全国の通信記事

2019年3月16日号

山梨1 日蓮大聖人御降誕800年慶讃法要

山一190328 (1)【山梨1】平成31年3月16日土曜日山梨県第一部宗務所(望月本映所長)では、日蓮大聖人御降誕800年慶讃法要を、身延山久遠寺(内野日總猊下)大本堂にて厳修された。
山梨県第一部管内より、僧俗900名がバス18台に分乗し参集した。車中にて食事をとり、境内に上がる。午前11時には大本堂前にて身延山下町の万灯講25名による奉納が行われる。全員が本堂に入ると、身延山支院雅楽部による「越天楽」「陪臚」の演奏並びに楽器や曲の説明をし堂内に響く雅楽の音に聞き入った。その後、花火を合図に午後1時より開会宣言が入り、木下性俊上人(妙性寺住職)の三奇瑞にまつわる法話を800人の聴衆が聴き入った。続いて法主猊下の御経頂戴、お言葉を頂戴した。続いて宗務院より総長名代として松井伝道部長が祝辞を述べる。その後、唱題と共に修法師会(原行秀会長)が御宝前法楽をし、所長導師のもと16名の式衆が入堂、法要が開式された。切散華の際、堂内の800名もあらかじめ配られていた散華を共に行い一体となって大聖人の御降誕法要に参加した。法要終了後、本堂内に設置された舞台で、現在東京芸術大学在学中のLEO(今野玲央)さんたちによる琴と尺八の演奏が行われ御降誕に花を添えた。

2019年2月23日号

山梨1 小林堯顕師帰山式

山一190226小林堯顕上人hp【山梨1】2月23日(土)身延町身延 蓮華寺にて60名の檀信徒に迎えられ、修徒小林堯顕上人の第再行成満奉告式が、行僧4名と共に水行の後行われた。初行成満から4年経ての第再行成満に感極まりながら、師僧の松本学堯住職、壇信徒へ感謝の言葉を述べた。

2018年11月27日号

山梨1 本山本遠寺晋山式

山一181128 (4)【山梨1】平成30年11月27日(火)午後3時より身延町 大野山本遠寺第66世高佐英長上人の晋山式が行われた。当日午後1時より渡邊照敏上人、新井貫厚上人が第64世、65世の加歴晋山が行われた。僧俗およそ120名が参集し新貫首の晋山を祝した。
午後2時半より地元大野山万灯講を先頭に檀信徒30名と共に新貫首上人が入山行列で本堂前まで進んだ。
66世高佐上人晋山式では、中川宗務総長より辞令伝達を受け65世新井上人より払子継承を受ける。
中川宗務総長、身延山久遠寺内野法主名代 持田総務 、京都立本寺上田本山会会長、一乗院 内山小西法縁連合会理事長より祝辞を受ける。
式の終わりに 「皆様をお迎えするに当たり前日まで修繕し整えて参りました、台風などの影響で納得行くまで出来ませんでした、皆様が次回大野山本遠寺にご参拝の際はしっかり整えてお迎えしたい」と高佐新貫首が挨拶をした。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07