全国の通信記事

2021年8月16日号

山梨2 鰍沢蓮華寺で三十番神祭

番神めぐり【山梨2】8月16日、鰍沢 慧命山蓮華寺において、三十番神祭が執り行われた。この行事は「番神さんのお祭り」として親しまれ、志村姓を名乗る檀家が志村一統「蔦葉会」として主催し、毎年行われている。

蓮華寺境内地にある樹齢150年と伝えられる老木の近くに開山寂日房日華上人の供養塔と三十番神碑が祀られており、齋藤義貞住職の読経のもと、国土安穏、新型コロナウイルス感染の終息、檀家一同の健康を記念した。

志村一統が「番神さんのお祭り」にいつこら関わってきたかの資料は残っていないが、先人たちの護持丹精に感謝し、これからも末永く行事を続けていくことを参加者全員で誓い合い、解散した。

2021年4月22日号

山梨2 鰍沢妙台寺に岡村達人師が入寺

山二210427②【山梨2】4月22日、鰍沢 妙台寺において、岡村達人上人の入寺式と前住職櫻井泰雄上人の本葬が行われた。コロナ禍の折日延を余儀なくされていた両式は、人数制限を含め、感染対策を講じた上での厳修となった。
入寺式では、妙台寺正干与である本浄寺 池原正純上人より払子が手渡され、また山梨県第2部宗務所所長 原田正明上人から辞令が伝達された。
岡村上人は新住職として、その後の導師を堂々とした態度で勤めた。
続く櫻井泰雄上人の本葬は小室 本山妙法寺貫首 小倉日教上人が導師を勤め、厳粛に執り行われ、多くの関係各位が焼香に参列した。

2021年4月11日号

山梨2 護法霊跡参拝

山二210415⑤【山梨2】山梨県第2部宗務所は4月11日から12日に護法霊跡参拝を実施した。僧俗檀信徒約30人で日蓮聖人ご生誕の地から法難の地へと参拝した。ご生誕の地大本山小湊山誕生寺で宗祖日蓮聖人御降誕800年慶讃委嘱法要が営まれた。日蓮聖人の霊跡を参拝し、護法の信念を興起させた。参加者の一人は、「日蓮聖人ゆかりある山梨から千葉へ向い、その足跡をたどるなかで、日蓮聖人を身近に感じ自身のさらなる法華経信仰増進へと繋がった」と話した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07