全国の通信記事

2018年9月30日号

台風24号被害 身延上澤寺のさかさいちょう倒れる

山一181001③【山梨1】身延町上澤寺のさかさいちょう(国指定史跡名勝天然記念物)が台風24号の影響で倒れた。上田本昌住職によると9月30日午後11時40分頃大きな音がし、翌1日の朝に確認すると、約23㍍の巨木が無惨にも横たわっていたという。県から来寺した樹木医は、「根の一部が生きているため特殊な土を被せこのままの状態で養生する方法で今後見守りたい」と話す。上田住職は「非常に残念だが、2代目の芽を大切に育てていきたい」と話している。

2018年8月27日号

山梨1 南北会が五十周年

山一180920hp【山梨1】本年八月二十七日 山梨県南巨摩郡南部町妙久寺にて第五十周年の南北会が開催された。昭和四十三年(1968年)夏の信行道場を終了以来、三十五日間で培った法友関係はその後半世紀の間途絶えることなく毎年開催されてきた会である。訓育主任塩田義朗先生(熊本正立寺)、訓育副主任田邊壽昭先生(東京蓮秀寺)ら指導の先生方を囲みながら親交を深めてきた。月日の流れる中、お互いを切磋琢磨して過ごした五十年を節目として行われた法要では、
塩田義徹師(宗務院伝道局長 熊本正立寺住職)を会頭として全国津々浦々
より二十八名が集まった。塩田義朗先生、田邊壽昭先生を始め、遷化された
道場生の一人一人の増円妙道を祈り、また降誕八百年に向けての各寺院の隆昌と
各寺族、檀信徒の家内安全などがあわせて祈願された。その後信行道場に移動したが、第三期道場が開催中とのことで外より合掌礼拝した。
五十年という永きに渡り結束してきたのは法の繋がりのみならず、訓育主任、
訓育副主任各先生の御人柄をしたっておのおのが心を寄せ合ってきたからである。酷暑の日差しが照り付ける中、往時の様々な出来事が思い出として蘇り幾度となく道場の姿を振り返りながら身延をあとにした。

2018年8月1日号

山梨1 身延山の参道の蓮の華が盛りに

山一180816【山梨1】身延山久遠寺の参道に並ぶ店舗の軒先に飾られた鉢植えの蓮が8月の初旬に盛りを迎え、参拝者の目を楽しませている。この蓮は身延門内おかみさんの会・恵風会が育てたもので、暑いなか参拝する人に少しでも涼しさを感じてもらおうと11年続く活動。今夏もおもてなしの心で参拝者を迎えてくれる。恵風会の望月敦古会長は「泥水の中にあっても可憐な華を咲かせ、芳しい香りを漂わす、まさに法華経の教えを軒先に飾ることで、私たちもその心に触れ信仰の生活をしていきたい」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07