが行われ、90名の聴衆があつまった。
この行事は今日お寺離れが進む中、もっと気軽にお寺に参拝して戴き、さらには御堂の中にも入いり、多方面でお寺を活用してもらうという主旨で、平成12年より不定期開催で行われており、今年で8回目の開催に至る。又、チャリティーコンサートというサブタイトルもあり、今回集まった義援金は全国の被災地へと送られる。
今年のコンサートの出演者は、地元の甲西中学校の吹奏楽部の生徒で、同寺の副住職、米木義旺師が顧問をしている。生徒達は今年度の新入生9名を加え初めての演奏会ということで、やや緊張した面持ちで一生懸命演奏を行い、その姿を一目見ようとお寺には沢山の父兄の方も集まった。演曲にはポップな曲など色々なジャンルの演奏が行われ、演奏を始める前には同部の部長を務める落合彩名さんから、曲の特徴や云われ、聴衆の方へは一曲一曲の楽器の響きの違い、曲の中で起こる音の強弱、あらゆる楽器とのハーモニーなど特に耳を傾けてほしい部分を詳しく説明が行われた。又、楽器の紹介、部員一人一人の紹介では、部員の性格や特徴まで紹介され、本人達は普段家族には見せない学校生活の部分が顕わになると赤面する生徒もおり、父兄達も大いに賑わった。
演奏後、落合部長は「普段のホールでの演奏とは違った、お寺の中での独特な響きは魅力的だった。又、演奏している中で、いつもより全体的に皆の音が聞こえ、後輩達が上達していることに気付き演奏中に嬉しく思いました。後輩への指導に対してこれからも頑張ろう、そして自分自身も上達しようと身が引き締まりました。」と元気いっぱいな笑顔で意欲を覗かせた。
米木住職は「音の記憶というのは言葉と違い、万国共通であり記憶に残りやすい。今日の記憶も必ず聞き手側だけではなく、演奏した側にも残るでしょう。またこの御堂に響く綺麗な音色を、次回開催するときに聴きに来ていただきたい。」と演奏戴いた甲西中学校吹奏楽部、集まった聴衆に感謝の気持ちも述べ、幕を閉じた

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07